忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
キャアアアアアアアア!!!!
イヤアアアアアアアアアアア!!!!!!!!
(公式ブログの「クロスロード」拡大画像を眺めながら)

極楽院櫻子先生のオリオンですよ!! 要と直哉と中浦先生とつかさと一心さんとまなですよ!!
最近のアクエリで、極楽院櫻子先生のイラスト見なくなったなーセキレイで忙しいのかなーとか
ギャラクシー以降、正規エクスパンションで男キャラが収録される気配すら無くなったなーとかで
もう、オリオンの少年たちの今後の展開はないのかな……と、諦めていたところにですよ!
これはなんだ。ご褒美か。嫁スタンで直哉を使いつづけた俺へのご褒美ですか!!
勇気さんありがとうございます!!(勝手にお礼を投げつけるスタイル)


さて、4月の公認はできるだけ参加したいなーといったところで。
まずはCC1日目のレポでも書いていきますよー!
 
ノンパートナー3回戦
使用デッキ:白単お散歩コントロール

1回戦:黒単ィミラプスクランブル(血石の水さん)
先攻
じゃんけん負けたら先攻を渡されたので、血石さんの過去のデッキ選択から
コンボパーツを集める系のデッキか? と勘繰るも、黒キャラ放置黒キャラ支配スタート。
ラプンツェルが3F1Cになるのと、デッキ的にバゲットエンジェルが面倒だなと思いつつも
しっかり展開して3ターンバニーから、ゆっくり優位とって殴ってダメージアウト。
勝ち
対黒は有利という意識があったことと、先攻もらえたことで、落ちついてプレイできました。

2回戦:赤単紗綾(げそPさん)
先攻
初手チェインバー、運命、バニーがあったので、3ターンバニー確定コース。
相手は2ターンキャラ支配でターン渡してくれたので、赤ドローをバニーで横取り。
その後もさらにチェインバー支配しつつ、真純ブレイクから縦差しして殴ってダメージアウト。
勝ち
ここ一番で、先攻とれたときのテンポの取りやすさを発揮できたのが良かったです。
大会前に、CC2日目に残るには「WISPさん、こたつさん、げそPさん、あと一人」の
その一人に残らないといけないなと思っていたので、大きな一勝。

3回戦:黄単シルマリルジャンヌ(緋村さん)
後攻
ノンパで黄単は使われないという読みでのデッキ選択だったので、相手の初手を見て驚き焦る。
真純バニーは積極的に埋めて、手札の白テュルテとビキニを残して1ターン目を終えるも
2ターン目でどちらか埋めざるを得なくなり、ビキニを埋めて白テュルテを握る。
3ターン目、相手が軽快に横展開して、パワー3のピルグリムを作った返しのターン。
サイファーを引きこんだので、サーチテュルテからサイファー→青テュルテを狙うも
レスでジャンヌを着地され、コストを払われ、おいしい焼き対象がなくなってしまう。
このあたりで盤面不利になり、相手はすぐに殴ってこずにじわじわと盤面を良くされて
こちらもテュルテとジャンヌ相打ちとか欠片もおいしくないのでアタックできず
相手の盤面に効くコントロール手段もなく、アルビノか2枚目のビキニを待つも引けず
十分な盤面が整ってからリーパーとジャンヌおかわりを絡めて殴りきられてダメージアウト。
負け
メタ読みからデッキ選択から勝ち筋まですべて裏をかかれて、すっきり負かされました。

パートナー3戦終了時で2-1。
思っていたよりよっぽどいい成績にびっくり。白単にしてよかったーと安堵していました。
でも特に決勝などは意識せず、リラックスして臨めていたように思います。


