忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
行ってきました秋葉原ベルサール!
車に乗ること1時間半くらい?
ホボグンマー勢のメンマヤさんち(埼玉県)から出発したので
いつもより幾分ゆっくりできました。マヤさん運転ありがとー。また泊めてね。


さて、遅くなりましたが大会レポでも書いていきましょう。

・中井まれかつカップ 参加者100人くらい
使用デッキ:黄単ファラオニッサ
ソニ剣とファラオでわーっとします。以上。
パートナー置き場のニッサは飾りです。
基本的に初見殺し、相手のミスを誘う使い方なので、強いひとには通用しないのです。

1回戦:黄単フォルナ(メンマヤさん)
違うでしょ!
地元勢とは勝ちあがったところで当たろうって言ったでしょ!!
なにも初戦でお互いつぶしあわなくったっていいでしょ!!!
「8時間前に調整してたよー」「これ勝ったほうは絶対勝ち残ろう」
などと言いつつ、運命のじゃんけん。
先攻
お互い3ターン目までゆっくりな展開で、先攻4ターン目が返ってくる。
相手3F6C、このままターンを渡すと死ぬのは調整で経験済みなので
ソニ剣からファラオでしっかり殴って、相手勢力でダメージアウト。
勝ち
じゃんけんが強かった。

2回戦:黄単エイラ・ロウ
後攻
相手が3ターンキャラ支配で終えた、こちらの後攻3ターン目。
相手キャラ的にライストは無さそうだったのと
相手のほうがヨコに展開しているので、こちらから殴りだすわけにもいかず
ビクビクしながら相手に先攻4ターン目を渡したら、何も引かれずターン返ってくる。
後攻4ターン目にしっかりソニ剣からファラオで殴って、相手勢力でダメージアウト。
勝ち
あまりターンを渡していい盤面じゃなかったので、相手の引きに救われました。

3回戦:赤青周防勝美
後攻
後攻3ターン目に、ファラオとソニ剣で16点通してダメージ9まで溜めるも
返しの勢力▼をしっかりキャッチしてから、パートナーから引いた周防下段をブレイク。
後攻4ターン目に2枚目のファラオは引けず、焼かれる前に青ドローでアタック。
先攻6ターン目に周防上段がブレイクされ、返しに苦し紛れのニッサをブレイク。
ソニ剣を1枚引きこめれば、剥離があっても(2)で落とせる局面があるも、結局引けず。
相手もしっかり残デッキ枚数を確認して、アタック回数を数えながらチャージ。
相手デッキ2枚捨て札:こちらキャラ2体捨て札の交換を繰りかえしながら
相手のデッキが0枚、こちらガーダー0体、最後に6点通ってデッキアウト。
負け
ソニ剣とファラオを握って攻めているターンがあったので、引きは悪くなかった。
どうにかできたとしたら、後攻3ターン目の攻め方だけだったかなあ。
あとは十分よくやって、それを相手が上回っただけだと思う。
後攻3ターン目の選択は悔いが残っているので、またあとで日記に書きます。

結果:2-1(3回戦負け)
実力相応であるが故に、悔しいなあ……!
25/100までは残れるけれど、そこからもう1回は勝てない。
それでも、調整中の敗戦と同じミスはしなかったように思います。
やれるだけやったから、また大会の結果を反省して、次はもう一歩上を目指そう。


・ランブル
点蔵メアリを回すも、傷跡が引けない時の点蔵の腐りっぷりがハンパなかったり
傷跡から点蔵メアリ並べても、PF二代にスキル無効化で黙らされたり。
「これはデッキコンセプトが悪い!」と気づいて、あとはファラオニッサ回してました。

先攻3ターン目くらいに綺麗に動いてわーって殴りきった試合があって、相手から
「このネタ頂いていいですか!」って言ってもらえたのがすごく嬉しかった。
いろんなひとから意見をもらって、試行錯誤して組みあげたデッキを
認めてもらえるのは、嬉しいもんだねえ。

