忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
さて、大会から少し間が空いてしまいましたが。
群馬公認祭りのサイドイベントとして24時間繰りひろげられた(!?)かんすリンガー・グンマージム!!
その様子を順を追って書いていこうと思います。

まずは、このサイドイベントを開催しようとしたきっかけを。
各地のイベントで、何かしら新しいスタイルや魅力的な大会形式が開かれている昨今ですが
群馬でも何かやりたいなーと思って、自分で組んだら楽しかった絵師縛りを提案してみたんです。
でもまあ、それぞれが好きな絵師で組むにはハードル高すぎて、ポシャっちゃったんですね。

ただ、大会として開催するにはハードル高いけど
ガンスリンガーでやりたいひとだけやるなら、かんすわも遊べて俺得じゃない? って助言もあって
じゃあ語呂もいいし、かんすリンガーやるか! ってとこまではすんなり決まったんですけど。

他の会場でやってるみたいに、参加賞や勝利賞に出せるみんなが欲しそうなPRが無かったんですね。
じゃあ何か、他に俺らしいもので商品を出せないだろうか……
あとは、俺にできることでみんなに楽しく遊んでもらえないだろうか……
……と思って、「トマトバッジ」で「かんすわが言うことを聞く」ってのはどうかなって。
そんなわけで、グンマージム開催と相成りましたとさ。(思っていたよりずっと好評で、嬉しかったです)


そんな前置きはいいとして!
第1回グンマージムレポ、はじめますよー!!

まずは公認前に一足先に到着したもっさんとサクッと1戦。
みんなが集まってからは、基本的に大会不戦勝の方とずっと遊ばせていただきました。

 
その様子がこちらです。
グンマージムのジムリーダーかんすわ、初っ端からバッジを渡しまくっています。
ギャラクシーは負けてないし! などとこの頃は強がっていましたが

 
ジムリーダー(笑)
勝率.250。ついにギャラクシーでも敗戦を喫してしまったどころか
「ギャラクシーでは負けない」から「ギャラクシーでしか勝ってない」状態に。


このあたりから「こいつギャラクシー以外くっそよええぞ」というのが
みなさんにもご理解いただけたらしく、気を遣って(笑)ギャラクシーで挑んでいただけました。
もっさんとは4大会目決勝戦をジム戦として対戦! 内容は前回のレポに書いた通りです。


ここで前半戦は終了。みんなで夕飯、場所を終夜営業のデュエルスペースに移動して
まだまだグンマージムは続きます。


ここからは、既にバッジを手にしている方も多くなってきたので
「いかにかんすわの勝率を下げるか」がテーマとなってグンマージムが行われてた、ような気がします。
無論、俺はいかに勝率を上げるかをテーマにして連戦です。ぼちぼち五分ちょい欠け。
絵師縛り戦での盤面のイラストは互いにちょう強くて俺得でした。組んできてくれてありがとう!!


深夜から早朝にかけては、俺のエンジンがかかってきたのか
デスカットが冴えてきたこともあり、ギャラクシー怒涛の5連勝。
27戦目終了時に13勝14敗、時刻はもう始発が動きだしています。
一足先にのーてんさんを送り届け、店に戻るとみんなはもう帰るムードですが
「あと1戦だけ! 五分五分まで持っていけるチャンスをくれ!」と最終戦。
こたつさんとの死闘(マジで死闘でした)のなか、東の空から朝日が昇ってきたのが印象的でした。

で。俺は指し分けまで持っていって満足だったんですけど。
1戦やって朝陽が昇ったらみんな眠気がどっか行っちゃったみたいで。
むしろ30戦までやろうとか俺とやろう俺もやろうとか言っていただけて。嬉しいんですけどね。

 
まさかのエキストラステージ開幕です!
調子にライドしてギャラクシー4連勝からのてふじクラリス戦は戦慄だった。勝ち筋がなにもなかった。

 
その後は名古屋組を送り届けて、帰ってきたらじょな君の調整でエクスとギャラクシーノンパ。
ひさびさにエクス触ったら楽しかった。ぶるーちゃんも言ってたけど学園祭禁止エクスとか楽しそう。
ギャラクシーノンパは、久しく触ってなかったらプレイングがクソすぎてちゃんと見直したいなと。
最後は若干グダってジャンヌゲーしたりデッキ交換してみたりして、40戦まで。
さすがに眠気と疲れと空腹がピークに達したため、みんなで飯食って解散となりました。


というわけで、24時間40戦のグンマージムでした!

戦績のほうは、えー……21勝19敗! ギリギリ勝ち越しです。
そしてギャラクシーパートナーに絞れば、19勝8敗! 勝率7割越えです!!
このメンツ相手に勝率7割はすごいんじゃないの。すごいんじゃないの。
都合のいい数字を抽出はしましたが、ジムリーダーとしての面目は保てたのではないでしょうか。
ちなみに他のスタイルでの勝ち星と勝率については、えー……気になる方は画像からお読み取りください。

これだけぶっ続けでいろんなひととアクエリして、それを記録に取ってたのは初めてのことです。
みんなを楽しませるつもりが、俺がいちばん楽しいイベントとなりました。
やってよかった! ありがとうございました!!
次回もまた開催したいので、その時はギャラクシーパートナー以外にも
各スタイル2デッキずつくらい(ある程度まともかつ遊び心があるものを)用意して
お待ちできればな、と思いました。
それではまた会う日まで!!