ノンパートナー3回戦
使用デッキ:黄単シルマリルジャンヌ

4回戦:黄単シルマリルジャンヌ(あっとけいさん)
先攻
じゃんけん勝って、青緑ドロー放置黄ドロー支配。
相手はスパルタ教官放置、黄精神1とPSIエンジェル支配。
お互い軽ブレ経由してキャラ広げて迎えた、先攻3ターン目。
どう見ても自分の盤面のほうがライストに弱いので、パートナーのシルマリルを引くがリーパーされる。
返しに相手にシルマリル引かれて立てられて、ライストが飛んでこなくてホッとするも少々厳しい盤面。
こりゃジャンヌあと2枚くらい落ちないと……と勢力をめくったらジャンヌが2枚落ちて計3枚に。
端から殴ってペネって、相手のダメージにジャンヌもおちるけど構わず殴って
相手の勢力に沸いたピュリファイシスターだけピルグリムで丁寧に横取りしてターンを返す。
そしたら相手の勢力でまたピュリファイ沸いてがっかり。そしてジャンヌ2枚状態で殴られる。
こちらの勢力フェイズ、ダメージ判定が運良く9点で止まって迎えたメインフェイズ。
相手 セルフィッシュ(1)、シルマリル(1)、ピュリファイシスター(2)
自分 新人ボイス(1)、ピルグリム(1)、狩猟エルフ(1)、PSIエンジェル(1)
相手ダメージは8点なので、端から殴ってパワー0にして、相手勢力の青緑▼4点に賭ければよかったものの
1点でも多く通したくて、アタックピュリファイガードレスジャンヌで超えようとしたら
シルマリルにブレイクスルー消されてこちらダメージ10点という、お笑い物のプレイミスで終幕。
負け
ゲームエンドから10分くらい、「ひどい」とつぶやき続けて、この世の終わりのようにへこんでいました。
でもまあ、こういう大舞台でひどいプレイミスをしてしまうのが、自分の実力なんだなと。
応援してくれたひと、調整に付きあってくれたひとには本当に申し訳なかったです。

5回戦:黄単シルマリルジャンヌ(こたつさん)
後攻
後攻とらされた上に、キャラの沸き方が連鎖せず、黄キャラばかりでヨコに広がらない。
3ターン目終了時にわりと展開差があって、マトモにやりあったら勝ちにくい状況。
こちら盤面4F7C、手札にジャンヌリーパーリーパー。しかしダメージは3枚。
相手ダメージ4点なので、相手勢力の魔女メイドにあわせてリーパー2枚8点ぶち込んでも足りなそう。
とりあえず握りながらゲームするしかないか……と思っていたら
相手勢力のスカジャンタイガーがダメージ3枚を叩き出し、相手ダメージ7点。
降って沸いたチャンスに思考の切り替えができず、続く魔女メイド2点本体をスルーしてしまう。
そこで勝ち筋をなくし、あとはブルマートライが素体のセルフィッシュ+ピュリファイシスターに
うまく殴られて、キャッチしかたも間違えてどんどん不利になりダメージアウト。
負け
改めて考えてみたら、3/3ダメージ後の8点だからダメージ率はそんなに高くなくて
やっても無理だったろうから、仕方ない。と、当日は思っていたのだけれど。
いま思えば、魔女メイドにリーパーしたら相手はレスジャンヌするからそれにレスジャンヌすれば
あとから出てきた相手のジャンヌはダメージに行くので、スカジャンの勢力とあわせて
5/11ダメージなら勝ち筋になっていたのに。これならありえない数字ではない。

その後、こたつさんには
「手札にジャンヌリーパーがあるなら、そんな通らなきゃ負けのぶっぱはせずに丁寧に戦うべき」
と言ってもらったけど、ここは盤面不利だしやっぱりぶっぱして良かったと思う。プレイングの違いかなあ。
どちらにせよ、咄嗟の判断ができなかったことも、状況を悲観しすぎてヨコの受け方を間違えたことも
前の試合の負けを引きずっている、自分の弱さが出ました。メンタルが弱い。