・フリープレイ
この時間があるから、大会後の「悔しかった」が「楽しかった」に変わります。
いつも声をかけてくださる方々、本当にありがとうございます。
いい出会いに恵まれて、俺は幸せです。
そして、めいっぱいアクエリを楽しみたがるせいで、いつもバタバタしちゃってすみません。
本当はもっとゆっくりお話したいのですが……イベントが5時に終わるのが悪い(責任転嫁)
ああ、どこかに大会終了後にフリープレイの時間を設けてくれるイベントはないかなあ?(チラッ

地元では戦う機会のなかった、武蔵デッキと対戦してみて思ったこと。
艦長武蔵を立てられる前に焼ければ、問題なし。
艦長武蔵を立てられた返しに、焼けないけど殴りきれればまだ良し。
艦長武蔵の爆ドローをパワーカードに差されるとかなり辛いし
相手の手札は潤ってるからカウンターとか飛んでくるけど
次の相手のターンを渡さなければまだ戦える。相手にターン渡したら負け。

こんな感じでしょうか?
つまり、艦長武蔵を早く立てる(ドロー+の恩恵を早く受ける)ために
2F0Cトーリを積む? でもそんなスロットある? 多分なさげな気がする。
ということは、武蔵ドローデッキをうまく組み上げるのは、実は結構難しい?
ちゃんとは組めないだろうけど、次の大会までにはちょっと組んで触っておこうかなあ。


そういえば、感謝祭では一度もセックスされませんでした。
「アレはヤバイ」ともっぱらの噂なので、早く本番で体験してみたいですね!
ひどいなこの終わり方。
PR
ここ2週間くらいの公認レポ。
公認っつっても、ひとつはTokyoWarsなのでかなり大規模ですが。


まずは普通のギャラクシースイスドロー。
使用デッキは緑単ネモノワで2-3。
ランデブーヴァイタルラプラスと、好きなものだけ突っこみました。
元はパートナー用に煮詰めていたのだけれど、ランデヴーが強すぎる気がして
「これギャラクシーでもいけんじゃね?」って勘違いして
ぶっつけ本番で試してみた結果がこれだよ!

とりあえず青相手にどうにもならない。構築が悪い。
「ヴァイタルやネモノワで相手の展開を遅らせて
 ランデヴーとラプラスでパワーカード削ればヨコで勝てるでしょ!」
っていうのはちょっと夢物語でした。
ラーズがいると、ネモノワやランデヴーがうまく撃てないっていうね。
蜂蜜採用型をもう一度練りなおそうかのう……。

自分が青黒ドロー採用したい派のひとなので、どうしても蜂蜜がうまく使えず
TokyoWatsで緑デッキの構築について相談してみたところ
『蜂蜜撃てばだいたい相手のほうが被害が大きいから』とのことでした。
や、それがね。群馬だと足回り2~3色で組んでるデッキがかなり多いんですよ。
だからこう、引いてるのに撃っても得しないし、みたいな場面も多くて。
そのくせ俺は他色キャラかなり散らすほうだから、相手の蜂蜜は大打撃、みたいな。
これだからグンマーは困る!


お次はパートナーランダムサバト。
使用デッキは黄単ファラオニッサで3-0。
とはいえ試合内容が「泥仕合・どブン・相手事故」なのでアレですけれど
チームに貢献できたので、あと午前の試合内容が納得のいくものではなかったので
ここでしっかり勝てたのは嬉しかったです。

午前のネモノワがデッキコンセプトからまずい、ってことがわかって
急遽フリプで、試しに組んでおいたファラオパラサイトを回してみるも
「やっぱりパラサイト撃てるタイミングないって!」って嘆いて。
対戦相手の方のアドバイスを元に、その場で突貫でいじってみたら
まあ動きが良くて良くて。ひとから意見を頂けるって大事だなあと改めて実感。

大会後のフリプでも回してみて、どうにも勢力の黒キャラがだぶつくので
デッキをばらしてみたら『キャラが重いですね』って指摘してもらえて。
自己流でデッキを組むとき、ドローと精神0しか積まない悪い癖が出ちゃいました。
ほんと、普段プレイできないひとと遊べる機会は貴重で重要です。


