忍者ブログ
アクエリアンエイジのプレイングやデッキ構築を向上させるための備忘録。公認大会や公式大会の試合内容をつらつらと書きつらねます
[210] [209] [208] [207] [206] [205] [204] [203] [202] [201] [200]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AAAさんのCC企画で、自分のデッキにコメントをいただけました!
シルマリルジャンヌの黄キャラ構成は、黎明環境でずっと試行錯誤して、自分で一から練りあげたところなので
そこを褒めてもらえたのは、本当に嬉しいことです。
白単の新人ボイス抜きという革新的()なデチューンについては……ええ、ホントすみません。


さて、残りのCCレポをがっつり書いていきますよー!
まずは会食。サンシャイン58Fからの夜景がちょう綺麗でテンションあがる。


 
貧乏舌のせいか、酒と話が弾みすぎたせいか、料理の味はほとんど覚えていないのが残念なところ。
ぼんやりと美味しかった気はしますが、それよりみんなとの会話がすっごく楽しかった。
去年の会食は、すっかりお客様で、みんなが盛りあがってるのを眺めて笑いながら
隣のひとや向かいのひととちょこちょこ話してたとか、それでも十分楽しかったんだけど。
今年は多方面からいじりが飛んできて、いやはや。困ったような嬉しいような。
ひとつのコミュニティに長く居ると、いつか必ずいじられキャラになってしまうようです。
もちろん、近くに座った方とアクエリやらアクエリ以外やらで濃密な話ができたのも、充実した時間でした。


ホテルに戻ってからは、盟友じょなさんに電話で結果報告、からの雑談が長引いて。
おとやんさんが遊びに来てくれたので、予選では実現しなかったCCデッキ×2で対戦です。

ノンパ:黒単ミカエルバースト
後攻
2ターン目までにお散歩従士へのアクセスを引けずにターンを返したら
「あ、引いた」と3Tメテバ。
握っていたドローキャラを下ろして再展開や! と意気込んだら
「あ、また引いた。でももっといいの引いた」と4Tミカエル。
これが噂に聞く「調整全勝で帰るおとやん」か……!
負け

パートナー:黄単シルマリルジャンヌ
先後忘れた
なんやかんやあって、お互いジャンヌが落ちて、支配キャラ2~4体くらいでの殴りあい。
こっちのほうが支配キャラ多いんだけど、自分の勢力エリアが大変で、キャッチしたら1~2体しか殴れない。
そんなのを数ターン続けて、お互い9ダメからペネりあってデッキめくりながら、先に相手が10ダメージ。
勝ち
こういうゲーム好き! ちょう楽しかった!!


その後は携帯に連絡があったひとの部屋に遊びに行ったり。
こたつさんに電話したら「いま抜刀神の部屋にいるんでー」(!?)と言われたり
緋村さんに「黄側からしたら晴れ着2枚貼られるとほぼ詰みだから! 晴れ着4投しちゃえ!」とか言ったり
その後はWISPげそPの部屋にこたつさんといっしょに遊びに行ったり(!?)
なぜか明日使うわけでもないだろうデッキを回しはじめて、ダークロア研究会が発足したり
背後に立つWISP神からアドバイスという名のダメだしを受けまくったり
出張上板橋リーグにコテンパンにされて自信喪失したり……
違うんです! ほら、もう夜中の2時3時でしょ! 俺眠いとプレイング弱いの、時間のせいなの!(言い訳)

そんなこんなで、楽しい夜を過ごしながら就寝。
2日目の朝は早起きしたものの、自室でゆっくり準備してたら遅刻寸前。
ダッシュでサンシャインに駆けこんで……俺たちの裏CCが、いま始まる!!


裏チャンピオンカーニバル・オレンジブロック
1回戦:kenさん
ノンパ:黒単ィミラプスクランブル・新人ボイス入り
後攻
お互い初手はぼちぼち、相手先攻2T目の▼が全部ダメージで悶絶。
こちらもゆっくりキャラを伸ばすも、真純とバニーが刺さらない相手のPSIが強くて困る。
サイファーも引いていないので、グラマラスバニーを手札に残してターンを渡す。
相手3T目の▼は全キャラで、しっかりラプンツェル着地。チャージで天使ケアしつつ展開してエンド。
こちら後攻3T、相手勢力のパワー0黄ドローをグラマラスバニーで頂きつつ、引きこんだサイファーを立てる。
相手はラプのドローエフェクトを繰りかえし使用、何かを引けていない様子。
このあたりでは、3ターンラプとはいえ3コスト払ってるし
あちらからはサイファーがいて殴れない。こちらからはコフィンボーグがいて殴れない。
ほどほどに盤面が膠着していて、いい勝負だと思っていました。

