忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新年初の公認大会に行ってきましたー!
とはいえ、世間はそろそろ平常運行に戻る頃合でしょうか。
5日にもなればとくに年始ということもなく、いつも通りの公認大会でした。

1/5 コミかる堂高崎貝沢店
参加者4人 トーナメント2回戦
使用デッキ:黄単ファラオライスト
せーやさんリスペクトして、以前レシピをあげた自分のファラオデッキに
軽ブレとライスト突っこんだ形。ネームレベルはそのままニッサを採用。

1回戦:白青
先攻
初手で多富貴巫女支配して、2ターン目に軽ブレイク2枚と幸先のいいスタート。
「白なら……ゴスロリラビットは無い!」と、マジカルクッキング放置するも
返しのダメージでクルセイダーが見えて焦る。横取りされずに一安心。
あとは広げてファラオ撃って殴ってダメージアウト。
勝ち

2回戦:黄
先攻
スレイヤードラグーン様が8点中7点ダメージを叩きだす、幸先の悪いスタート。
その上ウォーターホールエルフが相手の軽ブレイクに食われまくる。
4ターン目、1F4Cから軽ブレ軽ブレファラオで多少相手のダメージを溜めるも
返しにネイラ立てられて、ミラーヴィジョン撃たれながら殴られてダメージアウト。
負け

結果:1-1
レディマミーを! 緑以外に安定放置っぽいレディマミーを持ってこい!
あとアレ、積極的にスレイヤードラグーンを放置していくデッキだとしたら
キャラ34枚でも少ないのかなあ……なんて。減らしたいスロットないけど。
あとまだライストほとんど撃ってないし、試行回数増やしてまた考えよう。

フリープレイでも、ニッサはそこそこいい活躍をしてくれたのだけれど
「相手に縦差しの大型が立った! けどデッキは相手のほうが少ない!」
っていう状況なら強いのだけれど
「相手に縦差しの大型が立った! その上デッキ枚数も同じくらいだ!」
っていう状況だと、もうどうにもならない。
ニッサじゃなければ、アイコン周りももっとうまく組めるので
他の候補、アルヘナとかフォルナとかも考えてみよう。


ここからは雑記。
コミケに行けなかった自分のために、友人に頼んで買ってきてもらった
おれつば本やらCDやらなんやかんやを楽しんでいたら
アキラさんがものすごいお土産を持ってきてくれました!



俺が託した温泉セット3枚が、サイン付きになって帰ってきた……!
しかもご丁寧に「かんすわさんへ」と名前まで入れてもらって……!!

その上同人誌まで買ってきてくれて、頬緩みっぱなしのままページをめくったら



――……~~っっっ!!!(言葉にならない悲鳴)
や、そりゃ、言われなくてもがんばりますけれども、けれどもですよ。
もう俺出場する前から十分CCを満喫したんじゃないかな!!
さすがにメッセージまではサプライズすぎて読めませんでした。
このあとアキラさんと3回もハイタッチを交わしたのは言うまでもありません。
PR
さーて大会レポですよー!
使用デッキは、昨日書いた黒単リュイリールです。

1回戦:白単愛沢
後攻
相手のバグキラーロイドをティエンロンロイドで横取りして
メテオバースト通して展開広げて殴ってダメージアウト。
勝ち

2回戦:青単焼きヴァルキリー
後攻
軽ブレイクの着地先がない相手に、こちら3Fからメテオバーストが通る。相手1Fに。
飛刀族を支配されるものの、こちら軽ブレイクや他色ドローなどを絡めて
毎ターン2体以上支配して展開差つけて、一方殺されながら殴りきってダメージアウト。
勝ち
3ターン目に軽ブレイク引けなかったので、3Fからメテバが通ったのがラッキーでした。

3回戦:黄単焼き
先攻
3ターンメテバで相手の精神0チャージやキャラを3体くらい流すも
ロイヤルプリンセスにフランベルジュがセットされてさあ大変。
こちらダメージが7くらい。そしてリュイリールがダメージに3枚。
相手のアタックを通せば▼キャラが出やすく、▼が出れば連鎖しやすい構成なので通せず
残った勝ち筋のステルスコートを引くためになんとか黒3F+ドローを残しながら
バチカン衛兵や黒チャージキャラで必死にチャンプガード。
相手の補給が薄すぎたのと、こちらが毎ターン2体支配キャラを広げられたので
耐えながらどこかで1発アタックを通して、相手の勢力が広がってくれて
相手が勢力▼を捌ききれなくなってダメージアウト。
勝ち
リュイリールがあれば楽だった試合、その1。