蛇足ですが、トマトバッジについて。
今回のイベントで使用したトマトバッジは、こちらのサイトで購入しました。
(「トマト バッジ」でググったら一番上に出てきたので。)
海外のサイトですが、送料も国内と変わらないし、複数個注文するとお安くなるのでオススメです。
ジム開設希望の方は、すてきなバッジとの出会いがあるかもしれませんよ。

ちなみに、今回は10個ちょっとのバッジを仕入れたのですが、人気順に並べると

こちらが選ばれたバッジで


こちらが選ばれなかったバッジになります。
「リアル調」「メッセージ性」のあるものが人気で
「キャラクターもの」「かわいい系」はわりと不人気の傾向があったように思います。
イベント中に身につけやすいリアル調と、本人をいじりやすいメッセージ性が人気の理由でしょうか。
次回開催時にはこのあたりも踏まえてバッジを調達しておきますね。

最後に。
「レベル30までのかんすわが言うことをきくぞ!」とは書きましたし
イベント中に無茶振りの数々を振られはしましたが。
具体的にひどいことはされずに済んでよかったなあと思いました。またよろしくね。
PR
群馬公認祭りに遊びに来てくださった方々、ありがとうございましたー!!
昼から夜まで、はたまた朝まで、そしたら昼まで、ついでに夕方まで?
なんと24時間以上アクエリしてたみたいですよ。びっくり。
充実した一日(二日?)になりました。みんな本当におつかれさま!

というわけで、きょうはサクッと公認4連戦をレポります。
まずは参加者の内訳。いろいろ予定が入ったりなんだりかんだりで
群馬勢からの参加者がすこし減っちゃったりもしたのですが(また今度やろうぜ)
前回に引き続き、東京埼玉から4名と、なんと愛知から! しかも2名!!
遠征して遊びに来てくれました。これマジ予想外だったんでめっちゃ嬉しかったです。
個人的に、群馬のひとが東京名古屋大阪に遠征しに行くのと
東京名古屋大阪のひとが群馬に遠征しにくるのとでは、ハードルの高さがだいぶ違うと思うので。
地元でも充分ユーザーが集まる都会から、関東辺境の地・グンマーまで遊びに来ていただいて
ほんと、開催した甲斐があります。ありがとうございます。


それでは公認1回目、アルティメット!
参加者7名のスイスドロー確定3回戦です。
なんでもアリのこのスタイル、過去の狂カードたちが跋扈する大会を勝ち抜いたのは
1位 fiasさん
2位 もっさん
3位 じょなさん
でした! 優勝者のfiasさん、おめでとうございます!
使用デッキは緑単ぽっちぇる。キャラウルドとベルゼバブでハンデスもできちゃいます!!

続いて公認2回目は嫁スタンダード!!
参加者は2名増えて9名、スイスドロー確定3回戦です。
好きなキャラを嫁にするも良し、過去のカードと併せて狂コンボするも良しの波乱の大会の結末は
1位 じょなさん
2位 もっさん
3位 のーてんさん
でした! 優勝者のじょなさん、おめでとうございます!
使用デッキは白単ミコト。サーチデュアルも含めてミコト24枚相当!? MKT24ですね!!

そして公認3回目はランダムサバト!!!
参加者は増えて減って9名、3人チーム3組での総当たり戦です。
スタイルは主催者の独断により、アルティ、嫁スタン、ギャラクシーから各1名としました。
チーム内でオーダーやデッキを相談するこの光景! 群馬勢と遠征者が交流する瞬間!!
この日の公認開催してよかったーって思った最高の瞬間のうちのひとつでした。
そんなこんなで優勝はチーム2-0、個人でも5-1と圧倒的な戦績となった
「トマト潰す@トロ」チームです!
fiasさん、こたつさん、もっさん、おめでとうございます!!

最後は公認4回目、ギャラクシーパートナー!!!!
ようやく私も参加して11名です。まあ、横でずっとグンマージムしてたんですけどね。
最後の大会なので、全勝者1名が決まるまでのスイスドローです。
私はようやくの大会参加と思いきや不戦勝スタート、からの連勝で3-0とします。
隣の階段卓が崩れれば優勝……というところで見事階段崩れず、最終戦となりました。

使用デッキは黒単ラプンツェル。対戦相手は緑単アシュタルテー。
相手はもっさん。今日の戦績はピカイチですが、グンマージムではすでに私が2勝しています。
もっさんの緑とは、黒使っていちばんスパーしたかった相手です。ここは負けられません。

こちら後攻。
相手緑1体支配1体放置、パワーカード2枚。
こちらバゲットエンジェル(2)と双嬢天使(1)を支配、エンジェルスレイブ(0)を放置。
手札には軽ブレ2枚で、キャラさえ湧けば2ターンラプンツェルの構えを見せますが
相手先攻2ターン目に、夢魔からコールタイガーでこちらのエンジェルスレイブを横取り。
キャラが止まり、手元の黒キャラにベールエンジェルブレイクでキャラ回収という必死プレイをするも
返しに最速でコスト軽減アシュタルテーが降ってきて、あとは相手のコントロールに為す術もなく。
一度マウントをとったもっさんが、プレイミスなくしっかりコントロールしつづけました。
負け
先攻2ターンコールタイガーをケアして、黒キャラ(2)支配の青キャラ(0)黄キャラ(1)放置が正解だったか……
「後攻は最大速度」なのですが、相手の盤面パワーが2枚なので、ケアしても良かったと思います。
悔しいですが、いい経験になりました。

というわけで大会結果は
1位 もっさん
2位 朝倉さん
3位 かんすわ
となりました! 優勝者のもっさん、おめでとうございます!


