忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャッジ主催の初心者講習会inコミかる堂高崎店!
参加者・主催者・協力者のみなさま、おつかれさまでした&ありがとうございましたー!
本当に大盛況の末に終えることができました。とても楽しかったです。

公式っぽいレポは主催のアキラさんが既に書いてくれているので
こちらでは協力者視点でのよもやま話を。


・参加者、3名
ぶっちゃけ1人、多くて2人、奇跡で3人だと思っていたら、奇跡が起きました。
起こるから奇跡って言うんですね。
まずは構築済の紙プレイマットとルールブック、ほたるスリーブなどをプレゼント。
初心者講習会の存在をどこで知ったのか聞いてみれば、
「友人に誘われて」「AAAだけやってました」「デッキがもらえると聞いて」
などと三者三様の答えでした。

普段は他のカードゲームを遊んでいて、コミかる堂に遊びに来ている方が多かったので
他の大会がが終わったら、そのままアクエリの公認に参加してくれればベスト。
せっかく講習会に参加してくれたのだから、その後のフォローもしていきたいですね。


・寺田P、参戦
貴重な休日の時間を割いて、群馬くんだりまで車で3時間かけて来てくれました。
まずは初心者講習会用のみやこ&うめデッキで、ゲームの進め方から説明。
ある程度ルールを知っているひとに、ゲームの勝ち方を教えることはできるけど
アクエリを知らないひとに、ゲームの進め方をわかりやすく(ココ重要)伝えるのは
とても難しいことでしたが、寺田Pはそれをいとも簡単にやってくれました。

たとえ話を交えたキャラ支配や勢力キャラの説明、各勢力の特徴など
初心者さんにわかりやすいペースで、ゆっくりと伝えていたのが印象的でした。
寺田Pがいなかったらここまでの成功はありませんでした。ありがとうございました!


・選ばれない、プレゼントデッキ
構築済でゲームの説明が終われば、プレゼントのデッキを選んでもらいます。
真代詠、みやこ、オアンネスなど、イラストが強いデッキがよく手に取られていました。
そして俺が作ってきた黒単ドラグーンはお嫁に行かずに戻ってきちゃいました……残念。
いやーイラスト力が足りなかったかなー、RPF1枚投げるべきだったかー。

デッキの中身はキャラ36軽ブレ12、ズィリーラリュイリール罪と罰ディープ各3でした。
来週発売のISP黒を買って、パニッシュとステルスで強化してねーっていう意図です。
もし次回の初心者講習会があれば、その形で持っていこうかなあ?
でも黎明発売後じゃさすがにデッキパワー低すぎかも。まあ、機会があれば。


・勝つためではなく、楽しませるため
デッキを選んでもらったあとは、そこかしこでティーチングを交えたフリープレイ。
初心者相手にいつも通り展開してマウントとってる友人を少々本気でどつきつつ
ちょっと露骨な手加減をさせて、初心者さんに勝つ喜びを伝えることに成功。
「だからこういう時は2~3ターン遅れて、相手のやりたいことやらせてあげなきゃ」
などと口酸っぱくダメだしをするも、そういう俺はどうかと言えば。

相手みやこ、こちらうめデッキで、タテの有利を相手にとらせるようにしながら
お互いのメインを出しあって、接戦からの敗北を演じようとしたところ
デッキが50枚なのを失念していて、相手が先にデッキアウトしてしまうプレイミス。
2戦目は初心者さんの横にアドバイザーをつけてもらって、しっかり負けました。
で、でかい口叩いてごめんなさい……。


・初心者同士の、決戦
みやこ対渡来デッキでの対戦です。
みやこ2枚重ねで9/9セプトに対して、渡来1枚重ねにパワー4差し。
エフェクトでのパンプ量も足りないサイズ相手に渡来側がとった行動は、恋はみず色!
3パンして2パン通って、一気にマウントをとります。
しかし緑側も赤キャラを支配し、2枚目の恋はみず色は十字祓で捨て札!
それでも渡来特攻からの(1)エフェクトで相手パワーを削りつつ、桜庭一花をブレイク。
返しに煉気術を撃ちながらのアタックは、桜庭一花でなんとか守りますが
オフェンシブからの補給差がついてしまって、みやこ側の勝利となりました。