4回戦:白単渡来
先攻
2ターンキャラ支配で推移した相手に、3ターンメテオバーストで焼いてから
展開広げて殴ってダメージアウト。
勝ち
ダメージにうたた寝も見えていましたが、握られていなかったようです。

5回戦:黒単ドラグーン
先攻
相手が勢力▼を放置できなかったのでキャラが止まり
こちらは勢力▼を青→黄→黒としっかり回して、ダメージ溜めながらも展開広げて
4ターン目に殴りきってダメージアウト。
勝ち
ミラー相手のじゃんけんに勝てたのが強かった。

6回戦:青単ミーアヴァルキリー
後攻
2ターン目に多富貴巫女が2パンしてきたので、▼2点分くらいの気持ちで通したら
2ターン目からチャージ2とか言われ続けて超強かった。相手の補給が途切れない。
しかし相手も勢力▼がキャラを生まず、3ターン目に青キャラ支配できなかったので
後攻3ターン目にメテオバースト撃って相手青ファクターを0に。
しかしプレイヤー1点が青ドローを生み、青ドローの勢力▼が飛刀族を生み
飛刀族+多富貴巫女からドローキャラでビートを仕掛けられる展開に。
こちらダメージが7くらい。アタックを通せば▼キャラが(以下略)で通せず
2ターン連続でフルビートされたのを、展開広げた他色ドローで凌いだ返しに
手札に握っていたステルスコート2枚で8点通して相手ダメージアウト。
勝ち
相手の勢力▼が仕事してたら絶対負けてた。熱い試合でした。

7回戦:黄単焼き
先攻
コフィンボーグ引けたら横取りしたい盤面が2度あるも、都合よく引けず。
3ターン目までに軽ブレイク1枚しか引けないながらも
PSI・エンジェルやドラゴンパピーを支配して、黒キャラを固くして
返しにライスト撃たれながらも、黒3Fは維持してなんとかゲームに。
手札に握っておいた青ドローを支配するも、再度ライストで流される。
それからはダークサイドウォッチャーのアタックが止まらず
リュイリールかステルスコートに繋ぐため、黒3F維持しながらチャンプガード。
どこかでステルスコートを引いて、1パン通すも全部ダメージで▼が広がらず。
ようやくコフィンボーグを引いて、フルパンしてから横取りする勝ち筋が見えるも
ライスト2回撃たれて補給が流された分、パワーカードが1枚足りなくて動けず。
そこからは粘るだけ粘ったけれど、勝ち筋を見つけられずデッキアウト。
負け
デッキの底にリュイリールが2枚重なっていました。そりゃ3積みならそうなるよ。

プレイミスは、多分なかった……と思うんだけど
もしかしたら先攻3ターン目に、ドローキャラがフルパンしちゃったほうが
相手のキャラが伸びて展開するかもしれないけど、ダメージを溜められるから
そしたら、どこかでステルスコートで1パン通すのが勝ち筋に繋がるから
そっちのほうがよかった可能性も、あったかもしれない。
思いきったアタックをする状況を覚えよう。検証して次に繋げよう。


結果:6-1(準優勝)
まあ、悔しいけどよくやったでしょ!
ここでの負け、プレイング、構築の反省点を繋げる機会がちゃんとあることだし。
でも決勝戦後、「チャンカーで勝てばいいんだよ、これは前哨戦だから」
なんて励ましの言葉に、トッププレイヤーとの意識の差を感じて震える結果に。
その前哨戦に本気出して調整して、やっとこの結果だってのに、前哨戦だったのかい!
まあ、チャンカーは肩肘張らず、プレイミスしないように楽しんできます。


ここからは余談。
大会前にどらごんさんと、大会後のランブルでめがねんさんと対戦しました!
えー、愛沢テュルテとぷちメテュルテにフルボッコにされました。
「3点飛ばせてブレイクスルー持ってて5/6/6のノーチラス」とか
テュルテ強すぎじゃね……いや他のタレントを先に立てておかなきゃだけどさ。
ノーチラスもそうだけど、こちらアタック→相手ガードレス着地されると
焼かれてバトルも一方殺で0:2交換されるのが痛すぎる。
この辺の動きはちゃんと組んで回して覚えておこう。