ここからは今週の公認大会in群馬!
大会も近いし、参加者同士で相談してパートナースタイルで開催しました。

1回目は黄単ファラオビートで3-0。
先攻3ターン目にファラオ撃ってわーってしたら勝ちました×2。
ライストでいいじゃん感がハンパない。パートナー置き場のニッサが空気でした。


2回目は青単酒買鬼ヴァルキリーで3-0。
こっちは接戦ばかりで、というより自分のプレイングが弱くて
前のターンに出したばかりの軽ブレイクに、すぐラーズ重ねちゃったり
(だったら勢力に素体放置して、軽ブレを手札からパワーに差したほうが強いよね)
相手が事故ってたので追い打ちジャベリン→孔雀→テラーで6:5の不利交換したり。
(でもテラー撃たなきゃ3:1の不利交換だから撃ったほうがいい……よね?)
大会で青使うんなら、もっともっと慣れなきゃいかんなあと痛感。

パートナーにスルーズを指定したら、これもまあ強いこと強いこと!
3~4ターン目にスルーズ着地後のアタック回数が1回増えるってちょー強い。
あとは4F4C構えてターン返ってくれば確定で引けるのも安心。

ラーズグリーズは3/59で確定ドローor1コスト軽減より
4/59で見えないプレッシャー与えて、他のカードのコスト下げたほうが強い?
スルーズが安定して着地しやすいので、ラーズで2F削れるのもグッド。
スルーズ着地を妨害してくるくらい早いデッキともう何回か対戦すれば
「やっぱりラーズ要るって……」って言いだすかもしれないけどね。


来週は用事があって出れないので、次アクエリできるのは2週間後かな?
ワンチャン大会後のフリプだけでも遊びに行きたい。
TokyoWarsのおかげで、パートナー熱があがってきましたよ! 感謝祭楽しみ!
行ってきました蒲田ー!
群馬から車に乗ること2時間半くらい? いやー遠かった。
一日中みっちりアクエリを楽しみ尽くして、クタクタに疲れました。
でも本当に充実した一日で、めっちゃくちゃ楽しかったです!
主催者及び参加者の皆様、おつかれさまでした&ありがとうございました!


さて、今日のレポはTokyoWarsの雰囲気というか
こういうところが楽しかった! というのを書いていこうと思います。
対戦結果とかはまた後日、余裕がある時に。



てふじさん画の詠ちゃんが出迎えてくれました。
一発描きでチョークで壁面でこれだけ描けるんだもんなあ。弘法は筆を選ばず。

さて、まずは午前の部、ギャラクシースイスドロー。
ホライゾンⅡ1BOXがかかったガチ大会なので、俺も自慢のデッキで参戦して
まさかの3連敗! す、すんませんチャンカー勢の端くれなんで、こんなもんです。
でまあ、普段ならスイスドローで0-3にもなれば流石にドロップですが
TokyoWarsでは「WISPガチャ」「BMガチャ」などの、まあざっくり書くと
マッチングしたり勝ったりすればくじが引けるよ! というイベントが。
上位入賞の目がなくても、最後までスイスドローを楽しむことができるのは
とても良かったです。くじもバッチリ引かせていただきました!

そして、対戦の合間にはバトルロイヤル。
スイスドロー中でも、時間が余った時にサクッとできるのと
ランブルとは違って、対戦相手に声を掛けるor声を掛けていただく必要があるため
自然とコミュニケーションをとるきっかけになったのは、良かったなあと思います。
「よかったら一戦どうですか?」をきっかけに広がるアクエリの輪。いいね!
自分はTocage勢の方や、ブログで交流してる方と多く対戦させていただきました。
休憩する暇がないくらいアクエリ漬けになれたのも、バトルロイヤルのおかげです。


午後の部は個人的今回の目玉、ランダムサバト。
ランダムで3人チームを組むって時点で激アツですよ! またやりたいです!
対戦順や使用デッキの相談はもちろん、印象に残ったのはチーム名決め。
その場で面白いアイデアが出てこないひとなので、チームメイトと共にうんうん悩んで
そういう時間を共有するだけで、なんだか距離が縮まった気がしますよね。
あとは、他のチームの名前で笑ったり。みんなずるいくらい面白いよなあ。