6回戦:黒単ミカエル(勇気さん)
後攻
初手新人ボイス+黄精神1スタートするけれど、勢力があまり強くなくて程々の展開。
相手が3ターン目から殴ってきたので程々に通して、パワー2のエンジェルメイドは新人ボイスで討ち取る。
返しの後攻3ターン目、シルマリル立てたいけど立てるとどう見ても補給が足りなかったので
リーパー握ってたことに安心して、補給伸ばすだけ伸ばしてエンド。
相手がミカエル引いたので、白▼にあわせてリーパーすれば、手札にはパニッシュメントアサルト。
相手盤面6コスト。勢力▼を全部通して、黒▼で相手ダメージ10点に。
勝ち
勢力生き延びられてたら、PSIと新人ボイスがペネるっていうギリギリの勝ち筋はあるもほぼ負け。
こちらのキャラが少ないとはいえ、パニ警戒して黄ドローで小突くくらい当然するべきでした。
勝ちを拾えたものの、中身はあまり良いものではない。


結果:3-3(6位)
とまあ、こんな感じで俺のチャンピオンカーニバルは終わりました。
負け方が、あっぱれ、ひどい、プレミだけど難しいし普段の俺でもできないだろうから仕方ない
の3本立てだったので、まあ、ひどい負け方をしなければあるいは……という思いもあったけれど。
それよりも、こういう大舞台でプレイミスをしてしまう自分は、CC2日目に残る資格はないんだなあ。
と、諦めにも似た感情で、選手会場から応援席へと移ったように結果発表を見守っていました。

こうやって、俺が尊敬するプレイヤーさんたちを応援するのと同じように
地元の友人たちが俺を応援してくれていることに、前日くらいにようやく気づいたんだけどw
だから、胸張って地元に帰りたいな、なんて思いもあったけれど、結果は結果なので。
ま、去年の16人中10位よりは良かったさ、と自分を慰めつつ。
会食に向かう頃には、ただのファンとしてCC2日目を楽しみにしている自分になっていました。
以降の楽しいことがたくさんあった日記はまた明日。
PR
チャンピオンカーニバルに参加されたみなさま、おつかれさまでしたー!
本当に楽しい2日間でした。遊んでもらったみなさん、ありがとうございます。

またとない機会を体験させていただいたので、たっぷりレポを書いていきますよー!
まずはサバトで権利を獲得してからCC当日までの、デッキ選択の話から。


・サバト後~CC構築ルール発表まで
今年のCCは両方ギャラクシーのパートナー、ノンパートナー2デッキ制と予想し
GCTやサバトでも結果を残し、自身をCCに導いてくれた黄単シルマリルジャンヌと
新人ボイスエンジンを黒単に採用して、ダメージ置き場が手札になるラプンツェルを投入した
黒単ィミラプスクランブルの2デッキを使用予定でした。

サバトでカラさんが使った圧縮ジャンヌへの解答となるィミとラプを8枚積みながら
自分がやりたいこと、打点の高いキャラクターでヨコで殴るが実現できるデッキ、のはずでした。

……が、その後のCC構築ルール発表で、同じキャラクターを4枚までしか使えないことに。
GCTを通して使ってきたデッキの経験地や安心感があるので、黄単シルジャンヌを続投して
ノンパートナー側のデッキを模索することになりました。


・年明け~CC当日まで
ノンパ環境でまず考えたのは「圧縮ジャンヌに不利がつかない」こと。
とりあえず、ィミラプデッキから新人ボイスとPSIエンジェルを抜いたデッキを回す。弱い。
これでは困るので視点を変えて、ノンパで新人+PSIを使用するパターンも考えておこうと
パートナーの使用デッキ候補に、レシピがかぶらない青単焼きアヴァロンや緑単アイアコスビートを用意。
これらを回してみる。弱くはないけど、使いこなせていない感がパない。
「パートナーを黄単シルジャンヌ」から変えるのは最終手段として、ノンパ側を詰めることに。
これが年末あたりのできごと。
 