あとは対戦の合間や大会の前後に、いろんな方とお話しすることができました。
というより、主に声を掛けてもらうことが多く、とても嬉しかったです。
ブログを書いてきたのもそうだけど、たぶん大会で結果を残せたことで
以前より気にかけてもらえてるのかな……と、改めて実感。
ウェブでも大会でも、またよろしくお願いします。


ここからはさらに余談。
大会前日に、高崎駅でぐんまちゃんボールペンを群馬勢の人数分買ってきて
「明日はスコアシートの上にさりげなく置いて、群馬をアピールしようぜ!
 なんなら勝ち上がったところで群馬勢同士、対戦しようぜ!」
くらいのことを言っていたら、まさかの物販に並んでいたら受付に間にあわず
群馬勢8人(うち権利取得者6人)が、大会開始時には2人になっていました。

や、俺はなにも、ブロッコリーの運営を責めてるわけじゃないし(第一自己責任だし)
物販やランブル、サイン会を存分に満喫していたみたいだから、それは良かったよ。
ただ、あんなに一緒になってみんなで調整したのに、大会に間にあわないとか
「おまえらの大会に賭ける気持ちはそんなもんだったのかい!?」って
俺が勝手に期待しすぎてたから、ちょっとがっかりしただけなんだよ。

あとは、ホントに調整したから、みんなもいいとこまで行けそうってのもあったし。
次はちゃんと調整して、ちゃんと大会に出ようぜ!
金色の閃姫、発売しましたー!
これ、みんな略称なんて呼んでます?
俺は「きんせい」だけど、巷では「こんじき」とか「せんき」なのかな。
いままでは「地球」「水嶺」「冥烙」と、エキスパンション名で呼んでいたのだけれど
「金色」ってなんか呼びにくくて、つい「金星」と声に出してしまいます。


そんな話はさておき。
発売日翌日の土曜日は、いつも大会でお世話になっているコミかる堂高崎貝沢店様で
金星発売記念ブースタードラフト大会に参加してきましたー!
参加者なんと14人! 途中から来場された方も含めれば20人近く!?
遠路はるばる長野から参加してくださった方もいらっしゃいました。
ほんと、群馬のアクエリの盛りあがりっぷりには感謝するばかりです。

それでは簡単に大会レポ。
5-5-4人のグループに分かれて、自分は5人卓でした。
ピックは緑と青が止められて黒ばかり流れてきたので
見習い宇宙海賊、エルナ下段やアンコモンキャラをしっかり積んだキャラ43枚デッキ。
支配時1ドローをピックできなかったので、素体が少ないのはご愛嬌。

1回戦:色々
後攻
1積みの酒買鬼が勢力▼をがんばってくれて良展開。
相手はドローが伸びず、チャージを差すキャラがいない盤面などもあり
展開差をつけて3/5/3を筆頭に殴りきってダメージアウト。
勝ち

2回戦:白
後攻
後攻3ターン目の勢力▼にサイファーちゃんが着地して展開を止められ
イレイザーキャラ達がばっさばっさとなぎ倒されるサイファーちゃん無双。
酒買鬼や(2)で応戦しますが、そのまま押し切られてデッキアウト。
負け

3回戦:白
後攻
精神0チャージをばっさばっさと横取りされ、女怪盗でハンデス、展開差をつけられる。
耐えていると、相手がビジョンズを立てたら場のパワーカードが少なくなっていたので
フルビートからなんやかんやあって相手が先にデッキアウト。
勝ち

4回戦:緑黒黄
先攻
相手キャラの伸びが芳しくないながらも、こちらの縦差しアタックを的確にガードされて
優勢のように見えていた盤面がいつの間にか互角に。それでも無理矢理アタックを通して
デッキ差つけてからはお互いトントンで粘りあって相手が先にデッキアウト。
勝ち

結果:3-1(5位)
いままでのブードラで一番順位が良かったので嬉しいです。
ですが、プレイミスはたくさんあったので、今回はデッキ構築がうまくいったのかも。

※酒買鬼(3/3/3▼リムーブ1 支配時1ドロー)について質問なのですが
 リムーブを支払わずに勢力に打ち上げる場合、パワーカードは剥がれるのですか?
 パワーカードは剥がれると聞き、当日はそのようにプレイしたのですが
 ルールブックにも「リムーブされたキャラにセットされているカードは捨て札される」
 などの文面が見当たらないもので……まあでもパワー残ったら強すぎちゃうのかな。
※追記:パワーカードは剥がれないようです、失礼しました。え、なにそれ強い