そんなこんなで、公認4連戦はここで終了となりました。
2回目の主催公認とあって、前回よりはスムーズに進められたのではないでしょうか?
とはいえオポ計算や裁定などで不安な場所は、参加者のみんなの力を借りながら
無事滞りなく大会を終えることができました。ありがとうございました!!
みなさんも、公認祭りで存分に楽しんでもらえたなら幸いです。またきてね。

また、前回に引き続きデュエルスペースを使わせていただいた
コミかる堂高崎貝沢店様、ありがとうございます。ブロッコリーくじがバカ売れでしたね!
そして、ジャッジ試験を開催していただいたブロッコリー様にも、厚く御礼申しあげます。
アクエリを楽しむ機会を作る資格を与えていただいたおかげで、新しい貴重な経験ができました。
ところでジャッジ証届いてないんだけどまだー? あとタオルー!??


というわけで、今日はここまで。
俺が楽しみまくったグンマージムについては、また明日以降書きます。絶対長くなるんで。
とりあえず、やってよかった。またやりたいです。それでは!
あけましておめでとうございます。
今年も各地でアクエリ楽しめればと思いますので、よろしくお願い致します。

というわけで!
まずは新年一発目・アクエリ公認祭りin群馬、やりますよー!!

1/10(土)コミかる堂高崎貝沢店
13:00~ アルティメット(パートナーなし)
15:30~ 嫁スタンダード(パートナーあり)
18:00~ ギャラクシー (パートナーあり) ※人数集まればサバトにも?
19:00~ ギャラクシー (パートナーあり) ※※店舗主催

という予定となっております。
年末の名古屋ウォーズや週末skypeなどで、来てくれそうな方には声掛けたりしてたんだけど
正式な告知が遅くなってしまい申し訳ございません。少々他の趣味に夢中でした。


うまいこと人数集まれば、せっかくなのでチーム戦をしたいと思ってます。
8人:2×4チーム、9人:3×3チーム、10人:5×2チームみたいな?
スタイルはギャラクシー、嫁スタン、アルティの中から適当に。アンケでもとります。
7人以下だったら普通にギャラクシースイスドローかなー。

※※
公認開催仕様変更の影響で、ジャッジ主催3回目と店舗主催が時間詰まってますが
適宜前倒しなり、サバトにして回戦数減らすなり帳尻あわせして、
参加者の皆様には全大会に参加いただけるような形にしたいと思ってます。


ざっくりこんな感じですかねー。
今回はAC予選でもないし、真新しいスタイルなどは何もないんですが(ちょっと考えたけど頓挫しました)
わざわざ遠征して来たいと言ってくださっているや、地元でもずっと遊んでくれているおまえらに
少しでも楽しんでいただければなあと思って、空き時間にちょっとしたお遊びをやりたいと思ってます。

名づけて、『かんすリンガー』!!
・大会前後の空き時間などに、私をつかまえてアクエリをします。
・スタイルはその日に公認で行われるスタイルの中から選んでいただけます。
・見事私に勝った方には、トマトバッジを差しあげます!
・トマトバッジを身に付けていると、レベル30までのトマトがいうことをきくぞ!!(当日限り有効)


参考画像:トマトバッジ

……という、ちょっとしたお遊びイベントです。
せっかくバッジも用意したので(笑)、楽しく遊んでいただけたらと思います。
さあ、キミもグンマージムに挑戦だ!!
注:トマトは大変傷みやすい植物です。過度の無茶振りはご遠慮ください。


えー、そんな感じで、もう1週間後ですが!
群馬勢はまあ、仕事とかかぶってない方はぜひ遊びに来てください。
遠征の方は、JR高崎駅から会場までかんすわシャトルバス(定員3人:往復可)が運行してますので
前日までに、だいたいの到着時間といっしょにご連絡ください。

大会終了後は、まあなんかみんなで飯でも行って(群馬のマヤさんが新年会やるかーとか言ってた)
適当に深夜営業のデュエルスペースか友人宅で朝までアクエリして
始発とともに解散、みたいな感じでしょうか。
いつも使わせてもらってる友人宅が、最近週末に押しかけられないことがあって
そのへん当日の動きがその日のその時間にならないとわからなくて、遠征の方には申し訳ないのですが
基本的には、大会後に解散、駅まで送迎or飯まで一緒に着たらもう朝までアクエリ、って感じで。
あるいはその場のノリで他の選択肢も出てくるかもみたいなざっくり感です。