アクエリらしいレスポンスとネームレベルブレイクの応酬に、
このゲームの楽しさが少し伝わったんじゃないか、と思った瞬間でした。


・もうひとつの、体験会
初心者講習会の相手役、助言役にあぶれた既存ユーザーたち向けに
寺田Pのご厚意で、黎明の女神先行体験会を開催していただきました。
「最悪、黎明体験会をするために群馬まで来る覚悟でした」とは寺田Pのお言葉ですが
予想を上回る人数の初心者さんが遊びに来てくれたおかげで、杞憂に終わりました。

PGP決勝では黎明体験会に参加できなかったため、私は初めて触らせてもらいました。
「バラキエル、絵も能力も強いけど……オーバーキル? ていうか精鋭天使は!?」
などと言いながら、後攻緩和ブレイク満載の黒単天使を回したり
「なんでスクランブルとスケイルドラグーン入ってんのにリュイリールないの!?」
なんて言いながら、ィアーリスそっちのけで軽ブレイク並べてキャラビートしてたり
「アシュタルテーとかアシュレイとか、あいつら弓削ちゃんに仕事させないつもりか」
などとぼやきながら、弓削+インセプは強いなあと再確認したり。
寺田Pとも2回ほど対戦させていただいて、新カードいっぱい使われて楽しかったです。


とまあ、こんな感じでしょうか。
私は所用があったので初心者講習会後は先に帰りましたが、
アキラさんのレポを読む限り、その後も楽しんでいただけたのでしょう。
冒頭にも書きましたが、せっかく初心者講習会に参加してくれたのだから
ここがゴールではなく、これからアクエリを一緒に楽しんでいけたらいいですね。
今日は素敵な一日でした。
PR
告知が直前すぎる上に会場が群馬www

というわけで、8/3(土)に初心者講習会やりますよー!
すでに主催のアキラさんが告知してるんですが、直前なので改めて。
会場は群馬県のコミかる堂高崎貝沢店。http://www.comicaldo.com/m/map/map_t.html
時間は10時と12時からの2回です。

アイコンセレクトパックも発売し、黎明の女神の発売を控えたこのタイミングが
アクエリアンエイジをはじめるにはうってつけ!
さらに講習会参加者には、群馬のアクエリ常連さん謹製のデッキをプレゼント!
ゲームの進め方からデッキの組み方、ルールやプレイングまで
みんな教えたくてうずうずしてます。ほんとです。たぶん初心者の取りあいになる。

ここでルールを覚えて、プレゼントデッキでアクエリに慣れてしまえば
カードパワーがグッと上がる黎明の女神を買うだけで、いきなり強くなれるかも!?
過去弾で必要なカードがあれば、常連さんたちがサポートできるので
本当にアクエリをはじめるタイミングとしては、うってつけだと思っています。

「絵師が好きだから買ってるけど……」「いきなり大会に出るのはちょっと……」
っていう方が、すでに「初心者講習会行くよー」って話も聞いてます。
せっかくの機会ですから、アクエリに興味がある方は是非!
お友達をお誘いあわせのうえ、遊びに来てください!
(もし「興味はあるんだけど、群馬はちょっと……」って方がいらっしゃいましたら
 高崎駅まで送迎できますので、お気軽にコメントかメール送ってください)



……とまあ、こういうことをやるんですが。
実際に初心者さんがどれだけいて、どれだけ遊びに来てくれるかは置いといて。
初心者を迎えいれる側の熱ばかり上がってしまって
みんなで初心者にプレゼントする用のデッキを組むことに夢中になっています。


