忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は身内調整会ー!
とはいえ、デッキに足りないカードを調達するところから始まったり
調整会を終えてからモチベーションが上がった友人もいたりで
がっつり対戦できた、というわけではないのですが。
現状のデッキの様子がわかったのは大きな収穫でした。
そんな現状のデッキができるまでの変遷の様子を、今日は記しておきます。
大会に向けた組み方として、参考になるようなものではありませんが……


○緑
まずは環境考察などを考えず、自分のデッキの勝ち筋を明確にするところから。

・「パンプ+突破力+パワコン」を1枚で担うベルゼバブが使えなくなった!
デッキにパンプ要素が無くなるも、エクストリームらしくガッと勝ちたいのと
獣性解放に負けた思い出なども影響され、フリスビーキャッチを採用してみる。
(ウロボロス・リングはエッジデモンとの相性が悪いため見送る)
コスト効率は悪くないし、今まで通り相手の勢力に撃つ勝ち筋も残るけれど
「パンプ」と「突破力(ブラフマーやエッジデモン)」が別のカードになったので
2枚揃わないとガッとできなかったり、どちらかカウンターされると痛かったり。
あとデッキに入れる直前に「アタック宣言時のみ」の表記に気づいて萎えた。

ブレイクでのサイズ要員としては、ベリアルが優秀なのだけれど
BCBキャラがいなくなってから、手札枚数(=サイズ)が増えにくくなり
即パンを相手本体に通すには4F6C必要なのに対し、アルカードなら4F4Cから
(仮に3Cブレイクを剥がせれば)エッジデモン貼って7ペネ2パンできるから
そっちのほうが早くて強いかなって。

・ならばパンプは不要、パワコンして細かく殴っていこうぜ
枷ラプラスは甘えん坊悪魔を採用する都合で見送る。
ならばサイレンヴォイスとラプラスの悪魔を併用してみるのはどうだろう。
BCBキャラがいなかった頃のアイスウォールの強さったらなかったし
「1F1C重いけどスキルエフェクト消せるイビルアイ」みたいに使えれば
コンバート前のデッキのように動かせるかなーなんて思ったり。
このあたりで、ひとまず自分のデッキの勝ち筋としては納得がいく形に。

・で、その勝ち筋って環境にあってんの?
「BCBキャラがない環境だからこそ、BCBする手段を採用する」デッキには
ラプラスはあんまり刺さらないかも。
それより何より、学園祭メイドに対してなんら解答になってなかった。
緑はまず焼きがないので、学園祭を2体以上平気で並べられちゃうんだけど
サイレンヴォイス撃っても、6Cが3Cになるだけじゃ大型1体立てられるし
ドロー主体で展開してればラプラスでチャージ消してもあまり刺さらないし。

出されたネームは黄金林檎やアルカードで処理すればいいと思っていたら
「2学期デビューで、横取りブレイクすることで向日葵でアルカードCIPを無力化」
と聞いてガクブルする羽目に。


○白
じゃあ白組んで使ってみようぜー、アルカードに勝てるなら全然アリでしょ!
ってことで、向日葵釘バットに2学期デビュー採用して組んでみた。
「BCBキャラがいない環境ならピンポイントタイムマシンがワンチャンあるって!」
などといった趣味っぽいことも言わず、ちゃんと新人発掘採用しました。

・学園祭メイドが強すぎる
学園祭以外のドローキャラを支配するのがバカらしくなるほどに、強すぎる。
最初は他色に対抗色上昇セプトを採用していたけれど
コレ学園祭メイドだけしっかり守ってりゃ他色キャラなんて要らなくね?
勢力放置で出れば強いけど、手札にきたら学園祭を支配するパワーに差しちゃうし。
というわけで、他色キャラがどんどんファストや軽ブレイクに替わって
デッキを組む際に参考にした、WISPさんが載せてたデッキにどんどん近づく形に。

