忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

緑黄魔王ビートwith回復力

2 護鬼“八瀬童子”
2 リトルマーメイド“オアンネス”
4 ルーフェンローレライ
4 トリートーン

2 魔王
4 自然の回復力
4 ラプラスの悪魔

4 ソニックブレード

1 サイボーグマッサージャー

4 山子
4 スク水タイガー
2 磯女
4 モードマーメイド
4 泡姫

2 ブロワー
2 ウォーターホールエルフ
2 バーキープ
4 トライメイド

1 スタートランスポーター


感謝祭おつでしたー!
今日は一日、緑黄魔王ビートwith回復力を回してきました。
GCT本選までこのデッキレシピで行く予定だったのですが……
デッキ構築もプレイングも、メタ読みさえも改良の余地がアリアリだったので
どうせいじるなら本日時点でのレシピでも載せておきます。
今日気づけただけで、感謝祭行けてよかった。

デッキの動かし方は、緑3F黄2Fたまったらソニ剣ちらつかせながら横で殴りはじめて
デッキ差つけたら、ラプラスで相手のチャージを消したり自然の回復力で粘ったり
相手のダメージが6点までたまればそのまま魔王撃って殴りきるのが勝ち筋です。
(このコンセプトで勝てなかったので、デッキ選択が環境に適してなかったとも言えます)


さて、それではまれかつカップのレポでも。
当日会場入りしていの一番に声掛けたのーてんさんが偶然フリーだったので
チーム組んでもらえることになりました。ありがとうございました!

1回戦:黄単フォルナ
後攻
初手キャラばかりだったのでマリガンしたら、緑キャラいなくなったよ。
後攻で1ターン遅れてはゲームにならず、先攻3ターンでストーム撃たれて殴られてダメージアウト。
負け(チーム0-3で負け)
マリガンの基準をプレミった……!
時間が余ったのでフリープレイでは、相手がラプラスへの応手を間違えたので勝ち。
応手を間違えられなければ、互角か不利かってとこだったかなあ。

2回戦:黒単天使
先攻
2ターンルーフェンローレライから綺麗に回って、軽ブレイクの出ない相手に
4ターン目にオアンネスにソニ剣撃って10点通してダメージアウト。
勝ち(チーム2-1で勝ち)
1年半前のサバトから数えて、やっとチーム戦初勝利!
すんなり回ると強いんだけど、そりゃどのデッキでも一緒か。

3回戦:黄単フォルナ
先攻?
お互い調子よく展開し、3ターン目に3点1パンを相手が通す→全部キャラで
返しに沸いたキャラを素体に軽ブレイクがもりもりと展開されてしまう。
展開差をつけられてしまったので、逆に殴られる形になってしまい
フォルナで黄ドローを焼かれながら、こちらはソニ剣を撃てず殴れない形になり
八瀬童子で自然の回復力を拾いながらフォルナを相打ちにとるも、横が止まらずダメージアウト。
負け
すんなり回ったのに負けてしまった。
この対戦で、デッキ構築もプレイングも環境に適してなかったって気づけました。
対戦後に軽ブレイク何枚入れてますかって聞いたら「11枚」だって。そりゃつええや。

その後は小休止ののちランブル、引き続き緑黄魔王ビートで4-1。
勝ち試合は細かく殴って自然の回復力打ってデッキアウト勝ちする、狙い通りの勝ちが2回。
負け試合は先攻4ターンパニッシュ撃たれて、なんとかファクター伸ばして自然の回復力撃ったら
もっかいパニッシュ撃たれて、セフィーロが止まらずダメージアウト。
ランブル後のフリープレイでは0-1。ミラーで先に殴りはじめて、ダメージ8までためるも
八瀬童子立てられてサイズで勝てず、青ドローでガード→ソニ剣で通されてダメージも拾われて負け。


とまあ、こんな感じで1日通して5-4でした。以下使ってみた感想まとめ。

・対黄
緑は固いのだけれど、青黄ドローが焼かれすぎてつらい。
ソニ剣撃てないのもだけど、なによりストームが怖くて強気にドローを伸ばせないので
展開差つけられてじりじり殴られて劣勢になる場面が何度もあった。

・対黒
今度は緑が焼かれやすい、っていうかパニッシュ対策が殴るしかない。4ターンパニッシュが無理。
スク水タイガーがいれば軽ブレイクからすぐ回復できるけど、所詮気休め?
青ドローとソニ剣で粘れると思ったら、セフィーロのブレイクスルーで抜かれちゃうんだよね。