しかし、ノンパートナー環境がわからない。
サバトの結果では圧縮ジャンヌもメアリもいそうなので
「タテにもヨコにも強い紗綾だろ!」と、赤デッキを詰めることに。
新人ボイスが積めないので、他にエンジンになるようなカードを探して
切火アヴァロンカチ盛りの、アタックしてアドを得ていくデッキを作成。
しかし、相手の盤面に触れられないのと、エンドパターンのキムユーファが貧弱だったので解体。
これがCC1ヶ月前くらい。

このあたりで、環境が読めなくて半ば投げやりに
「お散歩従士が4枚しか入らないなら、パートナーにライストでノンパにメテバ! どっちか通る!」
という乱暴な考えのもと、天使アイコンの黒単ィミスクランブルを作成。
動きは大好きで、使ってて楽しいのが何よりモチベーション維持できたし
ィミならプレイングの経験値も生きそうで、現環境なら意識されにくいメタ外だと思ったけれど
苦手だろうと考えられる仮想的の白単お散歩コントロールに3-7くらいで不利。
先攻から2連敗とか平気でしてたので悶絶。これがCC2週間前くらいかな?

仮想的のはずが、白単使ってるときの強さや安心感に惹かれて
新人ボイス抜きの白単を試してみたところ、今度は黒単が3連勝。
チェインバーメイド4枚待ちと8枚待ちの差は歴然ということを改めて認識したので
パートナー黄単シルマリルジャンヌ、ノンパ黒単ィミスクランブル
パートナー青単焼きアヴァロン、ノンパ白単お散歩コントロール
という2種類のパターンを用意したのがCC1週間前。

そろそろ迷走しだして、じゃあ白にも有利取れるデッキ考えようということで
「蜂蜜だ! 蜂蜜なら相手がヨコに広げてくればキャラ除去量で有利だし
 お散歩キャラ5体型なら、こちら6→4体、相手5→3体でも相対的に有利!」
と、蜂蜜ヴァイタルランデヴーな緑単コントロールを詰めることに。
大型がアシュタルテーかネモノワかアイアコスか秋緒かで悩んだんだけど、それ以前に
蜂蜜がライストと違って、序盤に撃てれば強いけど中終盤に撃っても弱いことや
白単と比べて、キャラ1体の補給点数が1点しかなくて、どうしても動きがカツカツで
相当勝ちにくいことに気づいたのが、CC前日のできごと。

就寝前に黒単のレシピ書いて、翌朝に白単相手に回して0-5という悲劇に見舞われたので
「もういいよ! ノンパ白最強だよ白使うよ!」と、黒単のスリーブと入れ替えて
急いでデッキレシピ書き直したのが、CC1時間前のできごとでしたとさ。


そんなこんなで慌ただしく出かけて、電車乗り継ぎを間違えたせいもあり
集合時間ギリギリ1分前に会場に到着したのでした。
長くなったのでレシピは次の記事で。
行ってきましたベルサール秋葉原!
サバイバルトーナメント19、優勝しましたー!!
チームのみんな、調整に付き合ってくれたみなさん、対戦してくださった方々
本当にありがとうございました!!!

それでは、足早にレポー!
対戦内容以外のよしなしごと的な日記はまた後日。


サバイバルトーナメント19(パートナースタイル)
使用デッキ:黄単シルマリルジャンヌ
博多で入賞した時からキャラ1枚レベルで調整して、結局元に戻りました。
軽ブレ少なめ青緑ドロー多めで、▼放置や連鎖を起きやすくしてキャラで展開して
精神0チャージ積まずに精神1チャージ多めで、いつでもペネ要員支配できるように。
これが自分のデッキらしさかな! あとはよくある新人VAエンジンのジャンヌです。