このへんでパワー0のチェインバーをアクワイアードエンジェルに横取りされて、ドローが減って困る。
ダメージにセフィーロが落ちていたので、ガードできるようにサイファーにパワー2差しでターンを渡したら
セフィーロとィミを立てられて、ガードコストが3に。たまらず8点通してしまう。
相手にラプが立っていて、盤面コストも相当に潤沢なので
返しにセフィーロパンチ→サイファーガードでセフィーロダメージへ→回収して手元ブレイク再パンチ
が見えているので、パワー3のサイファーとアルビノシンガーを作るも、スクランブル引かれたら即死盤面。
しかし見えているほうをケアするしかなく、結果スクランブルも引かれず、ヨコからうまく殴られる。
緊急発進を絡めて8点通されて、それでも相手のほうがデッキ少なかったので
勢力が並べばィミで大変なのと、相手盤面が平差しだったので、こちらからも2点だけパンチ。▼は出ず。

このあたりから、ずっとハンド0だった相手が手札を1枚握るようになる。
捨て札に3枚見えて、残りデッキはもう少ないので、手札に握ったスクランブルが透けて見える。
なんとか相手の盤面コストを減らそうと、グラマラスバニー+サイファーシンクロで
相手のパワー3のラプンツェルを落として、即死コストのスクランブルを必死で回避する。
ただ相手は死に際のラプエフェクトで手札は潤沢、しっかり盤面を広げなおしてきてさあ大変。
青テュルテか春一番が引ければと3ドローを数ターン繰りかえすも、有効牌は引けず。
最後の3ドローで白テュルテを引きこみ、残デッキ4枚。3枚中2枚流れているのは確認済み。
一抹の望みをかけてサーチしてみるも、デッキには残っておらず。チャージで流れたようです。
相手キャラを5体以下にできれば、お散歩従士でスクランブルも撃てないからワンチャン……と必死に小突くも
相手ラストターンにィミブレイクでキャラ6体に伸ばされて、致死量スクランブルでダメージアウト。
負け
お互いかなり考えて、40分以上かかった大熱戦でした。2日間でいちばん楽しかったかも。


パートナー:黄単サンタジュエル
後攻
初手、新人ボイスと黄ドロー、リーパー。軽ブレは無し。
後攻2ターン目までの3ドローで軽ブレ相当9枚どれかを引ければいいので、マリガン無し。
後攻1ドローはキャラ。2T目2ドローはカロン×2。勢力▼2点でピルグリム×2。
おまえらぁ……ッ!!(泣)
死を覚悟しながら2Fでターン渡すも、相手もサンタフォルナまで立てるだけでターンが返ってくる。
しっかりファクターを確保して。ノーハンドから3ドロー、パートナーのサーチフォルナを引いた相手に
勢力でグリムリーパー! 手札は、サーチフォルナ、なんかキャラ……プリペアーファイター。
手札からフォルナを1枚捨て札し、メイン開始時にサーチブレイクスルーでレッドジュエルを加えられて
いちおうジャンヌとか立てて「耐久5だろ! 相打ちしようぜ!」って言うけど
相撃ち後にヨコで殴られて、最後は自身の勢力でダメージアウト。
負け
ざんねん! かんすわの裏チャンピオンカーニバルは ここでおわってしまった!
「公式戦で一度も勝ったことがないリスト」にkenさんの名前が加えられた瞬間でした。

対戦終了後にkenさんや後ろで見てたげそPさんにも話を聞いてみたんだけど
お互いプレイミスはなかったので、デッキの完成度の差が出た試合だったと。
新人ボイスやPSIを入れない形がいちばん強い、黄単サンタジュエルを採用したkenさんと
新人ボイスやPSIを入れたほうが強い、白単お散歩コントロールを採用した俺の差が出ました。
調整時よりも、勝負所でキーカードが引けないなあと思ったのは、新人ボイスの
「デッキをキャラ1枚分圧縮しながら、チェインバーメイドを勢力に置く」ことができなかったせい。
接戦になればなるほど、デッキスペックの僅かな差が顕著に出ると思い知らされました。
気持ちよく負けた!