そして、対戦中もチーム戦らしい光景がそこかしこに。
勝つか負けるかの瀬戸際で、こっちの残りデッキ0枚、相手のダメージ9点
相手の勢力▼判定が乗れば勝ち、乗らなきゃ負けって場面で、ダメージが乗って勝ち。
同時にチームメイトと相手チームから「おおーっ」「ああーっ」とどよめきが。
聞いてみれば、チーム1-1で最終戦の結果をみんなで見守っていたとのことでした。

他にも、自分が優勢な盤面から勝負を急いで仕留めきれず、劣勢にしちゃった試合で
やばいやばいとチラッと横を見てみれば、チームメイトの「大丈夫大丈夫」とうなずく顔。
スコアシートを見ると、頼もしいチームメイトが2勝をもぎ取ってくれていました。
最終戦では、1勝1敗が決まってからの最後の試合を、全員で固唾を呑んで見つめる場面も。
コントロールされてからずっと劣勢の盤面を、丁寧に繋いで見せ場を作る
チームメイトの姿を見つめるのも悪くないなあ、なんて思いながら応援していました。
相手の間違えない攻めが続いて負けちゃったけど、とっても楽しかったです。


そして最後の閉会式では、賞品の大盤振る舞い!
飛び交う箱、PR、その他もろもろ。えっと、コレ公認大会ですよね?
主催者及び協力者の皆様には、本当に楽しませてもらいました。
遊ばせてもらう側ですが、またの機会があれば絶対に参加しますね!
先週末は、3週間ぶりに公認大会に出てきました。
大きな大会が一区切りしたせいか、参加者3人と少なめでしたが
もともと群馬はカジュアルプレイヤーが多めだから関係ないかもね。

3/9 コミかる堂高崎貝沢店
参加者3人 総当たり戦
使用デッキ:白単ブリスタ女怪盗
てふじさんリスペクトして、第一宇宙速度→くちゅくちゅそに子に変えて枚数調整。

1回戦:黄単ドレッドフルアンタレス
後攻
2ターン目に2学期軽ブレで相手の勢力放置を横取り。
毎ターンコントロールはできるものの、ブリスタを引けず2~3点でビート。
返しに相手4F4Cからドレッドフルアンタレスを許してしまう。
デッキ差不利な中軽ブレでチャンプガードしつつ、2積みの予知メイドを引けたので
立てて縦差ししてなんとか凌ぎきって相手デッキアウト。
勝ち

2回戦:緑単みやこアイアコス
後攻
2ターン目に2学期軽ブレで相手の山子を横取り。
毎ターンコントロールはできるものの、極秘でパワー削るだけで横取りできず
返しに相手3F4Cからアイアコス着地を許してしまう。
ヨコは勝ってるので、ブリスタ撃ってビートして(1)などでプレッシャーをかけつつ
最後はパワーカードの差で、チャンプアタックで自滅しながら殴りきってダメージアウト。
勝ち

結果:2-0(優勝)
でも白強いとは言わない! ていうか言えない!
だってフリープレイではしっかり全敗でしたもの。

いまのところ、自分で回してて思ったのが
・先攻なら3ターン目に極秘軽ブレ、後攻なら2ターン目に2学期軽ブレしたい
・毎ターンコントロールしたい。コントロールが1ターン途切れると勝てない
・ブリスタ引けないと勝てない
なんだけど、仮にコントロールが通ってヨコで勝てているとするならば
ブリスタ引けないと勝てないってのは、甘え? プレイングが未熟なのかな?
あるいはサイズゲーするための他の要素を構築から考えるべき?
いままで黒黄緑あたり使って、打点の高さに甘えていたからなあ。
「白とかマジ無理! 打点低すぎてやってらんない!」って決めつけずに
いろいろ組んで回してみると、また新しい何かが見つかるかもしれない。