そんな感じで、今年もよろしくおねがいしまーっす!!
私信:年賀絵は一瞬描こうと思って年末年始の疲れでどこかへうっちゃりました。また来年。
行ってきました名古屋ー!!
新幹線や電車を乗りつぐこと数時間の道のりでしたが、
関東勢のみんなとおしゃべりしてたら、すぐに着いてしまいました。
そう、今回は関東勢5人で(注:群馬県は関東地方です)修学旅行気分で遊びに行ってきました!
新幹線の座席をぐるりと回したのなんて、本当に中学以来じゃないかな。楽しかったです。


というわけで、移動すら楽しんでからの大会レポですよー!
今回は熱が冷めないうちに書きます。
めっちゃ楽しかったけどレポすら書いてない名古屋五月病とB-NASを教訓にして。

まずはアルティメット!
使用デッキは、画像で見ていただいたほうがわかりやすいですね。



今回の大会のために組みました、早瀬あきら単です!! 
最近、友人との雑談で『絵師単なら忍者装束から導師呼べる早瀬が最強。メインは弓削な』
という話題が出ていたので、ここぞとばかりに組んでみました。
ところがいざ組んでみると、早瀬絵の弓削素体が仙術師(士)しかいなくて
強(狂)カードが跋扈するアルティメット環境にバニラキャラを投入するハメになったりして……
でも、自分がアクエリを始めたのがSaga3運命環境だったので、
当時よく使っていたキャラや軽ブレ、3F3C弓削などのコンバートで使えなくなってしまったカードを
いま一度デッキに投入することができたのは、懐かしくて嬉しかったです。
おいなりさんかわいい。

デッキ構築が自由だと、こういうアルティメットの楽しみ方もあるんだあ、なんて思いつつ
しかしこの日は大会だから、こんなカジュアルなデッキに生存権はあるのだろうか……
なんて思ってはいたのですが、それが思いの外楽しめたのです。

1回戦:赤単水樹鏡花
先攻
普通にキャラ置いて、確か相手も普通にスタート。
2ターン目あたりで「これ、早瀬あきらのカードだけで組んだんですよ」と伝えた時の相手の驚き。
これ、これですよ! こういうデッキを使ってる醍醐味!!
などとゲーム外のことで楽しみつつ、気づけば相手の場にVF水樹鏡花が着地。パワーは3枚。
奇門もダキニも腐りつつ、弓削2枚重ねてパワー6枚差したら、返しにX=4の織倉上段。
1発殴って本体に2点しか与えられず、ターンを返したらX=5の織倉上段が。
もう何も出来ねえ……と相手のフルパワー織倉のアタックをフルパワー弓削でガードしきったところに
相手のECBから、剣巫女“弓削 遙”(illust:大野哲也)がご登場。
まさかここで、パワー0になった早瀬弓削を大野弓削で寝取られる展開になるとは……!!
このままでは終われまいと、相手の水樹鏡花がパワー1だったので、
奇門で大野弓削にお帰りいただきはするものの、返しに織倉に殴られてダメージアウト。
負け
自分の盤面眺めてるだけで楽しいのに、いいオチもついてちょう楽しかったです。

2回戦:赤単いろいろ
先攻
相手マリガンしたから普通にキャラ置いたら、返しに織倉下段スタート。
しかし相手1ドローでゆっくり展開していたので、ダキニ撃ったら魔切りで3ドローされる。
なんで4F3Cなのにカウンターされんの!? しかもドローとか!?!?(sagaⅠ~Ⅱ知らない勢)
なんやかんやあって織倉上段立てられたけど、返しに奇門撃ったら今度は通って
意気揚々と弓削2枚重ねてパワー縦差しして、ターン返ってきて殴りはじめたら撃たれた魔伏せの法。
めっちゃ手札与えてるけど、殴りはじめたものは仕方なし、デッキも掘りきれそうだし
5回殴って、最後の1パン殴ったら、相手の手札から突如舞いおりる式神刹那式。X=29。
謎のパワーカードタワーにそびえ立つ式神刹那式29/29/29に、うちの弓削ちゃん為す術もなく。
でも相手の盤面パワーカード3枚しかないし、残デッキ5枚だし、いけるっしょーと思っていたら
織倉下段おかわりからの、盤面パワーびっちり、ファストタイミングブレイクしまくりX=5まで。
為す術もなく、対戦相手の掌の上で踊らされながら散っていきました。
負け
式神刹那式はこの日いちばんの衝撃でした。いいものを見た。

3回戦:青単アメンイルディスステージ
先攻
相手ノーマリガンなのでターン渡して、相手もこちらも普通に展開。
初手でキャラ置いた時点で「こいつ早瀬あきらのカード使いたいだけだろー」ってバレる喜び。
しかしこちらがキャラと軽ブレが渋く、3ターン連続引いたキャラ支配でターンを渡したが最後、
こちらにターンは返ってきませんでした。
詳しくはアライアンスでてふじさんが解説してくれるかと思います。色々とすごかった。
負け
「アメンイルディスのテキスト見たときからこういうデッキを思いついてた」ってのがヤバイ。
こういう必殺コンボデッキが組めるのも、自由度が高いアルティメットの魅力ですね。
 