大会後は5人卓に戻ってピック。自分は2番手でした。
メタモル“ネモノワ”サンバースト
エレナの聖釘 ×2
デュアル・プリンセス“テュルテ・エスメリス” RPF
ホムンクルス・ヴィーナス“works100” ×2
メタモル“ネモノワ”ムーンフェイズ
……など、VFが出なかった以外は欲しいものが手に入ったので嬉しかったです。



大会後は新カードの話題やトレードなどで盛りあがり、そろそろ閉店の時間。
さて、いつものメンバー5人くらいで友人宅でアクエリ合宿……かと思いきや
いつもは公認大会でしか会わないメンバーも連れだって、総勢10人で
秋だ、一番! 男だらけの夜通しアクエリ合宿ー! わーどんどんぱふぱふー!
ちょっと表現はアレだけど、とても楽しかったです。

一人暮らしの家で、2部屋を行き来しつつ、トレードや対戦など思い思いに楽しみます。
自分は来週のサバトに出る友人と、新デッキを組んだり回したりしていました。
テキストを見ただけではレビューなどできず、自分で使ってみないとわからないひとなので
回してみたデッキの第一印象を組んだ順につらつらと書きつらねてみます。


・白単愛沢サイファー
サイファーが軽ブレイク経由せずに2Fからコントロールできるのでとても強い。
……かと思いきや、自分の周辺環境ではアイコンが合わず空振ることも多々あり。
自分の構築だと、コントロールの後はタテに伸ばしてアタックしないと打点が足りないので
ヨコからタテへの意識を変換するタイミングがもんのすごく難しい。
もっともっと試行回数を積まないと、大会では使いこなせそうにないかも。
ところでLove goes on採用しない型ってアリですかね?

・青単テュルテ
アンクゥが引けないゲームがひどい。ので、こういうデッキタイプは好きじゃない。
ただの4F4C6/6/5ブレイクスルーじゃ弱いし。焼きは好きなんだけど、まあ重いよね。
愛沢もそうだけど、他色メインのデッキからいきなり飛びだす型もアリなのかな?
それこそ手札で腐る瞬間が増えそうで、難しいと思うのだけれど……。
重い単体焼きってアドとれてんだかとれてないんだか、よくわかんないから苦手。

・黒単ネイトステージ
とにかくヨコに広げて、殴るかパニッシュ撃つだけなので、もんのすごく回しやすい。
スーパーローテーション使ってみたけど、「いま撃っても強い……かあ?」って場面もあって
いつでも安定して強いとは言えないのか、自分の使いどころが悪いだけなのか。
手には馴染むのだけれど、イレイザー足回りがサイファーちゃん無双されちゃうのが玉に瑕。

・黄青ゼノビアビート
今回の個人的最萌えイラスト、戦士女王“ゼノビア”(RPF)をメインに据えたデッキ。
ヨコに広げてソニ剣と剥離握って、軽ブレやアルヘナちゃんが殴るデッキは大好きです。
ミーアちゃん無双されたので、ミラーヴィジョンを採用してみたり。
手には馴染むのだけれど、ウォリアー足回りがラーズグリーズ無双されちゃうのが玉に瑕。

・青単ミーアエクスプレス
友人のデッキを見ていて組みたくなったので、組んだけどまだ回してない。
動きは絶対好きなのだけれど、相手の場に干渉(焼きとかパワコンとか)できないので
大会で使うならコントロールっぽいのがいいなあ……とかなんとか思案中。


夜も更けた頃から、明日の予定がある方から順に帰路につき
明け方には5人、昼前には2人になり、昼過ぎまで対戦してから解散しました。
そんな1泊2日アクエリ合宿だったけれど、んー、絶対に試行回数が足りないなあ。
いまは「自分が組みたいデッキを突き詰めて、回し方を覚える」ことで手一杯なのに
「そのデッキは環境に適しているのか」「この環境はどのようなデッキが出てくるのか」
なんて、とても考えが追いつきそうにない。
また週末まではアクエリできなそうだし、脳内妄想したりカードとにらめっこしながら
サバト前日、前々日の調整を楽しみに待つことにします。
さも今週の対戦結果であるかのように先週末の大会レポを書くプレイング。
や、だってみんな新弾レビューで盛りあがってるし……平日は疲れちゃって……