さて、嬉しいニュースで大会に向けたモチベーションも上がってきましたので
また週末にアクエリを切磋琢磨しつつ、楽しんでいきましょうかね。
CC1日目終了後の会食にて、飛びかうホモネタの数々に
「アクエリの上位陣って、みんなこんななんですか?」
『ああ、彼はガチだから』
誰が誰にとは書きませんが、わたくし、すごく気になります。


今週はいろんな方のCC&GTレポをわくわくしながら読ませていただきました。
負け試合もきっちり書かれているレポを見て感心しながら
他人のレポを読むのが好きなのに、自分のミスで負けたからといって
自分のレポを簡単に済ませるのは、ちょっと違うよなあと。
ちゃんとプレイミスや環境把握で負けてるので、ここでしっかり反省しておきましょう。

あの、チャンカー出てる人間がこの程度のことを書くのはホント恥ずかしいのですが
自分のプレイミスって
「次のターンに相手が何をしてくるか想像できていない」んですよね。
相手の手札はなんだろうな、相手のデッキには何が入っているかな。
相手がこう動いてきたら、自分はどういう場を作っておけばいいんだろうな。
これって対戦型カードゲームの基本中の基本なんでしょうけれど
どうにも盤面や自分の勝ち筋ばかりに目がいって、自分の負け筋をおろそかにしました。
次の大会に向けて、日々のアクエリから本当に意識していきたいですね。


さーて反省文終了ー! あとは楽しいことだけ書くぞー!
まずは2日目のギャラクシートーナメント。
使用デッキは黄単ゼノビアです。黒が1日目にイマイチだったので。

1回戦:不戦勝
ランブルで黄単の使用具合を確かめていました。

2回戦:青単焼き(緋村さん)
先攻
相手のプレイミスもあって、勢力横取りしながら好展開するも
3ターン目にライストは撃てず、支配できるキャラはバチカン衛兵とPSI・エンジェル。
相手の場は2F4Cなので、ジャベリン1枚までならいいやと2体支配したら
返しにしっかりジャベリン2枚飛んできて展開差がだいぶ縮まる。
それでも相手補給が辛いので、しばらく広げなおしてから
貴族令嬢をゼノビアで横取りして、殴ってダメージアウト。
勝ち
その後のフリープレイでは、4Fからのライストをラーズ横取りでフィズらされながら
いろいろやりあった後に2枚目のライストを通せてなんとか勝ち。
青相手は先攻取れればなんとかなるんですよね。ウォリアー軸だと後攻がしんどい。

3回戦:黒単ドラグーンノーチラス(三太郎さん)
先攻
相手後攻3ターン目にメテバを通されてキャラが結構流れるも
2ターンくらい後にこっちもライスト通してなんとか展開差を縮める。
黒対黄は、先にライストorメテバを通されても
後から逆にメテバorライストを返せればトントンだと個人的には思っています。
ゆっくり展開してからゼノビア着地して、パワー平差しから殴る準備をしたら
3F4Cからリュイリール着地2パン+緊急発進で15点通されて
勢力が受けきれずにダメージアウト。
負け
だから、次のターンの相手の動きとか、自分の負け筋が読めてないっていう。
さんざん使ってた黒相手にやっちゃったからさすがにへこみました。自分が弱い。
反省文のとおりですね。精進します。


他にも、CCでの2日間はいろんな方とフリープレイしてきました!
時系列順に書き残しておきましょう。

・mei.Aさん
黒単対緑単。
CC1日目終了直後でテンション高くって、ちゃんと試合内容覚えてないんですけど。
大型出してどーんみたいな試合じゃなく、割とサイズと横の小競り合いになって
終盤でお互いちょっとずつミスしてたような気がするんだけど
自分のほうが多く間違えちゃったせいで、アタックを受けきれずデッキアウト。
横で見ていたあっとけいさんとおとやんさんにダメ出ししていただいたり
やっぱりディープインパクトは無かったんじゃないかな、っていう話をしたり。