・0コスト上昇ってどうなのさ
マインドアサシンを使いこなせないので、0C上昇キャラを採用しているのだけれど
枷だけ怖いなら派遣社員がいるし、0Cブレイクもそんなに見ないし
0Cからの高速展開にちょっとビビリすぎなのかなあ。
「前方確認できれば十分」とはいえ、本番でとても使える気がしないアサシン。
これ環境把握して負け筋判断できないと使えないカードでしょ? ハードル高いなー。
むしろ学園祭アクセスを高めるための運命を積むために0C上昇キャラ諦めるまである。

・赤と黄に弱いような
調整で赤霊能者相手に万里セットって言われて詰んだ。デッキ差で凌いだけど。
黄も檻とかのロックが面倒だし、ハイランクエスパー採用したいけど何抜こう。
それともそこまで赤や黄を意識しないほうが正解なのだろうか。
ホントメタ読みとかわからんわー。


○赤
弓削ちゃんかわいいよペロペロ。
……まあ赤なら竜拳道にマナシ突っこんでブレイク即パンされると
先出し向日葵できない限り俺の白は死ぬ。


そんな感じの1日でした。使ってみた感想として
白:相手に動かれる前にコントロールを仕掛けて、アド広げて潰す
緑:先に相手に動かれても、後から形勢逆転できるカードが多い
ので、使ってて手に馴染むのは、やっぱり緑のほうかなあ。
後攻からも勝ち筋が残りやすく、ミラーがまだ少なそう(男なら特に)ってのも良い。
ただ白っていうか学園祭が強すぎて調整全勝するほどなので
もう少し使い込んでみて、安定したほうを使おうと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
無題
なんか参考にして頂いたようなので、ちょっと自分の白デッキ(での他色対策)について

>万里の頂上
藤宮真由美を何枚か挿しておけば、万里だけで詰んだりはしないかと。
基本的に赤が白の最終形態を止めるには重量級カードが複数枚必要で、その組み合わせも限られてきます。
なので、それだけに絞ってアサシンやマストカウンターを合わせれば、意外と突破できたりしますよ。

>次元の檻
ミラー対策も兼ねて進藤皐月を積んだり、相手のメイン終了にレスポンスでマインドアサシンを合わせたりします。
また、キャラ枠で考古学少年を入れて、相手のX値を制限する方法も有効です。


赤の紗綾、緑のアンドロメダ、緑・黄のシルマリルなど恒久的なコストロックやスキル対策には、万城目千里や明音鈴が回答になっているので、他のカードでしっかりサポートを行っていけばそこまで赤や黄を気にする必要はないかと思います。


長文失礼しました。
WISP 2012/09/08(Sat) 編集
無題
大会直前にわざわざありがとうございます!
構築での対策もそうですが、プレイングでの対策が
上位陣にいちばん追いつけてないところなので、本当に参考になります。

赤黄対策、ありがとうございました!
どちらもあまりいないと踏んでいる&いまのデッキ構築でどうにかしよう
と考えていましたが、「このデッキ構築しかない!」と頑なにならず
環境の変化にあわせて、柔軟に組み替えられるんですね。
考古学少年は調整で効きましたねー、先に小突いてダメージ貯めておけば
「X=2で次元の檻……あ、やべ、1体しか縛れない!」ってなりました。

アサシンの使いどころって、そういう読みとタイミングなんですね!
自分には使えないと捨てていたけれど、一度差し替えて調整してみようかな。
あと同型ミラーで有利とれるファクターの軽いカードが
どうせ相手も積んでるのしかなくて(キネシュとか2学期デビューとかアサシンお風呂時の中あたり)
そこで進藤皐月はアリかも……! 考えてみます!

WISPさんや他の方々も、実戦的なレポをあげたり具体的な対策を伝えてくれたり
悩める初級者中級者の成長の助けになっていて、本当に嬉しいです。
こちらとしては早いとこ成長した姿をお見せしたいところなのですが……いやはや。
ありがとうございました! また明日お会いしましょう!
かんすわ 2012/09/08(Sat) 編集
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。




最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]