A「いやお前のデッキ強すぎだろ!
 他のデッキで勝てねーだろーが! バランス考えろ」

B「明確な勝ち筋があるほうが教えやすいだろ!
 紙束あげたってこのゲームの楽しさなんにも伝わんねーよ」

A「お前のデッキキャラと軽ブレ多すぎんだよ! 少しは減らせ」

B「事故らないほうがいいだろーが! 組みかえる余地だし黒はこれでいいんだよ」

A「それにしてもズィリーラ4投とかガチすぎんだろ!」

B「はああ? ズィリーラなんか重すぎてガチじゃやってらんねーよ!
 重くて強い勝ち筋が環境にあって、最初はこれで勝てるんだけど
 周りがだんだん除去とかキャラのアタック覚えてきたら勝ちにくくなる
 初心者にうってつけの良いカードじゃねーか!」

A「それにしてもリュイリールまで積むのかよ……」

B「ズィリーラなんてレミリア立ったらすぐ出せなくなんだよ
 ミーアちゃん縦差し止められんのリュイリールくらいしかいねーだろ
 初心者用デッキ同士で片方に勝ち筋ないのはまずいっしょ」

C「ドラグーンだったらツィオとか入れてデッキパワー抑えとけばー?」

B「あいつを3コストで出す意味を俺が初心者に教えらんねえよ!
 だいいちバトルに強い大型への勝ち筋にならねえだろ」

C「じゃあノーチラス」

B「……んー、悪かないけど相手のメインを出させないのは楽しくないなー
 見えてないファストタイミングの除去ってのもなんかちょっとね。
 リュイリールなら出させはするけどこっちも勝ち筋残せて、お互い楽しくない?」

A「1回しか殴れなかったら楽しくねーよ!」

B「うるせえいまのお前が先攻だったらそっちの圧勝だからな!
 オアンネス+グリンブルスティ+リャナンシーって、アンコで組めてて綺麗だけど
 ターン渡したら即死するんだから強さは俺のデッキと大差ねえよ!」

C「あーじゃあ俺のデッキもフォルナ4投しといてー」


……とかなんとかいう掛け合いがあったとか。
初心者さんが来るかどうかは置いといて、すでに十分初心者講習会を楽しんでいます。

興味があるひとは、ぜひ遊びに来てね!
アクエリに情熱を捧げるアツい大人たちが待ってるよ!!←
「黒だ!黒が強い!
 先攻とれれば打点にまかせて殴れば勝てて
 後攻なら相手の最速焼きだけ中臣で捌けば返しに殴れる!」
「先攻2ターン目に軽ブレ経由すれば
 3ターン目に3F4Cからジャベリンかカリバーン通せるけど」
「……」
「……」
「じゃあ孔雀も積もう!カウンター8枚体制で青に勝てる!」
「白相手に腐るよ?てかそのスロット割くの弱くね?」
「……」
「……」

「じゃあ俺も青使って焼くほうに回る!
 ラーズグリーズがある色にジャベリンとカリバーンがあって
 水連で息切れせずに焼けるから強い!
 俺が結果を残したときは、いつだってトップメタのデッキを使ってたんだ!」
「青ミラーどうすんの?」
「そりゃラーズで」
「相手も持ってるけど?
 それに相手の先攻3ターン目に合わせるには1F軽ブレ経由しなきゃだけど
 水連積んでたら1F軽ブレ4枚くらいしか積めないよね?」
「……」
「……」
「やっぱり孔雀」
「白に腐るし、焼きの枚数減らすの弱いよね」
「……」
「……」