俺の裏CCはここで終わりましたが、CC2日目はまだまだ続きます。
緒戦で負けたからたっぷり観戦できるさーと、半ば落ちこみながら次の楽しみを見つけにディスプレイ前へ。
ちょうど準決勝あっとけいさん―緋村さんの2本目あたりからだったかな?
ライトニングボルトに仙術書が飛び交う、CC2日目らしいハイレベルなメタの回り方に興奮!
準決勝が終わり、3位決定戦まで一呼吸空いたところで。
オベダイ5枚増える券を使うタイミングは、今しかないんじゃないか? という話の流れから
ハヴさんが「パイモンor弓削遙争奪戦! チップ50枚賭け1本勝負」を提案してきたので
「えっ、え!? いやそれいくらになるの??」なんて言いながら、心は乗り気でした。
ハヴさんが「こいつにだったら負けてもいいやって思える相手」って言ってくれたの、嬉しかったです。
俺も同じ気持ちでした。

チップ50枚をベットし、壮絶な勝負(じゃんけん)を制し、なんやかんやあって、見事勝利。
新規PRの弓削遙を手に入れました!! やった!!!
対戦終了後、ハヴさんの「ハッピーバースディ」に心を奪われたかと思いました。ずるい。
その後は黎明15パック×2を開封し(黎明ヒロイン+ファスト箱のようでした。ハヴさんSVF引いてて大当たり)
ディスプレイの前に戻るころには、3位決定戦が終わっていました。どんだけ熱戦してたんだ俺ら。


余談ですが、ぼくらの50枚賭け1本勝負を聞きつけたこたつさんが
勢いにまかせてチップ50枚分購入し、相手がいなくて困るという一幕がありました。萌えキャラか。
「かんすわさん50枚勝負しませんか」と誘われましたが「こたつさんとはやりたくないです」と断りました。
(決してハヴさんなら勝てると思ったわけではありません。こたつさんには勝てる気がしなかっただけです)

その後、しばらくしてPR弓削を手にしたこたつさんを見かけました。
驚いて「50枚勝負の相手がいたんですか!?」と問えば、「地道に集めました」とのこと。
これは決して他の参加者を悪く言うわけではありませんが、誤解を恐れずに言えば
CC出場者+裏CCベスト4×3グループの、上位プレイヤー20人ほどがいない環境にこたつさんを放つのは
動物園で育ったキリンやシマウマの群れに、サバンナ育ちのチーターを放つようなものだと感じました。
こたつさんと50枚賭けしなくて本当によかった。


CC決勝戦が始まる少し前、裏CCの決勝戦が始まっていました。
惜しくもCCに出場できなかった、CC2日目に残れなかった猛者たち12人が最終戦を戦っているのを見ると
この場に残れていることが羨ましいなあ、俺はCC組なのに1回戦敗退かあ……なんて思いつつ。
これは決勝戦を観戦する機会を得たってことだな、と割りきって、CC決勝の観戦に向かいました。

私はWISPさんに影響を受けて育ったプレイヤーなので、開始前からWISPさんを応援していましたが
サバトで同じチームで組んで、大事なところでは必ず勝ってくれるあっとけいさんの強さも知っていました。
決勝戦は、敢えて言葉に表すなら「壮絶」でした。
ドキドキワクワクするかと思えば、一転息の詰まるような展開が続くこともありました。
3本目は、相手に付け入る隙をひとつも与えず、逆転の芽を潰しつづける正確なプレイングで
あっとけいさんの勝利。すごかった、本当に強かったです。
改めて、おめでとうございます!!


決勝戦を終えたあとは、肩の力が抜けたみんなとおしゃべりしつつ
裏CC優勝のてふじさんに挑戦、青アヴァロン相手にお散歩置いてからどや顔でバニーで横取りしたり
パートナー黄対緑で、後攻3Tライストで相手のドローキャラをガーって流したら
残った3F4Cでアフロディーテがリャナンシーで特攻してきて、シンクロで受けたから15点ペネトレイト。
ダメージも勢力エリアも大変なことになり、でも相手も支配キャラが明らかに足りてなくて
壮絶な小突きあいの末、こちらがデッキ切れで負けたかと思いきやパートナー1ドローが残ってて
最後に1パンして相手の勢力でダメージが乗って勝ったり。
最後は白対黒で、後攻2T目にてふじさんが天使軽ブレ3体もブワァーって広げてきて
こちら先攻3ターン目にサイファーが引けず、そのままフルボッコにされてダメージアウトしたり。
閉場間際まで、楽しいアクエリの時間を過ごさせてもらいました。

閉場後も廊下でいろいろとおしゃべりしたり。
名残惜しいですが、2日間たっぷりアクエリを楽しんだので、池袋でラーメン食って帰りました。
豪華な会食と同じくらい美味しかったー。庶民の舌には庶民の味がよく似合う。



ちょっと日記長くなりすぎだろこれ誰が読むんだよ、完全に自分用メモなレベルになっちゃいましたが
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
CC日記・おわり!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
かんすわ
性別:
男性
自己紹介:
群馬県のアクエリプレイヤー。
早瀬あきら絵と、白デッキと男デッキが好き。




最新コメント
[09/09 かんすわ]
[09/09 もの人]
[09/04 かんすわ]
[09/02 某ちーたー]
[02/23 かんすわ]
ブログ内検索
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) かんすわの練習帖 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]