1回戦:不戦勝

2回戦:緑単オアンネス
後攻
相手のパートナー確認して、メタ外だから思考停止、緑だしライスト通せば有利かなーと
キャラはそれなりだけど後攻3ターンライスト確定の手札をキープでゲーム開始。
互いに2ターンキャラ支配から、相手先攻3ターン目にお散歩従士が出てきて軽く悶絶。
(オアンネス見えたら、お散歩リングでキャラ5体運用を読まなくちゃいけなかった)
後攻3ターン目を展開するだけでターン渡して、返しにオアンネスリング完成する。
(リングまで読んだらチャージ消すためにシルマリル先出ししてもよかった。補給と相談)
後攻4ターン目にシルマリル立てて、黄ドローにマジソ貼って、ジャンヌ握ってエンド。
そしたら返しにアシュタルテー降ってきてマジソキャラのパワー剥がされてさあ大変。
精神攻撃もいないので、マジで「死んだかなー」と思いながら盤面のコスト数えて
打点7のオアンネスアタックをキャラガードレスジャンヌして一方殺、ダメージに落として
パワー1のPSI2体でシンクロ8点+シルマリルエフェクトでバインド消しを用意する。
これで相手が固まってくれるかなーと思ったら、相撃ち覚悟で殴ってきたので討ち取る。
相打ちにとって盤面コスト0、返しのこちら勢力▼はキャラ2枚で生き残る。
あとはパワー散らして精神攻撃支配して、相手のアシュタルテーとシルマリルが相打ちして
コスト溜めてペネトリーパーぶっこ抜いてダメージアウト。
勝ち
アシュタルテーのエフェクトをうまく使われたら負け盤面でした。
チーム4―1で勝利

3回戦:黄単サンタジュエル
先攻
相手迷った末にマリガン無し、こちら黄白キャラ2体支配+▼2体放置とベストの初手。
相手黄ドローと超祝福艦隊支配エンド。おっさん採用型のジャンヌかな? なんて思いつつ
(パートナーのサーチフォルナとおっさん見えた時点でサンタジュエルを読まなきゃ)
こちら2ターン目勢力▼がしっかり連鎖して8点もらってキャラとジャンヌが落ちる。
次ターンにガッと殴るために手札全差しからキャラ3体支配してエンド。
相手2ターン目、軽ブレから黄キャラ支配で3F用意してエンド。
ここでようやくサンタジュエル型フォルナだと気づき、ターン渡したら死ぬことを理解。
相手は3F+おっさんオフェンシブが必要=ガードできないので全力でフルパン。
17点通してダメージ6。返しの相手勢力で3ドローで引きこんだリーパーをあわせて
手札のサーチフォルナを落としつつダメージ溜めて▼キャラ沸かせてダメージアウト。
勝ち
3ターン目に轢き殺してくる相手に、先攻からベストの動きができてよかったです。
チーム4―1?で勝利

4回戦:黄単シルマリルジャンヌ
先攻
お互いのパートナーを確認、ため息と共に先攻に感謝。相手マリガン。
こちらキャラ2体支配1体放置、相手キャラ2体支配のみとデッキ的には苦しい初手。
こちら勢力はあまりキャラを呼ばず、黄キャラ1体下ろしてエンド。
相手2ターン目もキャラ2体支配エンドだったので、こちら軽ブレから3ターンライスト。
ライストで流れないスパルタ教官が継続的にキャラを生みつづけるので
展開差つけてしっかり殴りきってダメージアウト。
勝ち
ミラーの時にじゃんけん勝てる流れが強かったです。
チーム3―2で勝利

5回戦:白単ホライゾン
先攻
初手で軽ブレとマジソどちらを残すか悩んで、マジソ残してキャラ2体支配1体放置。
黄キャラ放置だったので連鎖が見込めず不安でしたが、相手は白ドロー支配エンド。
こちら勢力▼でジャンヌは落ちないけれど、先攻の権利、PSI2パン。6点中5ダメ。
相手2ターン目には他色キャラも支配されて、こちらもジャンヌは落ちないままだけれど
ダメージ率が高かったのでそのままフルパンして、相手勢力▼でダメージアウト。
勝ち
運が味方してくれた部分も多々ある試合でした。CCでは改めてよろしくお願いします。
チーム3―2で勝利