でもね、現環境のおさらいを備忘録に記しておくことは
今後の自分のために大事なことだと思うの。
というわけで自分用メモ。うろ覚えなのでざっくりと。


10/28 トレジャーキャッツ前橋店
参加者5人 スイスドロー3回戦
使用デッキ:黒単リュイリール
軽ブレ8ヘルメシエルリュイリールステルスコートメテオバーストパニッシュ。

a:イレイザーの高速展開からヘルメシエル立ててオフェンシブでアドをとる
b:リュイリール立てて本人やパワー2キャラで即パン、ステルスコートでアタックを通す
c:メテオバーストで相手を遅らせたり、アタックで勝てない相手にはパニッシュを通す

これらの勝ち筋から、盤面にあわせて、その時引いたものでうまく対応していきます。
前回の黄単焼きみたいに明快ではないけれど、対応できる範囲は広い……はず?
いろいろできるので使ってて楽しいです。器用貧乏とも言う。
キュリオテテスドラグーン足回り緊急発進セラフなども試したけど、現状はこんな感じ。


1回戦:緑赤みやこ
先攻
メテオバーストが効かないので適当に小突いたあと、みやこ立てられた返しに
ヘルメシエル+リュイリール+ステルスコートで9点通してダメージアウト。
勝ち

2回戦:黄黒リアニメイトガンバスター緊急発進
後攻
お互いグダグダ展開しながら、プリシラ2段着地された返しにパニッシュ黄。
レスエフェクトでガンバスターを呼ばれ、黒2F溜められるも
こちらのキャラビートに緊急発進を防御時に使わせて、そのまま殴ってデッキアウト。
勝ち

3回戦:黄緑リアニメイト
先攻
メテオバーストで相手キャラ3体ほど流して、次々ターンにアタック。ダメージ7まで。
返しにドレッドフルリチュアルでダメージのナオスを呼ばれる。
次ターンにリュイリール+ステルスコートで9点通してダメージアウト。
勝ち

結果:3-0(優勝)
ちゃんと補給差をつけられれば、という前提付きですが
最大打点5でも、耐久6以上+インターセプトの壁を抜けられる動きは結構好きです。

大会後にはフリープレイで対青単ミーアヴァルキリー。
後攻、ジャベリンは撃たれずに済むも、返しのメテオバーストはラーズで止められる。
ミーアちゃん参上して縦差しから殴られるも、相手の補給が薄く、プレイミスもあって
横展開→ミーアちゃんを必死ガード→ラーズケアして5F6Cパニッシュ青が通って勝ち。
まあでも相手のプレミがなかったらまず負けてた。
デッキポテンシャル的に、キュリオテテス無しでもイレイザー足回り採用したいのだけれど
この構成だと対青で先攻とられたらさすがに勝ちにくいかなー。


しかし、(自分も含めて)権利大会なのに環境デッキが環境にいない。
これが群馬クオリティ。
というわけで、金星発売までにテンプレっぽい冥界デッキを組んで回してみようかな。
この4ヶ月、ホント冥界デッキとの対戦経験が少ないので、強さも弱点もわかってない。
緑黄アイアコスは動かしやすかったけど、ソニ剣→ラダマンティスにして回してみよう。
カードゲームの大会デビューは、中学時代に友人に薦められて始めた
デ・ジ・キャラットCCGでした(当時はコゲどんぼ先生の大ファンでした)。
初めての身内以外の人との対戦、14人中7~8位だったのに権利が降りまくってきて
全国大会に出場するもフルボッコにされた思い出が……懐かしい。

あれから早11年?
土曜は2週間ぶりのアクエリ公認で、勝ったり負けたりフルボッコにされたり
勘を取りもどしつつデッキを調整しながら、日曜日のグランプリ予選に臨みます。


10/28 カードキングダム伊勢崎店
参加者11人 勝ち残り4回戦(シングルエリミネーション?)
使用デッキ:黄単焼きニッサ
軽ブレ8フォルナニッサライストデュアルサンダーソニ剣。

①デュアルサンダーかライストかフォルナで焼きます。
②展開差をつけて、ブレイクスルーをちらつかせながらアタックします。
③ニッサを立てたりソニ剣撃ったりして、相手のデッキを減らします。
勝ち筋が明確なので好きです。
やれることが少ないので、この勝ち筋が通用しない相手には勝ちにくいかも。