というわけで、結果こそ0-3でしたが!
アルティメットとかガチ環境すぎてついていけない! とか思ってましたが。
いろんな楽しみ方があって、やってみればものすごく楽しかったです。
(まあ、このデッキをC-ZONEに持ちこめるかと聞かれたら、それは厳しいと思うけど……)
ヒリヒリした紙一重の勝負を楽しむアクエリとは違う、笑顔の絶えない楽しいアクエリでした。


書いてるとどんどん長くなっちゃうんだよね……
続いてはえじぇストリーム!
使用デッキはノンパ仕様のぶるーホワイトから、サイファー4とテュルテ1抜いて

・新世紀新人発掘オーディション 3
・キュアメイド“和泉 はるか” 1
・正義のアイドル“ジャスティス・ハート” 1

を突っこんだ、銀弾青白《シルバーバレット・ぶるーホワイト》です。
どうよコレ。かっこいいでしょ。ちょっと中二心をくすぐるでしょ。
(語感がかっこよくて言いたいだけなので、シルバレ感が足りないなどのマジレスはご遠慮願います)

そんな話はさておき、採用理由ですが!
まず環境考察は、お散歩従士に止められない、アビリティでの焼きコンを使おうという所からスタート。
新人発掘は、その場の状況に応じて真澄やテュルテなど欲しいものを持ってこれるので
純粋に元のデッキパワーを底上げできると感じて3枚投入。赤相手だけは埋める。
余った2枠は、新人発掘で持ってきたい、ピンポイントな状況に強い2枚を入れたかったので
ノンパだからみんなドローキャラを伸ばすだろうと、キュアメイドを1枚と
仮想敵としてあらかじめ考えておかないと突破が難しい、ジャス子を1枚投入しました。

最初は、ナイトクラブバニー7枚待ちのつもりで新人発掘を入れたのですが
「セット宣言」と「使用宣言」のタイミングの違いにより、追加コストを払うタイミングがなく
3Cナイトクラブバニーを新人発掘から呼ぶことはできないと知り、若干へこみつつ。
結果的に、ドローキャラ支配した相手に呼べるキュアメイドの必要性がさらに上がりました。
あとは茨の枷とお菓子対策に、洗いっこ少女を2枚に増量。これも実戦で役に立ちました。

対戦結果のほうは、3-1でオポにより圏外ってところでした。
対戦内容は、だいたい先攻とってバニーした試合は勝って、後攻とった試合は負けた感じです。
自分のプレイングが先攻3ターンバニーに頼りすぎていて、後攻からの勝ち筋に乏しいのが
まだまだ元のぶるーホワイトを使いきれてない証拠ですね。
 
いちばん印象に残っているのは、フリプでの対おとやんさん戦。
プリペアーから拾ってこれる、闇カストルのレジスト白・青が環境にハマりすぎてて驚愕。
しかも目標のプロジェクトファスト使用できないとか、新人発掘も春一番もトラストも腐る!
そのうえステルスを得てジャス子さえ突破される!!
今後えじぇストが開催される際には、白使うならこのカードへの対策を考えておかねばですね。


そして最後はお待ちかね本日のメインイベント、3人サバト!!
関東勢から、赤いトマトと緑のピーマンと農家のじょなさんで「出荷する者、される者」で出場しました。
個人的にはいちばん楽しみにしていたギャラクシーパートナーです。
使用デッキは、最近お気に入りのすわかんブラック。
むしろ現環境でまともに使いこなせるデッキがこれしかないまである。

1回戦:緑単ディーテパイモン
後攻
パートナーめくれた時点で、リング撃たれるまでにかなり殴らないと厳しいことを悟る。
しかし初手がマリガンしても2ターンラプできなくて、ぐぬぬ顔で1キャラ放置1キャラ支配。
相手は緑ドローと新人VA支配、スパルタ放置と一見順調そうに見えるも
▼で湧いたキャラが121と001で、心の中で「メテバチャーンス!」と雄叫びをあげていると
手札からしっかり緑ドロー出して支配。まあ手札からキャラだしてる時点で相手も順調ではない。
その後も軽ブレ通過せず3ターン緑ドロー支配した相手に対して、返しの3ターン目。
ここでターン渡すとリングから死ぬので、このターン中に一番多く且つ安全にアタックできるように
3ターンラプから軽量広げて、天界の調べのコスト下げてから順にアタック。11点通す。
ここで運良くリングが3枚落ちて、もし1枚撃たれてもリングおかわりが無い状況に。
しかし返しにしっかりパイモンからリング撃たれてディーテまで。流れは向こうだけど
相手の突破力はリフューズバリアに見えるのに白ファクターが足りてないので、まだ全然戦える。
こちらのターン、(1)ガーダーを用意しようと青と黒のキャラを勢力に置いてメイン終了にヴァンキス。
手札が差せず、ここでキャパ-の数を気にしてしまい、青キャラだけ下ろして盤面を整えるも
返しに蜂蜜を撃たれて、カード2枚分アド損してしまう。
(試合後に聞いてみたら、ディーテおかわりは無いのでキャパ-を気にする必要は無かったし
 ヴァンキスと蜂蜜を警戒して黒キャラ1枚だけ置いていれば、一番いい選択でした)
この差が響いて、返しにステコからのアタックはラプラスで防がれつつ、ヴァンキスでパワー差せず
残った盤面コストのみでガードするも足りずに4点通して、ダメージ9点。勢力には黒▼3点。
しっかりダメージが乗ってダメージアウトとなりました。
負け
ワンミスで負けになってしまう、ヒリヒリした紙一重の勝負でした。
ゲーム的にはこの試合がいちばん充実していて楽しかったです。
試合後に「ブログ読んでるんで」って言ってもらえたのも嬉しかった。ありがとうございました!