「それなら俺も白使うわ!
 二月期デビューとセックスって何?で、後攻ミラーでも追いつける!
 サーチ武蔵の副王トーリ積めば、キャラにも軽ブレにも喜美にもなる!
 セーラースーツもびっくりのサーチ能力で、安定して回せるし
 キャラ軽ブレ枠削ってダメソ積めるからデッキパワー上がる!これは強い!」
「ダメソ増えたなら殴られたら死にやすくね?他色ドローも連鎖しやすいし
 焼き対策積んでも、まっすぐメアリに殴られて死ぬビジョンが見える」
「……」
「……」
「焼きさえ通さなければ、PF喜美着地してバイオまで貼ればちょう強い」
「あ、後攻喜美ミラーは無理じゃね?」
「……」
「……」

「黄赤ファラオ孔雀」
「正気に戻れ」
「焼き環境でもキャラビしたい!」
「諦めろって!」


……えー。
チャンプのひとが言ってたなあ。
どのデッキにも勝てるデッキは存在しない。
一番負けたくないデッキに勝てるデッキを組んで
それが他のデッキ相手に勝てるか調整を繰りかえすだけ、って。

んー、さすがに仮想敵は青でいいと思うんだけど。
「青と白に勝てて、ミラーの心配がないデッキないかなあ」って言ったら
「そんなんあったらみんな使ってるわ!」って罵られました。
めでたしめでたし。
最近のできごとを乱文でばぁーっと!!
(少々酔っぱらっているため、多少の誤字はお許しください)


・パートナー公開のタイミング
SkypeWarsでも話題に出たんだけど
後攻がマリガン確認する時に、せめて相手のパートナーが見えれば
相手の色に合わせた初手支配を考えて、マリガンを選択できると思うんです。
それくらいしないと、現状の先攻有利がきつすぎるんですよね。
参考までに、自分のこないだのTokyoWarsで統計とった戦績が
先攻:7戦7勝(100%)
後攻:7戦2勝(28.5%)
母数は少ないし、100%はできすぎだし(実際SkypeWarsでは先攻から負けたし)
後攻対策を積まず、先攻から勝つためにスロットを割いているデッキではありますが。
後攻から勝った2試合は、相手のキャラ事故と6ドローで何も引かれなかった試合なので
実際、これくらい差があるんですよ。
んで、CC権利までかかる大会となると、せめてこの現状の
先攻有利っぷりを少しでも緩和する対策をとっていただきたいなあと思いまして。
PGP決勝までに、パートナー公開のタイミングがマリガン前にならないかなあ、
と思っています。


・週刊SkypeWars
黒赤リュイリールで1-1、負けたのに得失点差で優勝でした。
コメントで「先攻取れば勝てる!」とか書いたけど、先攻から負けたよ……
とりあえず問題点がいくつか浮上したので思うままにメモ。

・タッチ赤が弱い
中臣4積みしてみたけれど、相手の先攻3ターン目に間にあうように引きたい場合
後攻2ターン目までに、マリガン込みで10枚めくっても1枚引けないことが多い。
かと言って対策カードを6~8枚積むと、本来の勝ち筋が弱くなって
キャラまで弱くなって、「タッチ赤する」という選択肢がイマイチな結果に。
→自色で2Fから除去対策できる、黒単天使や白単喜美などを使うべき?

あとはまあ、黒単を使うならメテバ全抜きはちょっとビートに寄りすぎ?
ステコを引いても、相手の黒キャラを流せないから突破力が半減。
とはいえ、タッチ赤して対策カードを積まないとただの先攻デッキだし
除去が軽くて強いから、1コストも見てリュイリールは3~4枚積んでおきたいし
軽ブレイクもキャラも減らせないし、もうスロットねぇーよ!!

