忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行ってきました蒲田ー!
群馬から車に乗ること2時間半くらい? いやー遠かった。
一日中みっちりアクエリを楽しみ尽くして、クタクタに疲れました。
でも本当に充実した一日で、めっちゃくちゃ楽しかったです!
主催者及び参加者の皆様、おつかれさまでした&ありがとうございました!


さて、今日のレポはTokyoWarsの雰囲気というか
こういうところが楽しかった! というのを書いていこうと思います。
対戦結果とかはまた後日、余裕がある時に。



てふじさん画の詠ちゃんが出迎えてくれました。
一発描きでチョークで壁面でこれだけ描けるんだもんなあ。弘法は筆を選ばず。

さて、まずは午前の部、ギャラクシースイスドロー。
ホライゾンⅡ1BOXがかかったガチ大会なので、俺も自慢のデッキで参戦して
まさかの3連敗! す、すんませんチャンカー勢の端くれなんで、こんなもんです。
でまあ、普段ならスイスドローで0-3にもなれば流石にドロップですが
TokyoWarsでは「WISPガチャ」「BMガチャ」などの、まあざっくり書くと
マッチングしたり勝ったりすればくじが引けるよ! というイベントが。
上位入賞の目がなくても、最後までスイスドローを楽しむことができるのは
とても良かったです。くじもバッチリ引かせていただきました!

そして、対戦の合間にはバトルロイヤル。
スイスドロー中でも、時間が余った時にサクッとできるのと
ランブルとは違って、対戦相手に声を掛けるor声を掛けていただく必要があるため
自然とコミュニケーションをとるきっかけになったのは、良かったなあと思います。
「よかったら一戦どうですか?」をきっかけに広がるアクエリの輪。いいね!
自分はTocage勢の方や、ブログで交流してる方と多く対戦させていただきました。
休憩する暇がないくらいアクエリ漬けになれたのも、バトルロイヤルのおかげです。


午後の部は個人的今回の目玉、ランダムサバト。
ランダムで3人チームを組むって時点で激アツですよ! またやりたいです!
対戦順や使用デッキの相談はもちろん、印象に残ったのはチーム名決め。
その場で面白いアイデアが出てこないひとなので、チームメイトと共にうんうん悩んで
そういう時間を共有するだけで、なんだか距離が縮まった気がしますよね。
あとは、他のチームの名前で笑ったり。みんなずるいくらい面白いよなあ。

そして、対戦中もチーム戦らしい光景がそこかしこに。
勝つか負けるかの瀬戸際で、こっちの残りデッキ0枚、相手のダメージ9点
相手の勢力▼判定が乗れば勝ち、乗らなきゃ負けって場面で、ダメージが乗って勝ち。
同時にチームメイトと相手チームから「おおーっ」「ああーっ」とどよめきが。
聞いてみれば、チーム1-1で最終戦の結果をみんなで見守っていたとのことでした。

他にも、自分が優勢な盤面から勝負を急いで仕留めきれず、劣勢にしちゃった試合で
やばいやばいとチラッと横を見てみれば、チームメイトの「大丈夫大丈夫」とうなずく顔。
スコアシートを見ると、頼もしいチームメイトが2勝をもぎ取ってくれていました。
最終戦では、1勝1敗が決まってからの最後の試合を、全員で固唾を呑んで見つめる場面も。
コントロールされてからずっと劣勢の盤面を、丁寧に繋いで見せ場を作る
チームメイトの姿を見つめるのも悪くないなあ、なんて思いながら応援していました。
相手の間違えない攻めが続いて負けちゃったけど、とっても楽しかったです。


そして最後の閉会式では、賞品の大盤振る舞い!
飛び交う箱、PR、その他もろもろ。えっと、コレ公認大会ですよね?
主催者及び協力者の皆様には、本当に楽しませてもらいました。
遊ばせてもらう側ですが、またの機会があれば絶対に参加しますね!
PR
先週末は、3週間ぶりに公認大会に出てきました。
大きな大会が一区切りしたせいか、参加者3人と少なめでしたが
もともと群馬はカジュアルプレイヤーが多めだから関係ないかもね。

3/9 コミかる堂高崎貝沢店
参加者3人 総当たり戦
使用デッキ:白単ブリスタ女怪盗
てふじさんリスペクトして、第一宇宙速度→くちゅくちゅそに子に変えて枚数調整。

