忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

黒赤ツィオ

2 壷振り
2 尼法師
4 メイド侍

4 バチカン衛兵

2 スター・トランスポーター
4 ベイビーリザード
4 テクノクラフト
2 ショアードラグーン
4 ドラゴンパピー
4 カメレオンメイド

4 サンダードラグーン
4 トムボーイ・ドラグーン
4 海竜少女“ツィオ”
4 海竜戦士“ツィオ”
4 グレイドラグーン“ズィリーラ=ヴァルラ”

4 メテオバースト
4 孔雀経法


黒デッキの変遷 ~さよならノーチラス~

・ノーチラス*3→ズィリーラメテオバースト孔雀経法
ライトニングストームやメテオバーストなど、全体焼きへの対策として
孔雀経法や精鋭天使、アルウィーン下段など、シールド付与が流行している環境で
こっちが4コスト払ってノーチラス出して、相手は0コストや1コストで止められちゃあ
さすがに損だろうと。
同じ4コストを払うならば、プロジェクトタイミングで5ファクターとはいえ
相手キャラをだいたい2体持っていけるズィリーラのほうがコスト効率がいいし
青単ミーアなど、一刻も早くメテオバーストを撃ちたい相手や
黒単天使など、防御時に精鋭天使を使わせるために、メテオバーストを4積みにしたい。
相手も全体焼きを使ってくるなら、孔雀経法だって4積みしておきたい。
というわけで、ノーチラスはデッキから抜けました。さよなら白スク。

・アクロバット*2→ツィオ上下
ツィオ3積みじゃ、とても引けねえ!
あまりの引けなさに、一時はイレイザー軸からまっすぐズィリーラでいんじゃねってなったけど
それでは愛がないし、2段をどこまで実戦的に組めるのかも確かめたかったので。
まあ4積みだって引けないときは全然引けないんだけど、それでもプレイングの好みとして
3積みだから手札に握っておくより、4積みだから思いきってパワーカードに差すほうが動きやすいので。
あとはまあ、立てばおおむねどんな盤面からでも勝ち筋になるしね。
というわけで、個人的ご法度とも言えるギャラクシーのキャラを減らしてツィオ上下を4積みに。

おおまかなデッキの動きは、
対白青黄黒:まっすぐメテオバーストから、ツィオかノーチラス立てて殴る
対赤緑:メテオバーストはパワーに差して、ツィオかノーチラス立てて殴る
そんな感じで、いざグランドクロストーナメントへ。


4/8 トレジャーキャッツ前橋店
参加者6人:スイスドロー3回戦
使用デッキ:黒赤ツィオ

1回戦:青単ミーアレミリア
後攻
初手キャラとドロー軽ブレイクがいたので、よくばらずにマリガンせず。
お互い順調に展開し、相手先攻3ターン目に支配キャラの足湯魔女にレミリアブレイク。
即パンされたら嫌だったけどパワー4差ししたいためか殴られず。
返しの勢力チェックに、こちらパワー0の軽ブレイクにレミリアエフェクト→孔雀経法で防ぐ。
お互い展開で推移し、次ターンに引いたメテオバーストを撃って
相手のディーラーと山子壷振りを流して展開を止めつつ
次ターンにズィリーラ立てて面で殴ってダメージアウト。
勝ち

2回戦:緑赤みやこ
先攻
初手でズィリーラとツィオ上段どちらをパワーカードに差すか考えて
「早いターンに動くほうをとっておこう」とズィリーラを埋めてしまう。
以降手札に重なるツィオ上段とメテオバースト孔雀経法をパワーカードに埋めながら展開するも
一向にツィオ下段とズィリーラが引けず、展開を広げながら細かく小突く。
相手も序盤はつまずくも、自然の回復力撃ってみやこを立てたあたりから形勢が逆転。
こちらキャラ支配でドローを伸ばすもキャラしか引かず。パワーカードに流れるズィリーラ。
フルパワーのみやこをバチカン衛兵で止めようと試みるも、三鈷杵をセットされ殴りきられ
実質ラストターンにツィオ下段を引いて、勢力ダメージ判定の3枚がツィオ下段でした。
負け
これだから、引けないと勝てないデッキは……!
ツィオは立てられたら立てる程度で、しっかりズィリーラ狙って動かなきゃダメだな。

3回戦:黒単天使
先攻
相手が2ターン目にキャラ支配できず、支配キャラがエンジェルメイドと閉天使だったので
先攻3ターン目にメテオバーストで相手更地。
それでも後攻4ターン目に軽ブレイク2枚から展開して4ファクター確保するも
パワー采配が耐久1キャラに偏っていたので、返しのターンに再度メテオバースト。
精鋭天使を握っていなかったので通って、あとは殴ってダメージアウト。
勝ち

結果:2-1
権利とれなかった……!
まあ、デッキレシピは練れたけどプレイングが惜しかった。
今日の教訓:2段に頼っちゃいけない。


同日に公認大会(アルティメット)もあったので、いちばん自信のある緑単アルカードで参加。
とはいえ当たった相手は全員エクストリームだったのですが……
1回戦は緑単クレメンティーナ相手に、4ターン連続キャラ支配という超展開を広げるも
適宜サイレンヴォイスを撃って相手も止めて、2コストからクレメンティーナ下段が出た返しに
アルカード立てて引っぺがして殴って、相手勢力にベルゼバブ撃ってダメージアウト。

白単真由美相手には、相手がキネシュを撃つタイミングをミスったりしてる間に
先攻2ターン甘えさせ悪魔から超展開して、3ターン目から小突く。
さらには支配した見習いメイドにサイレンヴォイスまで撃って、サイズ差で殴る殴る。
真由美着地した返しのターンに、アルカードもベルゼバブも引けなかったので
甘えさせ悪魔アタック→真由美ガード→ブラフマーの守護で4点通してダメージアウト。

んー、やっぱり「サイレンヴォイスを引けなくてもベルゼバブが引ければゲームになる」
「ベルゼバブが引けなくてもブラフマーが引ければ勝ち筋になる」ってデッキは使いやすいな。
ドローに左右されるデッキが本当に好みじゃないので、2段とかホントは性に合わないんだろうなあ。
まあ、ツィオは好きだから使うけど。辟易したらキャラビート使えばいいさね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。




最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]