・プレイング
やっぱり早く殴りすぎ。緑3F黄2Fあっても、まだ1ターン待ったほうがよさげ。
相手がまだ展開したいのかな? 自分だったらまだ勢力放置したいかな?
っていうときは、絶対にアタックしちゃいけない。
今日は先に殴りはじめたはずが、相手勢力にキャラが沸いて横にも縦にも広がって
いつの間にかマウントとられて殴られてる試合が多く、それが負けに繋がりまくった。
先に細かく殴るくらいなら、そのコストで横に広げたり縦のサイズを用意したほうが強いので
つまりこのデッキコンセプトが間違ってた。というのが今日のところの結論。

・デッキ選択
そもそも緑ってどうなん!?
マーメイドで組むと、軽ブレイク8枚しか入らないし他色ドローは素体にならないし
ラプラスは相手がドローかなり伸ばすから、撃ってもあまり効かないし
セフィーロとかラプラス+青ドローで相打ちや! と思ってたらパニッシュ緑が止まらないし
自然の回復力は、負け試合ではそれを撃つまでのゲームにならなかったし
そもそも青黒ドローが強い環境で、すでに緑黄で組んでるのにさらに青も黒もとか入らないし
環境に適してないってのはこういうことかなあ、と回しながら思った。


自分は、ラプラスがあるから緑を使っていると言っても過言ではなかったのだけれど
そのラプラス、ましてや自然の回復力まで使っても、プレイングに長けた黒や黄に勝てないとなると
これはいよいよデッキ選択を考えなくてはいかんな……!
とりあえず、回復力抜いて黒ドローと軽ブレイクでもムリクリ入れて回してみて
それでもダメだったら、あと1ヶ月黄単焼きでも調整しようかなあ。
ミラー連発しそうでアレだけど。

という感じで、非常に多くのことが見えたので、ホント感謝祭行ってよかったです。
あとは6月24日に休みをとるだけだ……!
PR
こないだスカイプで対戦させていただいた羽鳥詠瑠さんのブログに、リンクを貼らせていただきました!
霧の中の吸血姫
福岡県の女性プレイヤーさんで、獅子の戦旗からのアクエリユーザー。
ヴァンパイアやメガネ男子など、キャラ愛にあふれるデッキ構築ながらも
「メガネキャラが描かれたカード縛り」のなかでしっかり戦えるデッキを組み上げる情熱に脱帽。
アクエリブログは以前書いていたけれど中断していたそうで
主に対戦レポなど書かれるそうです。これからの更新を楽しみにしています。
コンバート落ちとか無視して白男デッキ(直哉少佐)組んでくるんで、またスカイプでやりましょう。


さて、今週末もアクエリ三昧。
エクストリームで最近お気に入りのデッキレシピでも載せておきましょう。


白単リアライザー

4 リアライザー“横井 蒔苗”
4 天才プログラマー“横井 蒔苗”
2 ジューンブライド“清川 理恵”
2 正義のヒロイン“ジャスティス ハート”
3 メカィアーリス プログレッシブタイプ
4 理容実習生
4 派遣社員

3 新世紀新人発掘オーディション

2 アサルトクルーザー“クラウディア”

1 学生マフィア
1 執事喫茶店員
2 ミニパト
2 傘メイド
1 トラベルバディ
1 眼鏡ッ子フリークライマー
1 怪盗メイド
1 学園祭メイド
2 コスプレ売り子
2 罰当たりロッカー
3 スペースクリーナー
4 セーラー・スーツ

3 魔法学院男子児童
4 妖怪タクシー
4 AIOS・TYPE-M


約束の世界で登場してから、ずっとお気に入りの白単リアライザー。
白単ならひまわり釘バットが自分の中で一番手だから、半分趣味デッキ扱いだったけれど
コンバートに併せて、ジャスティスハートとジューンブライド、新人発掘オーディションをを入れたら
わりとガチれるようになったので、最近はよく使っています。

長所は、最速2ターン目に天才プログラマーからメカィアーリスで1点焼きつつ
3ターン目にアタック6点オフェンシブorリアライザーからのコントロールの動きが
わりと現実的に狙えること。
欠点は、序盤にファストタイミングで動けるのがジャス子2枚しかないので
学園祭メイドを守るorコストを消費する手段が少ないため、ガン積みできないことですかね。
あとはいつも通りアイコン散り気味。怪盗メイド→少女運転手にしようと思ったら持ってなかった。