1回戦:黄単ドレッドフルアンタレス
後攻
2ターン目に2学期軽ブレで相手の勢力放置を横取り。
毎ターンコントロールはできるものの、ブリスタを引けず2~3点でビート。
返しに相手4F4Cからドレッドフルアンタレスを許してしまう。
デッキ差不利な中軽ブレでチャンプガードしつつ、2積みの予知メイドを引けたので
立てて縦差ししてなんとか凌ぎきって相手デッキアウト。
勝ち

2回戦:緑単みやこアイアコス
後攻
2ターン目に2学期軽ブレで相手の山子を横取り。
毎ターンコントロールはできるものの、極秘でパワー削るだけで横取りできず
返しに相手3F4Cからアイアコス着地を許してしまう。
ヨコは勝ってるので、ブリスタ撃ってビートして(1)などでプレッシャーをかけつつ
最後はパワーカードの差で、チャンプアタックで自滅しながら殴りきってダメージアウト。
勝ち

結果:2-0(優勝)
でも白強いとは言わない! ていうか言えない!
だってフリープレイではしっかり全敗でしたもの。

いまのところ、自分で回してて思ったのが
・先攻なら3ターン目に極秘軽ブレ、後攻なら2ターン目に2学期軽ブレしたい
・毎ターンコントロールしたい。コントロールが1ターン途切れると勝てない
・ブリスタ引けないと勝てない
なんだけど、仮にコントロールが通ってヨコで勝てているとするならば
ブリスタ引けないと勝てないってのは、甘え? プレイングが未熟なのかな?
あるいはサイズゲーするための他の要素を構築から考えるべき?
いままで黒黄緑あたり使って、打点の高さに甘えていたからなあ。
「白とかマジ無理! 打点低すぎてやってらんない!」って決めつけずに
いろいろ組んで回してみると、また新しい何かが見つかるかもしれない。

さて、嬉しいニュースで大会に向けたモチベーションも上がってきましたので
また週末にアクエリを切磋琢磨しつつ、楽しんでいきましょうかね。
CC1日目終了後の会食にて、飛びかうホモネタの数々に
「アクエリの上位陣って、みんなこんななんですか?」
『ああ、彼はガチだから』
誰が誰にとは書きませんが、わたくし、すごく気になります。


今週はいろんな方のCC&GTレポをわくわくしながら読ませていただきました。
負け試合もきっちり書かれているレポを見て感心しながら
他人のレポを読むのが好きなのに、自分のミスで負けたからといって
自分のレポを簡単に済ませるのは、ちょっと違うよなあと。
ちゃんとプレイミスや環境把握で負けてるので、ここでしっかり反省しておきましょう。

あの、チャンカー出てる人間がこの程度のことを書くのはホント恥ずかしいのですが
自分のプレイミスって
「次のターンに相手が何をしてくるか想像できていない」んですよね。
相手の手札はなんだろうな、相手のデッキには何が入っているかな。
相手がこう動いてきたら、自分はどういう場を作っておけばいいんだろうな。
これって対戦型カードゲームの基本中の基本なんでしょうけれど
どうにも盤面や自分の勝ち筋ばかりに目がいって、自分の負け筋をおろそかにしました。
次の大会に向けて、日々のアクエリから本当に意識していきたいですね。


さーて反省文終了ー! あとは楽しいことだけ書くぞー!
まずは2日目のギャラクシートーナメント。
使用デッキは黄単ゼノビアです。黒が1日目にイマイチだったので。

1回戦:不戦勝
ランブルで黄単の使用具合を確かめていました。

2回戦:青単焼き(緋村さん)
先攻
相手のプレイミスもあって、勢力横取りしながら好展開するも
3ターン目にライストは撃てず、支配できるキャラはバチカン衛兵とPSI・エンジェル。
相手の場は2F4Cなので、ジャベリン1枚までならいいやと2体支配したら
返しにしっかりジャベリン2枚飛んできて展開差がだいぶ縮まる。
それでも相手補給が辛いので、しばらく広げなおしてから
貴族令嬢をゼノビアで横取りして、殴ってダメージアウト。
勝ち
その後のフリープレイでは、4Fからのライストをラーズ横取りでフィズらされながら
いろいろやりあった後に2枚目のライストを通せてなんとか勝ち。
青相手は先攻取れればなんとかなるんですよね。ウォリアー軸だと後攻がしんどい。

3回戦:黒単ドラグーンノーチラス(三太郎さん)
先攻
相手後攻3ターン目にメテバを通されてキャラが結構流れるも
2ターンくらい後にこっちもライスト通してなんとか展開差を縮める。
黒対黄は、先にライストorメテバを通されても
後から逆にメテバorライストを返せればトントンだと個人的には思っています。
ゆっくり展開してからゼノビア着地して、パワー平差しから殴る準備をしたら
3F4Cからリュイリール着地2パン+緊急発進で15点通されて
勢力が受けきれずにダメージアウト。
負け
だから、次のターンの相手の動きとか、自分の負け筋が読めてないっていう。
さんざん使ってた黒相手にやっちゃったからさすがにへこみました。自分が弱い。
反省文のとおりですね。精進します。