2回戦:黄単シルマリルジャンヌ
後攻
なんかCCで見たことあるスリーブが、トラウマ的負け方をしたデッキが目の前にあるー!
しっかりリベンジして過去の自分に打ち克ちたいところですが、後攻2ターンラプできず。
しかし相手もキャラの沸き方が悪く、プリペアーファイターとPSIを支配しています。
後攻3ターンラプは勢力リーパーでしっかり落とされますが、あちらもシルマリルが立ってなかったので
シルマリルが出る前に、えいやっとメテオバースト。
相手軽ブレは並んでいたものの、パワーカードがごっそり流れたのが大打撃になり
そのままヨコの有利を取って調べ撃って殴ってダメージアウト。
勝ち
ジャンヌが落ちたのも最終盤だったので、相手に運が無かったゲームだったように思います。

ここで階段が崩れて、初戦はチーム0-3、2戦目はチーム2-1の計1-1で3位でした!
やっぱりチーム戦ならではの、隣の対戦結果や対戦内容に一喜一憂したり
「ここは俺が勝つ!」という意気込みで試合に臨んだり(まあ負けたんですけどね)
そういう楽しみ方ができたので、サバトやってくれて楽しかったです!
チームメイトのお二人も、ありがとね。また何か機会があればヨロシク!!


というわけで、大会は一段落し、その後はフリプをいくつか。
動画撮影卓もあって、対こたつさん戦で先攻2ターンアヴァロンからサーニャ下段をキメる相手に
後攻2ターンラプンツェルで返すも、キャラ支配が最善ではなくて、あーやっちゃったなーって時に
いま引きメテバで試合を有利に運んだ、いわゆる「かんすわらしい勝ち方」の試合もありました。
いつかどこかにあがるなら、反省材料としてふり返りたいな。

大会後は関西勢を見送りつつみんなで飲み会。飯とビールと猥談を楽しんだり
解散後はゲーセンやらカラオケやらビリヤードやらで朝まで。バスでは死んだように爆睡。
途中のSAでぶらぶらほっつき歩いてる時なんか、あーほんと旅行みたいだなーって。
アクエリ以外の時間も長くて、その時間もすっごく楽しかった、長い長い充実した2日間でした。
主催してくださった方々、参加して遊んでくれた方々、ありがとうございましたー!!!
いやあ、やっぱアクエリ楽しいわ。
えー、Alliance Cupからは少しだけ、そう、ほんの少しだけ時間が空いてしまいましたが!
そのうえ、新PRも発表されたところで現環境のデッキの話してもなー、ってとこですが!
AC前夜祭でぽち。さんが仰っていた「情報は共有して、みんなで楽しまないと」
という言葉に感銘を受けたので、私も自分のデッキの話でも書こうかと思います。

(余談ですが、AC前夜祭にてぽち。さんと対戦(惨敗)し、私がジャンヌビートに大変興味を示したのちに
 アルティメットの大会が開催されるので、ハヴさんとフリプで調整でもしますかーと話していたところ
 「これからアルティメットに参加するので、このデッキ使いますか?」と、ぽち。さんが声を掛けてくれました。
 明日使う予定だと公言していたデッキを、ですよ。調整相手でもなんでもない、大会で会った相手に、ですよ。
 手の内を晒すことを厭わないその行為に、あーこのひとほんとアクエリ好きなんだなーって感動しました)


そんな余談は置いといて、こちらがデッキレシピです! ドン!

黒単ラプンツェル(すわかんブラック←この名前結構気にいってます)

4 新人ボイスアクトレス(いつもの。1枚でキャラ2枚分の働きをする超キャラクター)
1 スパルタ教官(横取りされにくい、メテバを耐える▼2点。先攻で呼びたい)
1 サイバーナビゲーター(白黒に出しずらい、ラプ素体になる▼2点。後攻で呼びたい)

4 双嬢天使(タイムタッチ&アサルト対策。場に2枚あると全然違う。貴重な(1)ガーダー)

4 エンジェルスレイブ(メテバで焼けない他色ドロー。ベールブレイク2パン要員)

4 PSI・エンジェル(優良素体、2点補給。貴重な▼なしキャラ。ベールブレイク2パン要員)
4 バゲットエンジェル(後攻時ファクター加速できる、メテバで焼けない▼2/2/2バインド)
4 エンジェル中学生(優良素体、▼3点要員、対青で支配したい▼2/3/1バインド)
4 マジカル・エンジェル(支配しやすい、メテバで焼けない。貴重な(1)ガーダー)
4 フォトンウィング(優良素体、貴重な▼なしキャラ。対白で支配したい)