それでは土曜日のエクストリーム公認レポ。
4/14 コミかる堂高崎貝沢店
参加者6人:トーナメント3回戦
使用デッキ:白単リアライザー

1回戦:白単圧縮明音鈴
後攻
相手学園祭メイド支配、新米エスパー放置スタート。
こちらキネシュ警戒して、ミニパトと妖怪タクシー支配、AIOS・TYPE-M放置スタート。
相手転入生はなく3ドロー。勢力で転入生が落ち、新米エスパー支配エンド。
こちら2ターン目、勢力ダメージでメカィアーリスがダメージに落ちたので
罰当たりロッカーに理容実習生ブレイクが通って、天才プログラマー→メカィアーリスセットで
相手の学園祭メイドを焼いたところで相手投了。
勝ち
試合後にハンド見たらキネシュ持ってて「理容実習生のところで迷って打ちそびれた」とのこと。
俺はキネシュ(に限らず除去)はできるだけ早く撃ったほうがいい派です。

2回戦:白単真由美釘バット
レスポンスの応酬で、この日いちばんアツい試合でした。
先攻
こちら学園祭メイドスタートを見て、相手も学園祭メイドスタート。なにおう!?
キネシュないのバレてるのかもしれんが、あまり強気に展開されても困るので
相手2ターン目勢力の白馬将軍をジャスティスハートで奪って勢力展開を止める。
相手は困り顔ながらも、さらにサーチから学園祭メイドを支配。強気じゃあないか……!
こちら3ターン目、3Fから悠々と相手のパワー3の学園祭メイドをジューンブライドでブレイク宣言
→時の中の少女でカードをセットできず、俺のジューンブライドは、捨て札……!?
しかし、さらに追撃の手札からメカィアーリスでパワー2の学園祭メイドを焼く。こちらは通る。
その後は相手がひまわりブレイクした返しのターンにリアライザーからクラウディアセットして
2回アタック。7/5チブペネスルーが止まらずに、相手3F3C残しつつアタックを通す。
返しのターンに、勢力キャラに登校準備中真由美をブレイク宣言。
勢力キャラならひまわりのアビリティで防げないけれど、残り2Cじゃ真由美は出てこないし
アタックコストを残すためにスルーしたら、4F2Cからひまわりに釘バットブレイク宣言!
ダメージに見えてたのに完全に抜けてた……今度は焼けないので通すしかなく。
その上返しのこちらの勢力中に、相手の少女召喚術師からキネティックフィールドが戻る。
相手の場にネームは2体、こちらの場に傘メイドはなく。動きにくいけれどターン渡すと負けるので
2体のメカィアーリスでオフェンシブしながらアタックして、一方殺ながらも相手のコストを削りつつ
リアライザーか新人発掘を戻してクラウディアおかわりペネトレイトを狙うも、戻らず。
仕方なくリアライザーから肩代わりクラウディアアタック宣言したところに、キネティックフィールド。
次ターンからエフェクトが使いやすくなったから良しとして、パワー補給して
次ターンに備えたところで時間切れ。ダメージは3-8と優勢。
勝ち
相手のドローは有効牌がなく、チャージからひまわりECBでワンチャン
こちらは次ターンのドローにリアライザーがあったのでクラウディアおかわりが狙えましたが
最後までやりたかったなあって思うくらい、アツい試合でした。

3回戦:白単進藤家
先攻
こちらドロー無しスタート、相手学園祭メイド支配スタート。
こちら2ターン目のアグレッシブ3点が、リアライザージューンブライドリアライザー。勘弁。
3ターン目にようやく軽ブレイクから展開を広げられたと思ったら
相手は3ターン目に次女とひまわり。4ターン目には進藤四姉妹が勢ぞろい。
こちらも遅ればせながら学園祭メイドを支配してドローを伸ばすも
デッキに残り1枚のリアライザーとそれにアクセスする新人発掘オーディションを引きこめず
ひたすら軽ブレイクBCBとメカィアーリスおかわりオフェンシブ一方殺を繰りかえし
しまいには相手のアクトレスにリアライザーをコピーされ(!?)
2Cエフェクトでマシンを捨て札されながらすごいサイズの次女に殴られてダメージアウト。
負け
でもね、圧倒的不利な状況からでも挽回の一手を探してがんばることに意味はあると思うの。