他にも、CCでの2日間はいろんな方とフリープレイしてきました!
時系列順に書き残しておきましょう。

・mei.Aさん
黒単対緑単。
CC1日目終了直後でテンション高くって、ちゃんと試合内容覚えてないんですけど。
大型出してどーんみたいな試合じゃなく、割とサイズと横の小競り合いになって
終盤でお互いちょっとずつミスしてたような気がするんだけど
自分のほうが多く間違えちゃったせいで、アタックを受けきれずデッキアウト。
横で見ていたあっとけいさんとおとやんさんにダメ出ししていただいたり
やっぱりディープインパクトは無かったんじゃないかな、っていう話をしたり。

・めがねんさん
黒単対緑単。
「まじネモノワとか防げないんすけど!」
「やめて、俺のバチカンと飛刀族を流さないで!(蜂蜜を撃たれながら)」
「フランベルジュ、だと……! リュイリール早くきてくれー!!」
だいたいこんな感じでフルボッコにされました。
その緑なら黒に有利取れますよ! なんて言っていたのだけれど
CC2日目では黒が勝ったらしいので(試合の内容までは聞きませんでしたが)
もっといい調整相手になれればよかったなあ、と申し訳ない気持ちに。

・totoさん
黒単対黒単。
他にもカジュアルなデッキでいくらか回して、回数は一番やったと思います。
2日目の朝にガチデッキ同士で、黒で負け越して、黄で勝ち越したのと
ディープはやめよう、と思ってパニ積もうとしたら持ってきてなかったので
ギャラクシートーナメントは黄単で出ることにしました。

・しんどーさん
黄単対黄緑。
どらごん印のデッキをしんどー流にチューンナップしたデッキを見ながら
「自分には大掛かりに思えるギミックを、足回りからしっかり調整して
 ガチデッキに仕上げてくるのは本当にすごい」と感嘆していました。
フリープレイでは相手デッキの回りが悪く、勝たせてもらいましたが
ギャラクシートーナメントで準優勝、おめでとうございます!

・marlさん
黒単対青単。
ギャラクシートーナメント敗退後、傷心の昼飯をご一緒してから食後の一戦。
works126出されて「リュイリール立てても1コストでガードかよ!」と困ったり
works100出されて「耐久6とか……どうしろってんだよ」と唸ったり。
メテオバーストで補給は削るものの、要所要所で剥離を撃たれて負けました。
ホムンクルス軸は全く考えてなかったけど、いやいや全然アリだわ。
いまなら「お菓子のせいでデッキ選択の幅が狭まりすぎてる」ってのがよくわかる。

・WISPさん
「ギャラクシーでいいっすよね!」『エクストリームでもいいですよ』
いやいやWISPさん前日に白3回斬ってるじゃん……でもそのギミック見てみたいな。
というわけでエクストリーム白単対黒赤。
『1Cポンコツパニック使用宣言』「3C家族でお風呂使用宣言(予知エルフが2体)」
「えーと次のターン相手は、スレイヤードラグーン支配してるから2ドローか」
『ダメージに富貴符があるので5ドローです』「うへぇえ強い」
『2Cポンコツ使用宣言(動く石像1枚)』「4Cお風呂使用宣言(予知エルフ3枚)」
とかなんとか不利交換を繰りかえしつつ、三途の川からダメージに落ちていた
葦原ポンコツ×2セットを拾われてジャス子焼かれて負け。
ダメージ焼きは8枚のファストでシャットアウトしたる! というコンセプトなので
勢力エリアに並ぶ予知エルフ(横取りしても相手は痛くない)は、強かったなあ。

・てふGさん
ギャラクシートーナメント優勝者に挑戦!
黄単対白単。
先攻からライスト撃てるけど、いま打つと俺もつらいなーと渋ってたら
隣の猛者さんに「ドローブレイクあるならノータイムでしょ」と促され、撃ってみる。
これがやっぱり良い判断で、相手の場がゆっくり広がるうちに
勢力殴らせからキャラ広げて殴って、相手の勢力▼がクリティカルして勝ち。
予知メイドを引かれていてゼノビアを引けていなかったので、長引いたらまずかった。