3 アークエンジェル(1F1Cドロー。中盤以降は0Cファクター加速)
4 デュナメイス(1F1Cチャージ。中盤以降は0Cファクター加速)
4 ベールエンジェル(後攻時1F。チャージをドローに変換しながらアタック。最強)
3 アクワイアードエンジェル(横取りにも自身の勢力処理にも。地味に光るシールド)
1 電脳エルフ“ラプンツェル”(後攻2ターンラプを狙うパートナー、他のダメソに枠を割く1積み)

4 ステルスコート(ファクター、コスト共に軽いエンドカード。ミラーは勘弁な)
3 メテオバースト(アタックする前に相手の場を縮める。最速で撃つわけではないので3積み)
3 展開の調べ(レジストプロテクトを得られる超ファスト。これがあるから黒デッキが組めた)
1 スクランブル(対白テュルテ用最終兵器。ベールとラプで手札通過狙えるので1積み)


基本的なデッキコンセプトは。
アクエリって、展開差つけて先にアタックできたら強いですよね?
黒なら打点も高いし、軽ブレイクの性能もいい。先攻とったら0.5ターン早く動けるので
軽ブレイク広げて展開差つけて、3点4点がアタックするだけでゲームメイクできる!
後攻なら、積極的に2ターンラプンツェルを狙うことで、2ターン目終了時に
支配キャラ5~7体、パワーカード5~7枚の場を作ることができます。
相手の先攻2ターン目終了時より展開できれば、先後入れ替わったようなものですよね?
つまり、常に相手より展開して、アタックして有利な盤面を作れるデッキにしよう!
というのが、なんとなくのコンセプトです。

そのコンセプトを実現させるのが、後攻2ターンラプンツェル。
キャラクターや軽ブレイクの構成は、後攻2ラプが実現しやすいように組んでいます。
成功の条件は、手札に軽ブレ相当2枚+盤面にパワーカード3枚、の状況を作ること。
軽ブレイクは後攻時18枚相当として、マリガン込みならかなりの確率で初手に来ます。
キャラクターも、盤面3コストが作りやすいように、黒精神0キャラは除いてあります。
初手采配は2体支配2体放置>1体支配2体放置>2体支配1体放置、みたいな優先順位で
2ターン目の勢力▼でキャラが1~2枚沸いてくれれば、2ターンラプンツェル成功ですね。

先攻の場合は、3ターン目に3F3Cラプンツェル立てる場合と、立てるべきではない場合があって
その辺を判断しなければならないので、ワンパターンでない分難しい部分はあります。
基本的には、その3コストでアタックしちゃったほうが強い盤面、相手ならアタックして
必要なキーカードを拾っていかないと勝てない相手ならば、3Cでもラプを立てにいきます。


そんな感じで、ラプが立つなりしてヨコの有利が取れたなら。
チャージは極力ラプやベールエンジェル、ベールの素体になりそうなキャラに差して
チャージしたカードを手札に通過させながら、アタックしていきます。
エンドパターンはステルスコートですが、相手に黒キャラがいると効果的ではないので
メテオバーストで相手の黒キャラを流しつつ、展開差をつけてアタックを通したり
展開の調べを撃って、パワーカード差にまかせてアタックしたり、他色キャラにガードさせてステコを通します。
白テュルテやうめ、エイラなどのセプト持ちには、ベールとステコとスクランブルしか有効牌がないので
スクランブルは1積みしました。先攻なら無くてもゲームできるんで、1枚でいいと思ってます。


ただ、なかなかこんなにうまくはいかないのです。
9月度公認PRの、タイム・タッチとアストラル・アサルトが登場したおかげで
2ターン目の勢力▼から、相手のコントロールが始まってしまう状況も増えてきました。
なので、勢力▼でキャラクターを展開することで有利をとっていく黄や黒は、現環境では難しく
勢力回しに頼らない白や赤、自分もタイムタッチやアサルトを使う青が多い、というのが
AC予選時期の環境認識であったように思います。

でも、そんな中で、キャラをヨコに広げるデッキを使ってやりたい。
環境にあまり多くないと思われているデッキなら、対策もされず、ダークホースになれるかもしれない。
(白ミラーは経験値の差で自分より強いひとに勝てないから、自分らしいデッキをなんとか仕上げたい。)
そんな思いのなか、後攻2ラプの気持ちよさに魅せられて試行錯誤した結果、見つけたのが
黒キャラバインド8枚体制と、双嬢天使でした。


○対タイム・タッチ
タイムタッチでデッキトップを確認できるのは、7枚まで。
ならば、勢力▼を2体放置して、デッキを4~5枚めくれるようにすることで
「7枚中キャラ4枚だから、どうやってもキャラが1枚出ちゃう」という状況を作ってやればいい。
キャラが1枚でも出れば、後攻2ターンラプンツェルはかなり成功率が上がりますしね。
2体放置のために、黒キャラでも▼打点を出せるエン中とバゲットは好都合でした。
また、双嬢天使を置ければ、タイムタッチのコストが上がるのでそれだけで強力です。
1コストくらいでも、白は盤面コストカツカツで動くことが多いので、打ちにくく感じるはず。

ただし、たとえ黒側が先攻でも、勢力に1体放置しかできないと
最速タイムタッチで2ターン後の勢力▼までいじられて大変なことになります。(AC決勝5回戦参照)