結果:2-1(2位)
この日は白だらけでしたね。
2回戦の相手は「今日は記念デッキ」とのたまっていたのだけれど
ひまわりとか時の中の少女とかツアーバンドとか、完全にGP2ndのガチデッキだろと思ったら
美樹本晴彦画集発売記念の真由美デッキ(美樹本絵のコミュニケイトデバイス入り)でした。
記念デッキならターン渡してメインでも出させてあげようかな、とか考えなくてよかった。




続いては日曜日のギャラクシーレポ。
4/15 コミかる堂高崎貝沢店
参加者4人:トーナメント2回戦
使用デッキ:緑黄魔王ビートwith回復力
対黒と対赤緑のサイズゲーを意識して、飛刀族を投入。
緑キャラと精神0キャラを減らしたので、序盤の展開がもっさりした気がするけれど
ダメージソース27枚はこれ以上減らしたくないので、どうしたものか考えどころ。

まずは大会前のフリープレイから。
0回戦:緑赤みやこ
先攻
初手緑キャラがスク水タイガーだったので、青ドローと精神0チャージ支配してエンド。
2ターン目勢力のスク水タイガーが緑キャラを産まず、相手の壷振りをトリートーンで奪って展開。
相手も猫婦人をブレイクし、三鈷杵をセットしてくる。青ドローが殴れなくなる。
相手次ターンに猫婦人にバロンをブレイク。パワー3でターンを渡してくる。
こちら手札の回復力と魔王が腐り、仕方なく軽ブレイク+ソニ剣でバロンを討ち取ろうと目論むも
「レジスト緑ですよ」うわあすっかり忘れてた! ソニ剣無駄撃ち……
その後は黄ドロー+飛刀族を支配して討ち取ろうと方針を転換し、キャラ支配を伸ばす。
相手もこちらの青ドロー+ラプラスを警戒し、毎ターン1パンでじりじり削ってくる。
こちら自然の回復力撃ってソニ剣ラプラスをデッキに戻しつつデッキ回復したので
相手も決死でバロンアタック、青ドロー+ラプラスで相撃ちをとるも
獣性解放+バロンおかわりでさらに殴ってくる。チャンプガードでキャラが減る減る。
しかし相手もキャラが減ったので、返しのターンにデッキに戻したソニ剣が引けて
確かソニ剣撃って通してダメージアウト。
勝ち
アツかった。終盤は試合の流れ違ったかも、疲れててよく覚えてないや。

1回戦:赤青うめヴェルナ
先攻
今度は緑キャラが伸びるも、精神0チャージが広がらずに補給が足りず殴りだせない。
八瀬童子からラプラスを拾い、次ターンの刻印にあわせて撃ったりしながら攻防。
魔王やソニ剣をたっぷりコストに埋めて捨て札してからの回復力を十字祓で切られて涙目。
うめルビーロッドが完成するも、こちらもラプラスソニ剣握りながらアタックを仕掛けて
八瀬童子アタック→うめガード、チブ付与エフェクト→ソニ剣なんて謎プレイミスもしつつ
しっかりラプラス撃って一方殺とって、次ターンに回復力で戻したソニ剣2枚引けたので
八瀬童子にソニ剣→3C霊峰結界→軽ブレイクにソニ剣、で4点通してデッキアウト。
勝ち
これもアツい試合というか、デッキアウトギリギリの試合でした。

2回戦:赤単馬姐竜神
先攻
相手初手精神0ドロー3枚支配、チャージ4スタートするも
その後一向にドローが伸びず、赤キャラのアグレッシブ1点ではキャラも伸びず
そのまま横に広がったこちらのアタックを受けきれずにダメージアウト。
勝ち
ん、そういう日もある。

結果:2-0(優勝)
PR魔王がもらえました! 製品版のほうが絵は好きだけど、普通に枚数ほしいので嬉しい。
緑キャラを減らしたのは考えものだけれど、軽ブレイクさえ引けていればそう問題はないし
精神0チャージを減らしたのはちょっと問題かも。なんとかダメージソースを削りたいけれど
でもまあ、いまのところこれで勝ててるから、いっか? 
自然の回復力でキーカードをデッキに戻した後のドローの期待値の高さがヤバイ。超強い。


そんな感じで、週末のアクエリ三昧を楽しみました。
結局黒単相手に調整できてねえし……今度やるとき希望して相手してもらおう。
黒赤ツィオ

2 壷振り
2 尼法師
4 メイド侍

4 バチカン衛兵

2 スター・トランスポーター
4 ベイビーリザード
4 テクノクラフト
2 ショアードラグーン
4 ドラゴンパピー
4 カメレオンメイド

4 サンダードラグーン
4 トムボーイ・ドラグーン
4 海竜少女“ツィオ”
4 海竜戦士“ツィオ”
4 グレイドラグーン“ズィリーラ=ヴァルラ”