とまあ、こんな感じでした。
どすか、2日目。強いひととしか当たってないですよ。
そんで、ちゃんと強いひとたちと勝ったり負けたりの試合はできてるんですよ。
ただ、CCで16人中4人に残れるほど勝ちきれる力は無かったってだけで。
それでも去年の今頃から考えたら、とんだ大躍進ですよ。
もしかしたら、この日記を読んでくれているそこのあなたも
来年の今頃には、チャンピオンカーニバルに出場できるかも……なんちゃって。

まあ、チャンカーどころか、しばらく大きな大会の予定すらないんですけどw
これからもカジュアルにもガチにも、アクエリを楽しんでいきたいですね。
チャンピオンカーニバルに、参加してきましたー!!
まずは1日目のレポから。

ギャラクシースタイル
使用デッキ:黒単リュイリールバースト
GP使用デッキから、ステルスコートとディープインパクトを減らして
緊急発進を採用して、足回りちょこっといじったデッキ。
使い慣れていて、キャラスペックが高いので選びました。

1回戦:黒単ボードコン(あっとけいさん)
先攻
黒キャラがなく、カロン放置、バーキープ支配スタート。
相手はドラゴンパピー放置、カメレオンメイドとバチカン衛兵支配。
先攻2ターン目、勢力から湧きでるガスサイボーグとメテオバースト。
あっとけいさんの「ですよね」の声(どうやら事故と察知されていたみたいです)。
相手の場に耐久1が並んでいたので、メテオバースト撃てればワンチャンだったのですが
見事に4枚ダメージ置き場に流れ、飛刀族を支配して構えてみるも
ノーチラスに焼かれながら殴られ、返しに支配したバチカン衛兵も
ノーチラスに焼かれながら殴られてダメージアウト。
負け
相手の勝ちパターンにはまってしまいました。

2回戦:黒単ドラグーン(みつるさん)
先攻
今度はしっかり展開。むしろ後攻の相手が若干キャラ展開が弱かったので
今のうちにと緊急発進もあわせて14点ほどアタック。
期待値よりキャラが出て、展開助けちゃったかなーと思いつつも
途中で1回ガード宣言に出てくれて、返しに相手が爆展開できなくなったので
そのままアタックし続けてダメージアウト。
勝ち
ミラーで先攻とれたのが強かったです。

3回戦:赤青圧縮お菓子(F.Tさん)
後攻
軽ブレイク+緊急発進の手札をマリガンせずに開始したら
先攻2ターン目に放置のドラゴンパピーを横取りされました。
あとから引いた緊急発進もあわせてアタックを仕掛けるけれど、しっかりガードされ
息切れした頃に初夢2枚からデッキパーツを集められてデッキアウト。
負け
緊急発進は初手から持ってても強くないって、調整の時に気づこうよ俺。
あとドラゴンパピー放置はリスキー、相手の手札予測が全然足りてない。

4回戦:青単ヴァルキリー(totoさん)
後攻
相手がゆっくり展開するなか、こっちはしっかり横に展開。
ジャベリンケアしてターン渡したら、バーキープに刻印が飛んできて
メテオバースト撃つのが1ターン遅れてしまう。
返しにもう1発刻印が飛んできたけれど、相手の補給もカツカツなので
ゆっくりメテオバースト通して殴ってダメージアウト。
勝ち
勝てたからいいけど、メテバ1ターン遅れたのは致命的プレイミス。


エクストリームスタイル
使用デッキ:白単コントロール
BT使用デッキから、プロテクションバリアを増やして
足回りちょこっといじったデッキ。
ミラーや対黒のダメージ焼きを意識。ロッソは諦める。
使い慣れていて、デッキパワーが高いので選びました。

5回戦:青単ザドキエイミー(めがねんさん)
後攻
予知エルフとダイスウィッチが並んでファストが撃ちにくい場に。
相手の場が固かったので、キネシュ切ってひまわり握ってターンを渡したら
返しにザドキエル着地されて手札のひまわりが腐る。
さらにこちらの勢力フェイズにひな祭りエイミー決められて1ターンスキップ。
このあとは細かく小突かれて即死はしなかったのだけれど
こちらからいい動きはできず、終始マウントを取られてダメージアウト。
負け
ダメージに見えたエイミーに気をとられ、ザドキエルを予測できなかったり
ひな祭りエイミーならキネシュの出番があると考えられなかったり
相手のデッキや手札の読み、環境把握が全く足りてなかった。