結果:チーム4-0、個人4-0(不戦勝除く)で
サバト優勝することができました!!
改めて試合内容を見ると、強い相手に先攻とれたのがやっぱり大きいのと
調整時に「こうされたらこうする」を詰めきって、自信を持って大会に臨めた分
想定外の相手に対する読み、予測が足りなすぎる面も露呈してしまいました。
このあたりは自身の課題として、今後に生かしていきたいです。

またのちほど、アクエリ武者修行の旅あるいは今年のまとめを書きますので
今日は足早ですがこのあたりで失礼しますー。
おはようございます、かんすわです。
なんだか寝つけなかったので、GCT博多のレポでも書くことにします。

というわけで、行ってきました博多ー!!
博多駅に着いた途端、改札からエレベーターから会場前から見知った顔ばかり。
アレここ博多だよな? なんて思いつつも、遠征を重ねた中でお話しするようになった方もいたりで
今年はアクエリ充してるなあ、なんて感慨に浸りつつ。
今回は権利書が無いので、1回戦からの参加です。


使用デッキ:黄単シルマリルジャンヌ

4 新人ボイスアクトレス(デッキから▼キャラを呼ぶペネ要員)
1 サイボーグSWAT(素体にできる支配しやすい▼3点)
1 スパルタ教官(焼かれない横取りされない▼2点)

3 バチカン衛兵(白から連鎖する▼要員、セルフィッシュ素体ドロー)
2 ディーラー(白から連鎖、ラーズレヴァされないシルマリル素体ドロー)

3 カロン(白から連鎖、放置しやすい冥界対策ドロー)

4 PSI・エンジェル(2点補給で精神力2のペネアタッカー)

4  ビッグフェアリー(シルマリルピルグリム素体、精神力1のペネアタッカーは)
4 狩猟エルフ(シルマリルセルフィッシュ素体、いつでも支配したいので)
2 戦輪戦士(軽ブレ素体、10枚積みました)
4 魔女メイド(ラーズレヴァされないシルマリル素体ドロー)
3  マルチウェポンメイド(軽ブレ素体ドロー)
3 プリペアーファイター(サーチ要員、場に出たら素体。支配するととても弱い)

4  ピルグリム(ラーズされない1Fチャージ)
2 セルフィッシュウォリアー(サーチできる後攻1Fチャージブレイクスルー)
4  ラ・ピュセル“ジャンヌ・ダルク”(▼放置や引いたら特攻でダメージに落とす)
1 エルヴン・ユナイト“シルマリル”(P)(相手のやりたいことをさせない)

3 マジックソードブレイカー(うめメアリホライゾン対策)
4 ライトニングストーム(序盤中盤終盤、アドとれればいつでも撃つ)
4 グリムリーパー(大量パンプとハンデスを状況に応じて)


パートナーにシルマリルを添えて、相手の妨害を防ぎつつ
あとは前向きにキャラビートに寄せたタイプですね。
デッキ解説はまた後日書きます。


1回戦:黄単シルマリルジャンヌ
大分の若手プレイヤーさん。いつもブログ読ませてもらってますーなんて互いに挨拶。
先攻
こちら新人VAこそないものの、2体支配1体放置から無難に展開。
2ターン目にピルグリム立てて3F作った返し、相手の勢力▼が2ダメージ。
そこからキャラ支配のみで2Fでターン返ってきたので、安全にシルマリルブレイク。
その後はライスト引き待ちながら互いに広げて小突いて、数ターン後にライスト引いて優位に。
あとはペネトリーパーぶっこ抜きに注意しながらパワー溜めてガッと殴ってダメージアウト。
勝ち
後攻ミラーで勢力事故やっちゃうと、きついですよねーなんて話しつつ。
大分のアクエリ界隈のお話を聞かせてもらいました。盛り上がってるようです。