かと言って、青や白でも組んでみようかと思えば、それこそ
白なんかマジでスロットカツカツだし(革新的なキャラ軽ブレ構成でもしない限り)
青は組めそうだけど、ミラーが結局先攻ゲー以外の解答が自分では持てないし。
さすがに黄赤ファラオ孔雀はギャグだし、もうどうすればいいのー。

そんな感じです。
来週休みもらって1日調整しようと思ったけど無理だったので
この週末で(まあ予定カツカツですけど)なんとかせなあかんなー。


・相手を見よう
こないだのTokyoWarsで、意識しようと思っていた点で
「盤面なんて後からいくらでも見れるんだから、対戦中は対戦相手を見よう」
というのがあったのですが、ほぼ実践できませんでした。
やっぱりクセで、というか盤面を見るのでいっぱいいっぱいで
優勢と実感して余裕が出た試合でしか、対戦相手を見ることができませんでした。
でも実際は、互角くらいの試合でいちばん重要になる要素だと思うし、
いまの自分に足りないことだから、会得したいんだよなあ。
慣れないままですが、PGP決勝では意識して試合に臨みたいです。


とかそんな感じー。
酔っぱらってるけどいつも通り書けた気がする。つまりいつもがどれだけ適当か。
カード課ブログでついに一部ネームの能力が公開されましたね!
みんなとっても強いので、環境が動きそうで楽しみです。
椋本ジャンヌが帰ってきたぜーキャラビートだきゃっほう! と思ってたら
2週間前に発売される鹿島栞にシャットアウトされる未来が見えました。完。


製品の中身の話はこれくらいにして、今日は外身、カードフレームのデザインの話でも。
わたくし、ブログを読んでいて目を疑いました。


>また、アイコンセレクトパック収録カードは初心者の方でも分かりやすいように
>スキルやアビリティなどの用語がカードフレームに書かれているのもポイントです。


ぎいいいぃぃぃいいやああああぁぁぁぁぁ……‥‥!!!!!!!!

これ要る? この表記、要る?
前から言ってたけど、フレームのデザインとマッチしてなくて全然美しくない。
構築済デザインのカードは極力デッキから抜いていた俺としては
長く使いたいカードが多くなりそうなだけに、デッキに入れるのがストレスです。
本当に残念。


や、これで本当に初心者の方がわかりやすくなるのならば、もちろん大歓迎ですよ。
でもそうじゃないでしょ。この用語はさすがにルールブック見ればわかる範囲であって
製作者側が「初心者への配慮を施した」ふうに見せる体裁というか、自己満足でしょ。

初心者の方も、アクエリを選んだ理由のひとつである「美麗なイラスト」のそばに
小うるさい注釈がしっちゃかめっちゃか書いてあったら、邪魔だと思うんだよなー。
俺が初心者の頃にこのデザインがあったら絶対そう思う。


今回のパックを、ブロッコリー側としては6パックの構築済としても使えて
好きなネーム、絵師、勢力で自由に選べるよ! って言いたいように見える。
それは新規獲得のためにすごくいいことだと思うんだけど。

収録カードの半分程度が新規能力のパックで、この構築済表記をやっちゃうと
たとえばいままでの俺みたいに、このデザインが気にいらなかったひととしては
「幽体剥離もそろそろ枚数集まってきたし、構築済のはデッキから抜くかー」
なんてことができなくなるわけですよ。
しかも剥離ならまだしも、嫁ネームの絵の横にこんなごちゃごちゃ書かれたら
ちょっと萎えちゃうなー。萎えちゃうよー。

パックにはルールブックを付けられないから、せめて用語を表記して
構築済として使ってもらう初心者さんたちにわかりやすくプレイしてもらおう。
っていうのなら、それはちょっと違うよね。
そもそもアクエリなんて初心者の頃はルールブック必須なんだから
カードショップに配布するなりBOXに同梱するなりすべきだし
ルールブックを配布するなら、このデザインは絶対に不要だよね。不要だよ。


このデザインのおかげでスムーズにルールを覚えられた、とか。
そういう声があがってるなら、俺も納得できるんだけど。どこかにあるかな。
逆に、「こんなデザインはいやだ!」って声を大にして言ってるのも
俺くらいしか見たことがないから、みんな全然気にならないのかな?
俺はもうホントすごく嫌。いまから用語消して刷りなおして発売してほしいくらい。
今日はちょっと神経質な日記でした。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。




最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]