・めがねんさん
黒単対緑単。
「まじネモノワとか防げないんすけど!」
「やめて、俺のバチカンと飛刀族を流さないで!(蜂蜜を撃たれながら)」
「フランベルジュ、だと……! リュイリール早くきてくれー!!」
だいたいこんな感じでフルボッコにされました。
その緑なら黒に有利取れますよ! なんて言っていたのだけれど
CC2日目では黒が勝ったらしいので(試合の内容までは聞きませんでしたが)
もっといい調整相手になれればよかったなあ、と申し訳ない気持ちに。

・totoさん
黒単対黒単。
他にもカジュアルなデッキでいくらか回して、回数は一番やったと思います。
2日目の朝にガチデッキ同士で、黒で負け越して、黄で勝ち越したのと
ディープはやめよう、と思ってパニ積もうとしたら持ってきてなかったので
ギャラクシートーナメントは黄単で出ることにしました。

・しんどーさん
黄単対黄緑。
どらごん印のデッキをしんどー流にチューンナップしたデッキを見ながら
「自分には大掛かりに思えるギミックを、足回りからしっかり調整して
 ガチデッキに仕上げてくるのは本当にすごい」と感嘆していました。
フリープレイでは相手デッキの回りが悪く、勝たせてもらいましたが
ギャラクシートーナメントで準優勝、おめでとうございます!

・marlさん
黒単対青単。
ギャラクシートーナメント敗退後、傷心の昼飯をご一緒してから食後の一戦。
works126出されて「リュイリール立てても1コストでガードかよ!」と困ったり
works100出されて「耐久6とか……どうしろってんだよ」と唸ったり。
メテオバーストで補給は削るものの、要所要所で剥離を撃たれて負けました。
ホムンクルス軸は全く考えてなかったけど、いやいや全然アリだわ。
いまなら「お菓子のせいでデッキ選択の幅が狭まりすぎてる」ってのがよくわかる。

・WISPさん
「ギャラクシーでいいっすよね!」『エクストリームでもいいですよ』
いやいやWISPさん前日に白3回斬ってるじゃん……でもそのギミック見てみたいな。
というわけでエクストリーム白単対黒赤。
『1Cポンコツパニック使用宣言』「3C家族でお風呂使用宣言(予知エルフが2体)」
「えーと次のターン相手は、スレイヤードラグーン支配してるから2ドローか」
『ダメージに富貴符があるので5ドローです』「うへぇえ強い」
『2Cポンコツ使用宣言(動く石像1枚)』「4Cお風呂使用宣言(予知エルフ3枚)」
とかなんとか不利交換を繰りかえしつつ、三途の川からダメージに落ちていた
葦原ポンコツ×2セットを拾われてジャス子焼かれて負け。
ダメージ焼きは8枚のファストでシャットアウトしたる! というコンセプトなので
勢力エリアに並ぶ予知エルフ(横取りしても相手は痛くない)は、強かったなあ。

・てふGさん
ギャラクシートーナメント優勝者に挑戦!
黄単対白単。
先攻からライスト撃てるけど、いま打つと俺もつらいなーと渋ってたら
隣の猛者さんに「ドローブレイクあるならノータイムでしょ」と促され、撃ってみる。
これがやっぱり良い判断で、相手の場がゆっくり広がるうちに
勢力殴らせからキャラ広げて殴って、相手の勢力▼がクリティカルして勝ち。
予知メイドを引かれていてゼノビアを引けていなかったので、長引いたらまずかった。


とまあ、こんな感じでした。
どすか、2日目。強いひととしか当たってないですよ。
そんで、ちゃんと強いひとたちと勝ったり負けたりの試合はできてるんですよ。
ただ、CCで16人中4人に残れるほど勝ちきれる力は無かったってだけで。
それでも去年の今頃から考えたら、とんだ大躍進ですよ。
もしかしたら、この日記を読んでくれているそこのあなたも
来年の今頃には、チャンピオンカーニバルに出場できるかも……なんちゃって。

まあ、チャンカーどころか、しばらく大きな大会の予定すらないんですけどw
これからもカジュアルにもガチにも、アクエリを楽しんでいきたいですね。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。
最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]