4 メテオバースト
4 孔雀経法


黒デッキの変遷 ~さよならノーチラス~

・ノーチラス*3→ズィリーラメテオバースト孔雀経法
ライトニングストームやメテオバーストなど、全体焼きへの対策として
孔雀経法や精鋭天使、アルウィーン下段など、シールド付与が流行している環境で
こっちが4コスト払ってノーチラス出して、相手は0コストや1コストで止められちゃあ
さすがに損だろうと。
同じ4コストを払うならば、プロジェクトタイミングで5ファクターとはいえ
相手キャラをだいたい2体持っていけるズィリーラのほうがコスト効率がいいし
青単ミーアなど、一刻も早くメテオバーストを撃ちたい相手や
黒単天使など、防御時に精鋭天使を使わせるために、メテオバーストを4積みにしたい。
相手も全体焼きを使ってくるなら、孔雀経法だって4積みしておきたい。
というわけで、ノーチラスはデッキから抜けました。さよなら白スク。

・アクロバット*2→ツィオ上下
ツィオ3積みじゃ、とても引けねえ!
あまりの引けなさに、一時はイレイザー軸からまっすぐズィリーラでいんじゃねってなったけど
それでは愛がないし、2段をどこまで実戦的に組めるのかも確かめたかったので。
まあ4積みだって引けないときは全然引けないんだけど、それでもプレイングの好みとして
3積みだから手札に握っておくより、4積みだから思いきってパワーカードに差すほうが動きやすいので。
あとはまあ、立てばおおむねどんな盤面からでも勝ち筋になるしね。
というわけで、個人的ご法度とも言えるギャラクシーのキャラを減らしてツィオ上下を4積みに。

おおまかなデッキの動きは、
対白青黄黒:まっすぐメテオバーストから、ツィオかノーチラス立てて殴る
対赤緑:メテオバーストはパワーに差して、ツィオかノーチラス立てて殴る
そんな感じで、いざグランドクロストーナメントへ。


4/8 トレジャーキャッツ前橋店
参加者6人:スイスドロー3回戦
使用デッキ:黒赤ツィオ

1回戦:青単ミーアレミリア
後攻
初手キャラとドロー軽ブレイクがいたので、よくばらずにマリガンせず。
お互い順調に展開し、相手先攻3ターン目に支配キャラの足湯魔女にレミリアブレイク。
即パンされたら嫌だったけどパワー4差ししたいためか殴られず。
返しの勢力チェックに、こちらパワー0の軽ブレイクにレミリアエフェクト→孔雀経法で防ぐ。
お互い展開で推移し、次ターンに引いたメテオバーストを撃って
相手のディーラーと山子壷振りを流して展開を止めつつ
次ターンにズィリーラ立てて面で殴ってダメージアウト。
勝ち

2回戦:緑赤みやこ
先攻
初手でズィリーラとツィオ上段どちらをパワーカードに差すか考えて
「早いターンに動くほうをとっておこう」とズィリーラを埋めてしまう。
以降手札に重なるツィオ上段とメテオバースト孔雀経法をパワーカードに埋めながら展開するも
一向にツィオ下段とズィリーラが引けず、展開を広げながら細かく小突く。
相手も序盤はつまずくも、自然の回復力撃ってみやこを立てたあたりから形勢が逆転。
こちらキャラ支配でドローを伸ばすもキャラしか引かず。パワーカードに流れるズィリーラ。
フルパワーのみやこをバチカン衛兵で止めようと試みるも、三鈷杵をセットされ殴りきられ
実質ラストターンにツィオ下段を引いて、勢力ダメージ判定の3枚がツィオ下段でした。
負け
これだから、引けないと勝てないデッキは……!
ツィオは立てられたら立てる程度で、しっかりズィリーラ狙って動かなきゃダメだな。

3回戦:黒単天使
先攻
相手が2ターン目にキャラ支配できず、支配キャラがエンジェルメイドと閉天使だったので
先攻3ターン目にメテオバーストで相手更地。
それでも後攻4ターン目に軽ブレイク2枚から展開して4ファクター確保するも
パワー采配が耐久1キャラに偏っていたので、返しのターンに再度メテオバースト。
精鋭天使を握っていなかったので通って、あとは殴ってダメージアウト。
勝ち