1回戦:白単fortissimo
先攻
先に焼いて殴ってダメージアウト。
勝ち
その後のフリープレイではエキストラ対決、そに子vsファントムブレイカーで
マエストロ握った仁科美琴にフルボッコにされました。

2回戦:黄緑ビートダウン
後攻
ラグナロクのファイアーボルト(2F2C▼キャラに1ダメージ)で
勢力のディーラーや支配の幻獣召喚師を焼かれて、展開差をつけられる。
バインドチャージ立てられた返しにニッサ立てて牽制。
この時はこちらのほうがデッキ枚数多かったけど、場は完全に負けてて
返しにヨコで殴られていくつかアタック通して勢力も沸いて、デッキ差がなくなる。
お互いパワー差してある支配キャラ1体でこちらのターン、勢力には青と黄のドロー。
被ダメージ9点なので、青のアタック通して2枚キャラでブロワーが重ならなきゃ死ぬ!
って場面で、トライメイド、ブロワーと沸いて九死に一生を得たので
手札から軽ブレイク広げてなんやかんやして相手デッキアウト。
勝ち
これは負け試合でした。運が良すぎた。
「軽ブレ経由せずに焼けるとか、ファイアーボルト強すぎだろ!」って言ったら
「ヴァルキリージャベリンというカードがあってだな」と言われて正気に返るなど。

ここで全勝が3人になったので変則勝ち残り戦。
遠征で来てくれた方もいたので、権利戦くらいスイスドローでやりたいなって思った。

3回戦:緑赤オアンネスチャルチ
後攻
3ターン目のデュアルサンダーを中臣祓詞で切られる。
しかし相手も返しに大きな動きはなく、次ターンのデュアルサンダーは通って
ドローを減らしたからオアンネスも引かれずに済み、フォルナ立ててまた焼く。
相手軽ブレイクの耐久3がでかくて、ソニ剣が引けないので
こちらの軽ブレイクのアタックを相手キャラで相打ちにとられながら
パンプにビビリつつパワー2~3差しのフォルナも小突いたりして
互いに支配キャラと残デッキが少なくなったところでニッサ立てて
相手勢力アタックでデッキが削れてデッキアウト。
勝ち
焼いた割には苦しい戦いだった。緑サイズでけーよ。

4回戦:緑赤みやこ
後攻
3ターン目のデュアルサンダーを中臣祓詞で切られる。中臣つえーよ!
バロン立てられてパワー差されたので、どーすっかなーと思ってたら
フォルナを引けたのでドローを焼く。みやこを引かれる前に殴る。
返しにみやこ立てられなかったので、ソニ剣引けないけどヨコで殴ったり。
自分デッキ25枚、相手デッキ20枚くらいで、こちらニッサ立てて一旦場が膠着。
逃げ切ろうかと思ったけれど、ソニ剣2枚引けたので殴りはじめる。
サヴィッジ中臣ラプラス固め撃ちされてニッサが落ちて、チャージ消されるも
全員殴りきって相手のパワーカード0枚にして、ソニ剣以外手札全部差して
次ターンにブレイクのいない場をソニ剣で6点通してデッキアウト。
勝ち
ニッサが強かった。
パワーカードを差す場所が所々怪しかったので、次ターンの動きをもっと考えないと。


結果:4-0(優勝)
環境が変わる前に権利取れてよかった!
青vs緑と、緑vs緑の対策やプレイングに自信がなかったし
みんなアイアコスやラーズ意識して、焼きとかそんな見てないっしょ!
って思ってたら、中臣さんがちょー強くて困った。メタ読み間違えたんかな。
白(予知メイド)はいないだろって読みはあってたと思うんだけど。

軽ブレ10枚相当いる黒と当たったらきついなーってのと
ラーズのウォリアー横取りが怖くて、ダークサイドウォッチャー採用したんだけど
試合してて、ライスト撃って自分が得する場面が少ないように感じたので
ロイヤルプリンセスやスペース・フロイライン(ステルスコート対策)の採用も検討?
打点3ドローは強いけど、ロイプリあまり好きじゃない。チャージブレイクは正義。
軽ブレイク10枚体制も悪くはないけれど、他に抜きたいものが無いのが困りどころ。


……という、いまさら冥烙環境での大会レポな備忘録でした。
明日はもうひとつのお気に入りデッキ、黒単リュイリールのレポを書くかも?
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。
最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]