○対アストラル・アサルト
なにはともあれ、初手は黒バインドキャラ支配or双嬢天使放置。
最速2.5ターンアサルトで支配した黒キャラ捨て札、だけは避けなければなりません。
こちらの支配キャラが黒バインドキャラのみだったら、相手もアサルトは打ちにくいでしょう。
そして、対青でも▼2体放置は狙っていっていいんじゃないか、と個人的には思っています。
アサルトを撃たれても、2体目の▼がデッキをめくってくれて、キャラが生まれれば再展開できますしね。
対青では、双嬢天使を置いても、3コストアサルトだろうがこちらの支配黒が潰れれば相手は打ってきます。
なるべく打たれても損しないような盤面を作りたいですね。勢力▼に(1)を2体放置とか。

ただし、いかにも相手が2.5ターンアサルトできそうな初手采配だったときは
勢力放置を諦めて、引いたキャラで展開していくのも手だとは思います。
ただそれやっちゃうと、ほぼ2ラプできないんで、勝ちにくくはなるんですけどねー。
突っ張った場合のリスクリターンが大きいので、私は突っ張りたくなる性分なのですが。
バインド2種or双嬢天使の12枚は待ちとしては決して広くないので、実際のところ、後攻対青はきついですね。
(AC決勝3,4回戦では、アサルト確定していなかったので突っ張って、結果なんとか勝てました)


とまあ、こんな感じで。
「タイム・タッチ、アストラル・アサルト環境でも、ヨコに広げてビートしたい!!」
というデッキコンセプトと、それを実現させる為に自分なりに考えた方法でした。
最後に、各色とのマッチングもざっくり書いておきます。

対テュルイゾン
先攻なら最大打点で殴る。
メテバはお散歩or白テュルテいなければ大打撃。賢姉注意。
単体除去には強いので、パワーカードの枚数差でがんばる。BCB焼きテュルテ×2は無理。
白テュルテ出されたら調べ+ベールで殴って、キーパーツを集めながら継続して殴る。

対白コン
バニーに弱いドローを支配しない。
真純には弱い。なるべくPSIかフォトンを支配したい。
サイファーは補給差で勝負。アルビノには調べ。お散歩されなければメテバぶっぱ。
サイファーされないラプ素体は白ドローのみ。安全に手元着地を狙う。

対お菓子
最大打点で殴る。元気巫女注意。
相打ちでいいから殴る。相手のドローを減らせばそれだけ勝ちやすい。
双嬢最強。メテバは埋める。調べは切魔法される。

対うめ
タッチ白タイムタッチがあるので、▼キャラは2体置いておく。
先攻とったら最大打点で殴る。うめが立つ前にステコ致死圏内まで持っていっておく。
ステコばーん! スクランブルどーん!! メテバも調べもくさる。

対メアリ
いつでもマンドラゴラ注意! マンドラゴラきつい。
ヨコに広げすぎない。パワーをタテに、シールド多めに。むやみに6体以上にしない。
双嬢とマジカルの(1)が貴重なガーダー。双嬢はミルトンくさらせるマン。

対青焼き
初手は必ず黒バインド支配。なきゃマリガン。
単体除去はまだ戦えるので、範囲除去に注意。カース、カリバーン。
メテバは最速でなく安全に通せる速さでしっかり撃つ。双嬢はアヴァロンくさらせるマン。

対緑コン
リングが無理。
こちらにパワーカードがある状況でアタックする順番が回ってこないので、相当勝てない。
メテバで他色が流せるようなら流しておく。相手からの蜂蜜注意。
ネモノワもしんどいしアイアコスもきつい。このデッキたぶん緑にはかなり不利。

対シルジャンヌ
ラプ立てて、ジャンヌを手札に戻しにいく。
ライスト、トリニティケアして▼ドロー支配せぬよう。
メテバ通ればシル立つ前に。シル立っちゃったらヨコに広げて調べで補給差ゲー。
レイナは勘弁な。アクワイアードさんが命綱。
 
対黒
後攻ならラプ権利、死ぬ気で出す。
ラプ立てて手札通過多いほうが勝ちやすい。
メテバで有利なら撃つ。調べで殴る。ステコは白黄ドローに固め撃ちもアリ。


自分が調整時に感じたことは、これくらいですかねー。
対緑とか対黒ミラーは正直試行回数少ないんで、全然わかんないとこもありますが。

えー、こんな感じで、いろいろな試行錯誤とみんなのアドバイスのおかげで
このデッキができたので、大変気にいっております。調整、対戦してくれた方々ありがとうございました。
ほんとは「このデッキができるまで」も書こうと思ってたんだけど
あまりに文章が長くなりすぎちゃったので、また次の機会にしますね。

AllianceCup決勝戦、俺はこんな「すわかんブラック」を使いましたが
タイムタッチとステルスディープで相手のデッキを直接狙う「WISPブラック」や
フェザーミカエルをエンドパターンに、アサルトも回避できる「fiasブラック」など(勝手に命名)
いろんなタイプの黒デッキが見られたのが、やっぱり大会って面白いなあと思いました。
今後はアラエルが入って超強化されそうなので楽しみですね!
というわけで今日はこの辺で。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。
最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]