結果:2-1
権利とれなかった……!
まあ、デッキレシピは練れたけどプレイングが惜しかった。
今日の教訓:2段に頼っちゃいけない。


同日に公認大会(アルティメット)もあったので、いちばん自信のある緑単アルカードで参加。
とはいえ当たった相手は全員エクストリームだったのですが……
1回戦は緑単クレメンティーナ相手に、4ターン連続キャラ支配という超展開を広げるも
適宜サイレンヴォイスを撃って相手も止めて、2コストからクレメンティーナ下段が出た返しに
アルカード立てて引っぺがして殴って、相手勢力にベルゼバブ撃ってダメージアウト。

白単真由美相手には、相手がキネシュを撃つタイミングをミスったりしてる間に
先攻2ターン甘えさせ悪魔から超展開して、3ターン目から小突く。
さらには支配した見習いメイドにサイレンヴォイスまで撃って、サイズ差で殴る殴る。
真由美着地した返しのターンに、アルカードもベルゼバブも引けなかったので
甘えさせ悪魔アタック→真由美ガード→ブラフマーの守護で4点通してダメージアウト。

んー、やっぱり「サイレンヴォイスを引けなくてもベルゼバブが引ければゲームになる」
「ベルゼバブが引けなくてもブラフマーが引ければ勝ち筋になる」ってデッキは使いやすいな。
ドローに左右されるデッキが本当に好みじゃないので、2段とかホントは性に合わないんだろうなあ。
まあ、ツィオは好きだから使うけど。辟易したらキャラビート使えばいいさね。
黒単エルゲディエル・水嶺ver.

3 ムーンライトエンジェル“エルゲディエル” ★
4 ムーンエンジェル“エルゲディエル” ★
4 デュナメイス
4 アークエンジェル

3 パニッシュメント・アサルト
3 精鋭天使
3 幽体剥離 ★

4 カフェメイド ★
4 ホムンクルス ★
2 エンジェル・ウェイトレス
4 ゾアントロープ ★
4 泡姫 ★

3 エンジェル
3 間欠泉ドラグーン
4 アルケー
4 エンジェルメイド
4 カメレオンメイド ★


絵師単デッキ、とまではいきませんが
水嶺環境までの早瀬あきらカード全8種を30枚投入した、半分早瀬あきらデッキです。
さて、そんな肩の力を抜いたデッキの動かし方はこちら。

・早瀬あきら絵のキャラクターたちを支配しよう!
自分の支配エリアの早瀬あきら率を高めるように、キャラ支配を進めてください。
敢えて勢力エリアに放置して、ツンデレ▼に殴ってもらうというのもオツな展開です。
パワーカードや捨て札置き場に早瀬絵のカードばかり、なんてのはもってのほかですね。
(精神0チャージがいないので、補給が薄くなりがちです。他色はがんばって支配しましょう。
 カフェメイドは▼要員として、16枚しかないイレイザー素体を生むために放置。重なったら泣く。
 早瀬絵のカードを支配or放置していれば、自然と序盤の展開は広がります。)

・早瀬あきら絵のキャラクターたちでアタック・ガードしよう!
せっかく支配した早瀬あきら絵のキャラクターたちを捨て札するなんて、とんでもない?
いえいえ、相手プレイヤーに攻撃したり、プレイヤーを守ってもらうのがキャラクターの役目です。
時には幽体剥離で自分のキャラを守りつつ、面でアタックを仕掛けましょう。
(このデッキの勝ち筋は、ぶっちゃけ精鋭天使と幽体剥離をちらつかせながらビートして
 パニッシュぶっぱかエルゲディエル縦差しビートの二択を迫るしかないので
 とにかく殴りましょう。幽体剥離はブレイク相手にほぼ使えないので注意)

・エルゲディエルをブレイクしよう!
このデッキのメインブレイクです! とにかく引いたら出しましょう!
青髪エルゲディエル1段には青髪エルゲディエル2段(サイン)をブレイクする、などといった
ファンデッキ特有の動きまで狙えたら素敵ですね。
(チャージ持ちとはいえ2F2C、3F2Cと重いし、出たターンに何もできないけれど
 2段ブレイク成功したらパワー0でターンを渡し、相手の足を止めつつ
 次ターンにビートしつつパワー4でエンド、次々ターンに+2/+2のキャラビートか
 パニッシュぶっぱの二択を迫れたら、そこそこ戦えると思います)