2回戦:青単焼き
またまた大分の若手プレイヤーさん。こういう方と対戦できると、遠征した甲斐があるというものです。
先攻
こちら新人VAこそないものの、2体支配1体放置から無難に展開。
相手2Tキャラ支配エンドから、こちら軽ブレ立ててエンドレスにレヴァ撃ってくる。
互いにキャラ支配して帰ってきた4ターン目、パートナーのシルマリルをドロー。
相手手札2枚。ラーズがあってもレスジャンヌで1F増やせる盤面と手札だったので
さっきの2ドローがラーズラーズかレヴァラーズじゃなきゃ通るとシルマリルブレイク。これが通る。
そこからは優位を築いて、ジャンヌ落として殴ってダメージアウト。
勝ち
正直、じゃんけん勝って相手の2ターン目があまり強くないのに救われた感はあります。

3回戦:白単真純コントロール
某四国のZONE店長さん。和やかーに挨拶しつつも、キリキリと胃が痛みます。緊張。
先攻
こちら新人VAからの綺麗な立ち上がり、勢力連鎖もほどほどだったような。
相手2Tキャラ支配で推移するも、こちら3Fそして支配キャラには魔女メイド。
パワーが潤沢(確か3F6C)なのでセックスはケアできるのですが、解雇はケアできない盤面。
シルマリルレス解雇レスジャンヌで1F増やす動きも見せられるし(握ってなかったけど)
解雇は4投されるカードではない! と思い切ってブレイク。これが通る。
その後は▼キャラ下ろさないようにしながら、パートナーの真純を置物にしつつ
ドローをガッと下ろした返し、真純を引かれたので勢力でX=2のグリムリーパー。
手札が真純真純テュルテテュルテだったので、盤面にタレントネーム無しを確認して真純2枚捨て札。
これが効いて1ターンスキップした形になり、返しに殴ってダメージアウト。
勝ち
対白でしっかりグリムリーパーを撃てたのが強かったです。

4回戦:青単焼き
博多の優勝者、こたつさん。他地区でもコンスタントに上位入賞している方が相手です。
後攻
初手がサイボーグSWAT、カロン、魔女メイド、ピルグリムだったのでマリガンしたら
サイボーグSWAT、カロン、魔女メイドまで一緒、ピルグリム無しで帰ってきました。
しぶしぶ2体支配1体放置をするも、2ターン目に支配できたのも▼持ちキャラばかり。
先攻3ターン目にカリバーンで半更地、そこから粘ったけどしっかり更地にされました。
負け
ほんっとこたつさんには勝てない。体感勝率3割切ってる。

5回戦:白単愛沢
今年のGCT遠征でも各地でお会いした方。お互い3勝1敗、ここが正念場です。
後攻
相手2ターン目にキャラが止まり、先後が逆転する形に。
こちらも勢力展開でキャラは伸びないものの、ジャンヌが早々にダメージ置き場に。PSI2体支配。
先攻3ターン目、相手白キャラ2体セットして1体支配、▼なしキャラを放置という
いかにも不穏な動きにも関わらず、ペネ点数のみを計算してPSIからアタック。
残パワー1のPSIをガードレスにサイファー降ってきて、だいぶ不利な交換をしてしまうも
ペネ分は通ったし、相手盤面がつらそうなのでフルパン。10点通って相手勢力込みで7ダメージ?
しかし3F1Cから愛沢下段立てられてチャージ3と、補給が整いつつ
お散歩従士を支配されて、ペネトリーパーぶっこ抜きが狙いにくい状況に。
それでもペネは通るので、アタックしながら継続的に▼無しキャラを支配して殴ってダメージアウト。
勝ち
先攻3ターン目の不穏なキャラ支配に、サイファーがあるとわかって殴って10点通したならいいんだけど
殴ってみたらサイファー降ってきちゃったけど結果的に10点通った、なので、そこは自分が弱いですね。