6回戦:不戦勝
ジャッジの方と嫁スタンについて語ったり。

7回戦:白単コントロール(mei.Aさん)
先攻
お互い学園祭支配から、こちら勢力フェイズに相手ツアーバンドブレイクで2Fに。
運命→キネシュ→転入生でダメージカウンターしてから
派遣社員→声優アイドルで相手のツアーバンドを横取り。おお、ミラーっぽい……!
それでも相手の学園祭メイドがしっかりデッキアクセスして、先にひまわり着地される。
返しに明音鈴着地するも、スチューデント持ってないツアーバンドさんが強い。
縦差しから1パン小突いた返しにジャスティスハート出されて
マエストロつけられたら詰むと思って、こっちが先にオフェンシブから戻してセット。
これを相手が越えられなかったみたいで、いろいろあって相手デッキアウト。
勝ち
こういうミラーマッチは想定してたので、先攻取れたし勝ててよかった。

8回戦:黒単マシンロッソ(まいなさん)
先攻
ターンエンド、ディスカード、ディスカード、ディスカード。
ありがとうございましたー。
負け
さすがにひどかったので、もう最終戦も終わったしフリープレイ。
先攻3ターン目の5ドローで有効牌をなにも引けず
学園祭3体支配してターン渡したらロッソに蹂躙されたでござる。
キャラ事故しなくても負けてたならむしろ清々しい。


結果:4-4(1不戦勝)で10位。
2戦初手事故は残念だけど、しっかり2戦プレミで負けてるから
ちゃんと実力が出た上での結果ですね。しかたない。

2日目のギャラクシートーナメントやその他旅日記的なレポ、反省文などは
また明日以降書きます。今日は取り急ぎ本戦レポのみで。
新年初の公認大会に行ってきましたー!
とはいえ、世間はそろそろ平常運行に戻る頃合でしょうか。
5日にもなればとくに年始ということもなく、いつも通りの公認大会でした。

1/5 コミかる堂高崎貝沢店
参加者4人 トーナメント2回戦
使用デッキ:黄単ファラオライスト
せーやさんリスペクトして、以前レシピをあげた自分のファラオデッキに
軽ブレとライスト突っこんだ形。ネームレベルはそのままニッサを採用。

1回戦:白青
先攻
初手で多富貴巫女支配して、2ターン目に軽ブレイク2枚と幸先のいいスタート。
「白なら……ゴスロリラビットは無い!」と、マジカルクッキング放置するも
返しのダメージでクルセイダーが見えて焦る。横取りされずに一安心。
あとは広げてファラオ撃って殴ってダメージアウト。
勝ち

2回戦:黄
先攻
スレイヤードラグーン様が8点中7点ダメージを叩きだす、幸先の悪いスタート。
その上ウォーターホールエルフが相手の軽ブレイクに食われまくる。
4ターン目、1F4Cから軽ブレ軽ブレファラオで多少相手のダメージを溜めるも
返しにネイラ立てられて、ミラーヴィジョン撃たれながら殴られてダメージアウト。
負け

結果:1-1
レディマミーを! 緑以外に安定放置っぽいレディマミーを持ってこい!
あとアレ、積極的にスレイヤードラグーンを放置していくデッキだとしたら
キャラ34枚でも少ないのかなあ……なんて。減らしたいスロットないけど。
あとまだライストほとんど撃ってないし、試行回数増やしてまた考えよう。

フリープレイでも、ニッサはそこそこいい活躍をしてくれたのだけれど
「相手に縦差しの大型が立った! けどデッキは相手のほうが少ない!」
っていう状況なら強いのだけれど
「相手に縦差しの大型が立った! その上デッキ枚数も同じくらいだ!」
っていう状況だと、もうどうにもならない。
ニッサじゃなければ、アイコン周りももっとうまく組めるので
他の候補、アルヘナとかフォルナとかも考えてみよう。


ここからは雑記。
コミケに行けなかった自分のために、友人に頼んで買ってきてもらった
おれつば本やらCDやらなんやかんやを楽しんでいたら
アキラさんがものすごいお土産を持ってきてくれました!



俺が託した温泉セット3枚が、サイン付きになって帰ってきた……!
しかもご丁寧に「かんすわさんへ」と名前まで入れてもらって……!!

その上同人誌まで買ってきてくれて、頬緩みっぱなしのままページをめくったら



――……~~っっっ!!!(言葉にならない悲鳴)
や、そりゃ、言われなくてもがんばりますけれども、けれどもですよ。
もう俺出場する前から十分CCを満喫したんじゃないかな!!
さすがにメッセージまではサプライズすぎて読めませんでした。
このあとアキラさんと3回もハイタッチを交わしたのは言うまでもありません。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。




最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]