メテオバーストも選択肢には入ったのですが
耐久1が多く、赤ファクターが入らず、イレイザーアイコンも少なかったのと
エルゲディエルが明快な勝ち筋ではないため、パニッシュメント・アサルトを選択。
絵師縛りとはいえ、勝ち筋もあるし、ドローも14枚入ってるし
そこそこ戦えるデッキにはなったと思います。ただし勝率はすこぶる低い(当然)

いやしかし、最初はノリで組みはじめてみたものの
ドロー3種いるし、2段ブレイクあるし、水嶺環境でいちばん組みやすい絵師デッキでしたね。
今後の展望としては、冥王星以降で黒か青のキャラクター(できれば天使)が出れば
絵師的にもデッキ的にも、相当強化されると思います。
いつかカフェメイドが抜ける日が来るといいなあ。や、それでも絵師的に入れるか?


ちなみに他の絵師さんだと、西脇ゆぅり、椋本夏夜 、篤見唯子あたりが
次段でメインブレイクが出ると、アイコンは散らばりますが組めそうです。
逆に緋賀ゆかりや藤真拓哉などは、メインブレイクは描いているけどキャラを描いていないため
ギャラクシースタイルで絵師縛りデッキ、を組むのは当分先になりそうです。
ていうか、絵師単とか組みたかったらエクストリームとあわせるのが楽なんですけどね。
まあ、こんな感じでちょっと肩の力を抜いたアクエリも楽しんだ週末でした。
敬称略で失礼しました。
白単遊佐×翼

3 ライトニング・セイバー“東海林 翼” ★
4 病弱少年“遊佐 隆幸” ★
2 ハイランク・エスパー“夏目 やよい”&管理官“中根 衛” ★★
4 理容実習生
4 ツアーバンド

4 コミュニケイトデバイス ★
4 浴衣でのんびり ★
3 能力の目覚め ★

2 学生マフィア
2 執事喫茶店員
2 ジュニアアイドル
2 新米ソムリエ
4 ままごと執事 ★
4 少年ラッパー
4 罰当たりロッカー

2 導師
4 士官学生
4 白馬将軍
2 レイニーブルー天使


×に深い意味はない。
「ゆさ×つば」なのか「つば×ゆさ」なのかは意見が割れる所ですね、とかそんな話はさておき。

明日からは脳内がすっかり水嶺環境モードになると思うので、その前に
エクストリームで(ほぼ)アンコモンで組めるデッキでも書き残しておきましょう。
レアリティも併記してみました。男だらけですが、アンコモンで強いのが揃っているんですよ。
ギャラクシースタイルから始めて、エクストリーム対応デッキは持っていないという方も
ショップの格安シングルや、公認大会でアクエリプレイヤーから余剰カードを頂いたりして
安価でそこそこ戦えるデッキが組めるかも!?


それでは、デッキの解説でも。

・病弱少年“遊佐 隆幸”
・コミュニケイトデバイス
このデッキのメインコンセプトですね。
約束の世界発売後にはGP2ndのランブルで見かけて、先日のチャンピオンカーニバルでも
圧縮遊佐ラファールが上位入賞するなど、結果を残している強さ。なのにアンコモン。
デッキの動きとしては、2~3ターン目までに遊佐デバイスの完成を狙っていきます。
コミュニケイトデバイスだけ引いた場合も、2F4Cからセット→サーチ→ブレイクで完成です。
完成すれば、メインフェイズ終了時にアビリティでパワーカードが5枚刺さって
相手のターンに、コミュニケイトデバイスのエフェクトを使用してパワーカードを移動したり
デッキからスチューデントを持つカードをサーチして、遊佐のパワーを0枚にしておけば
相手のメインフェイズ終了時にパワーカードが5枚刺さります。
宝船もびっくりのチャージ10相当ですね。
あとは次のターンに、パワーカード10枚以上の盤面から
パワーカード移動してメインブレイク立てて殴れば、だいたい勝てます。


・ライトニング・セイバー“東海林 翼”
・能力の目覚め
このデッキのメインの勝ち筋ですね。
5F3C 6/5/5 オフェンシブ イニシアチブ ペネトレイトと軽くて強い。なのにアンコモン。
能力の目覚めは、1F3Cで精神力、攻撃力、耐久力のいずれか1つをファクター分パンプ。
少々重いですが、遊佐さえ立ってればコストはさして気になりません。
東海林翼はエフェクトの目標にならないので、先に素体にパワーカードを移動してから(ココ重要)
ブレイクしてアタックオフェンシブで能力の目覚めを手札に戻しつつ使用宣言すると非常にスマート。
攻撃力をパンプして2桁チブペネを2~3回叩き込めば、だいたい勝てます。