結果:4-1(準優勝)
オポが高かったようで、2位になれました。嬉しいです!
内容を見ると、まあ先攻になった試合は勝って、後攻になった試合は負けてるのですが……
こういう言い方はあまり良くないかもしれませんが、どれだけデッキを調整して臨んでも
じゃんけん大幅に負け越したり、後攻勢力▼がダメージしか生まない日っていうのは、確率的にあります。
なので、そういう日があっても割り切れるように、各地の大会を巡ろう、という思いもありました。
結果的に、最後の遠征で入賞することができたのは(実力以上のものですが)嬉しかったです。
「どこかの会場で、バラキエルSVF+VFを自力回収」という目標も達成できましたしね。

調整に付き合ってくれたみなさん、本当にありがとうございました!!


博多では打ち上げにも参加させていただき、空き時間にフリープレイも楽しめました。
翌日は観光、博多市内をのんびりと。本当に楽しく充実した2日間でした。
そしていま、そんな感慨にふける暇もなく、目前に迫ったサバトの調整にいっぱいいっぱいです。
CC権利をかけた最後の大会! 最後までやり尽くして、楽しんできたいです。
無限回収に夢中になっていたら大会レポ書くの忘れてました。
というわけで、公認+予選2回出てきましたー!

まずは土曜公認、黒単ィミスクランブルで3-0。
イレイザー足回りにして、後攻からでも捲れるか確かめたかったのだけれど
全部先攻とれて殴って勝ったのでなんとも。
とりあえずスクランブルは強い。スケイルドラグーンの枚数は調整かなー。

お次は土曜予選、緑単アシュタルテーで2-2。
先週、青単を使ってシルマリル+グリムリーパーに苦しめられたので
対シルマリルでもコントロールしたい! 緑デッキをテーマに。
一滴の蜂蜜+ミッドナイト・ランデヴーで、シルマリルを避けながらコントロールして
(ピクシーリングは3Fで撃てないのがどうしても気にいらなかったのです)
イノセントチャイルド+誓約のリングで、グリムリーパーを避けながらタルテー着地!
……というデッキを考えたのですが、ちょっとやりすぎだったので(主に誓約のリング)
もうちょっとマイルドに調整して挑戦。しかしイマイチな結果でした。

後攻から、3ターン連続キャラ支配しかできなくて負けた試合があって。
黄や黒は、後攻時に1F軽ブレ相当が10~16枚待ちくらいの期待値があるけれど
緑は、たとえば軽ブレ8枚なら、どうなっても8枚待ちなんだよね。これは弱い。

というわけで、大分の緑使いさんにも影響されて
ミニチュアプードル+サヴィッジ・ムーンを投入し、軽ブレ10枚に。
瞬間的に2点補給って言えたら強いよね、という調整をして日曜予選、3-0優勝。
無事名古屋の権利を獲得できましたが、試合内容はというと相手事故が2戦。
マウントとってからの突破力に欠け、数ターンかけて殴り勝つような展開でした。
……うーん、ここでパートナーに1積みの秋月エリが生きてくるのか?
と参考元のレシピを見ながら試行錯誤中です。

黒や黄や青は、強いカードを上から順に積んでいけばそこそこデッキとしてまとまるけど
緑はいつも難しいなー。すんなり強いデッキが組めないや。


そうそう、先週は群馬予選ウィークでしたが、今週の土曜も予選があります。
そして翌日は第3次TokyoWars! つまり群馬予選に遊びに来れば
群馬予選→朝までアクエリ→TW予選3連戦、という夢のような2日間を過ごせます!
今回は、埼玉と東京から2名、群馬まで遊びに来てくれることになりました!
ちなみに私の車の定員は4名。つまり、あと1名分空きがあります。
「群馬から東京までは車で送迎してくれて、予選にも出られて
 そのうえ朝までアクエリができる。それなら、ちょっと群馬でも行ってみるかー」
なんて思ったそこのあなた! ぜひ、群馬まで遊びに来てくださいー!
(追記:募集は締め切らせていただきました。ありがとうございました)
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。
最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]