・浴衣でのんびり
このデッキのコンセプトや勝ち筋を支えるカード。
3F3Cでプロジェクトファストが使用宣言できない、アタック宣言エフェクト使用宣言無効化と
相手のターンに動きたいことをさせないカード。相手勢力フェイズに撃ちましょう。
浴衣の使用宣言が通るなら、それにレスポンスで遊佐のパワーを移動するのを忘れずに(ココ重要)
3Cが少々重いですが、やはり遊佐さえ立っていればコストは気になりません。
毎ターン連打しても気にならないのと、メインブレイクに除去耐性がまるでないため
1枚でもダメージに落ちてくれることを期待しての4積みです。
10月からの公認大会でさんざん配布したので、いまなら手に入れやすいカードでしょう。


・ハイランク・エスパー“夏目 やよい”&管理官“中根 衛”
ちゃっかり入ってるレア2枚。でもこのカードが重要なんです。
このデッキは殴り勝つしか勝ち筋がないので、アタックを止めるカード、例えば
キネティックフィールド、折り紙、サイレンヴォイス、次元の檻など……
現環境の各色でよく見られるカード1枚で、簡単に止まってしまいます。
そこを突破するのが、ハイランクエスパーの2つ目のエフェクト。
対戦相手の使用したプロジェクトファストエフェクトの効果を受けない状態になれば
相手のロックやパワコンを退けながら、アタックに移れます。
また、イニシアチブブレイクスルーで、自前でパンプエフェクトも持っているので
能力の目覚めが引けないと打点が足りない翼くんより、1枚で完結しているのが強み。
ターン終了時まで-2/+2/+2のパンプエフェクトも、デバイスのパワー移動でデメリットを補えます。
あとはアレ、好きなんですこのカード。元も子もないな。


ここからは足回りなど。

・理容実習生
2ターン遊佐を成功させるためのアビリティ0Cブレイク。
東海林翼とハイランクエスパー両方の素体でシールド持ちなので、パワータンクにして良し
能力の目覚めのパンプ分を増やすために、デバイスエフェクトから呼んできて良し。
圧縮白単では定番のカードですが、男デッキなので足回りも使いやすくなっています。

・少年ラッパー
エクストリーム唯一(?)の精神2男エフェクトコストバック。
相手勢力フェイズに遊佐デバイスからパワー移動→エフェクトコストバックで
浴衣でのんびりを手札に加えましょう。やりすぎると場のコストがなくなるのでほどほどに。
他色デッキに2積みなどで採用される優良カードですが、男デッキなので足回りも以下略。

・ツアーバンド
後攻からでも動けるファストブレイク。
白馬将軍や導師からコストを払って、2ターン目開始時に3ドローしましょう。
タレント♂が他のメインブレイク(スチューデント♂/スキャナー♂)とかぶってないため
タレント♂素体:16枚 スチューデント♂/スキャナー♂素体:18枚 に調整。
(2)持ちなので、ファストタイミングで出てくる精神攻撃持ちガーダーとしても優秀です。

・罰当たりロッカー
遊佐と翼がブレイクコストバックできないので注意。できたら最強すぎたね。
ツアーバンドや理容実習生の1コストを戻して、序盤を優位に展開しましょう。
ハイランクエスパーをBCBしてからデバイスでパワー移動で即アタック、とかちょう強い。


こんなところでしょうか。
改めて説明するまでもない、当たり前のことまで書いた気もしますが
わかりやすく書く、というよりは、自分の情報を整理するために書いたようなもの
つまりは自分メモです。
だけど、まあ、安価で組めるエクストリームデッキをお探しの初心者の方などが
この日記を少しでも参考にしてくれたら、嬉しい限りです。

ちなみにこのデッキをアンコモン縛りのまま改良するとしたら
セーラースーツ、スペースクリーナー、編入生、学園祭メイドあたりでしょうか。
編入生とスペースクリーナーは2ターン遊佐の確率が上がるし
学園祭メイドは2ターン遊佐デバイスの確率が上がります。
それってそのまま勝率が上がりますからね。
まあ、そこまでやると男デッキではなくなりそうだし、なによりアンコとはいえ贅沢なので
この形でもうちょい公認などで回してみて、いろいろいじってみようと思います。

ちなみにこの間の公認は3-0で優勝でした。
相手2ターン目の▼が全部ダメージ×2試合だっただけだけど、みんなも使ってくれよな!
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。




最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]